湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

makole

makoleの感想・評価

4.1
最初から最後までお母ちゃんだった
みんなに愛されていたのはみんなもお母ちゃんからの愛を感じていたから
愛に溢れた強い人だった
お父ちゃんは最後の最後でやることやったから許す
ピラミッド
全ての人が傷を持ってて、負けそうになったりお母ちゃんに元気もらって戦おうとしたり
序盤は子供を振り回す親に腹立たしい気持ちが抑えられなかったけど
結局その子供を救えるのは他人の愛なんだと思った
子供は親を選べないしお母ちゃん自身も実母には小さい仕返ししかできなかった
だけどお母ちゃんはたくさんの他人に愛を与えた
血反吐を吐くシーン辛いことを必死で1人で耐えようとするシーン見ていて辛くなるシーンもいっぱいあって、良い人過ぎても辛い思いするばっかで人生損するとか言われたのを一瞬思い出したけど
お母ちゃんはやるべきことをやり切ってたくさんの人に愛されてベストなタイミングで死んだんだと思う
る

るの感想・評価

3.0
キャストの熱演がとにかく印象的。
特に杉咲花はこれからもガンガン邦画に出てほしい。

ただ単純に自分の理想の母親像とは重ならず、深い感動はなかった。
不登校の娘に対する行動や、互いに子供がいる状態での元夫と関わる姿勢、映画だから綺麗に収まるものの、これで本当にいいのか?と思わざるを得ない。
理想的には振る舞えない人間性という面があるにしても、そのわりには現実離れした展開に思えてしまった。

個人的に松坂桃李好きなんだけど、この映画でキャラ薄いわりに最後のシーンが良いもんだから人数合わせを疑ってしまう邪悪な心。
前半の親の愛とやるせない思いの衝突が切ないですね。

お母ちゃんが死んじゃうってわかってやっと愛がわかるようになったんだろうな
あきまへん…
家族でしゃぶしゃぶ食べたい


オダジョー破壊的にかっこいい
o

oの感想・評価

-
みんなの演技の上手さ

そして最期のタイトルの意味に繋がるシーン

血の繋がりのない人への愛。家族のあり方。最高。

やっと見れたけど、やっぱりアカデミー賞やね。
Yohsuke

Yohsukeの感想・評価

4.2
ひとりの強い母親を中心に家族や周りの人間を変えていく
涙流さずにはいられない(ボクは号泣しました)人間味と温かみ溢れる物語でした。過去形です。

↓ここからネタバレ


ラストでスパイクを打ち込まれたぐらい感情を叩き落とされたイメージ(ラストの演出は苦手な人もいると思う)

でもふと思い返すと、病室での安澄のセリフだったり違和感を感じる部分はあったけれどスルーしていた。
2回目を観てみると気付けなかった部分があるかもしれない。

葬式のシーンは怖くてもう観れないかもしれない。 だってもう全員サイコパスなんだもん

献身的な愛も時に人を毒してしまうのかと衝撃を受けた。

エンドロール中に考察していくにつれてゾクゾクした、感動したシーンとサイコホラーシーンの振り幅に圧倒される ただの御涙頂戴では終わらない、そんな映画でした。
Marin

Marinの感想・評価

4.2
泣いた
ramona

ramonaの感想・評価

-
きれいごとって言われたらそうなんだけど泣いた
2回目。また何度も観ることになると思う。
宮沢りえさんの存在はもちろん、杉咲花さんの表情がいくつも蘇ってくる。言いたいことを目と口が物語ってくるので、その姿が忘れられなくて、今もこうしてレビューを書いている。
>|