湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

rairai

rairaiの感想・評価

4.9
分かりやすくて、メッセージ性もあって、なにより泣けて、すごくステキな映画だった。
最初はなんだこのシーンっていうのもあったけど、後々意味がわかってスッキリする。そしてその意味に感動する。
ぴい

ぴいの感想・評価

4.0
邦画の中でかなり上位。
いいです。スッキリします。
たたた

たたたの感想・評価

3.3
終始ぼろぼろ。
複雑なかたちでも、家族は家族。安澄と鮎子の距離の縮まり方が、すごく好き。大人にはない、縮まり方。
オダギリジョーは、本当にだらしない役が合う。だらしないのにちゃんと芯がある。
色んな伏線も、観ててハッとなりました。
向日葵

向日葵の感想・評価

5.0
あの人のためなら何でもしてあげようと思う。
その何倍もしてもらってるって感じてるから。
may

mayの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

4回泣けるシーンがある!と聞いて観てみたけど、一度も泣けなかった。
それよりも、あんなに双葉が衰弱してるのに、なんで鯛のお頭付き豪華メニューなんだ?とか、見違えるほど死にかけているのに、なんで毎日みんなで見舞いに行かないんだ?とか考えてしまった。
結局、あの人間ピラミッドもポーズだけで、真剣に最後までそばにいてあげたのは、安澄だけ。周囲の人達が薄情に見えて仕方がなかった。
華奈子

華奈子の感想・評価

5.0
泣いた映画。演技に引き込まれた。
主題歌が耳に残る。
emo

emoの感想・評価

-
母の強さと偉大さと愛がとても美しい
だいぶ前から観よう観ようと思ってたけどなかなか手をつけずやっと鑑賞
めっちゃ良かった。
双葉が手話をいつか使うから覚えておきなさいって言ってたってとこが特にグッときた。
ただEDのきのこ帝国の曲は良いんだけどギターの入りがなんかぶち壊された感ある。
めぐ

めぐの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

たしかに泣いた。
エンドタイトル出てきたとき「はーなるほどねー」とため息ついた。
あのピラミッドはくだらなすぎて涙止まらなかった。
子役が恐ろしいほどうまかった。芦田愛菜以来かな、子役にもあのレベルが求められるのね…怖い…
お母さんの行動も、子供たちを置いて行かなきゃいけないからということなら理解できる!けれども、中高生のクラス内環境とか、親に捨てられた子供の心情とか、こんなに綺麗に片がつくものではないよね〜、、とも思いました
>|