湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

えり

えりの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

冒頭の絵の具のシーンで、心をぎゅっと掴まれました。
娘の心を優しく包み込み、制服が着れるよう遅くまでアイロンをして、翌朝は娘の背中を押す、というか張り手かます勢い。愛が満ち溢れてるお母ちゃん。
でもそんなお母ちゃんの心の奥底にはいつだって母との約束を待つ少女のままの双葉がいるんですね。だからこそ、自分に残された時間めいっぱい使って家族に出来ることに全力を注ぐお母ちゃんの姿が泣けて泣けて止まりませんでした。
2人以外のキャストも最高。オダジョーのダメだけど憎めない夫、鮎子ちゃん、拓海くんも育江さんも、探偵さんも真由ちゃんも皆んな愛おしかった。
安澄がお母ちゃんの孤独にも寄り添えるくらい強く成長した姿に終盤は胸が熱くなり更に泣けただけに、ラストは一気に体温が下がりました。
ぱるか

ぱるかの感想・評価

4.0

伏線と泣くポイントがありすぎる。

私もついにオダギリジョーに良さを感じる歳になりました。
コーヒー×オダギリジョーはもうCM。


最後だけ物議を醸す…なあ…
やすお

やすおの感想・評価

4.1
よかった。
じーんときた
RNishimura

RNishimuraの感想・評価

5.0
ロマンティックトトロ。
序盤の辛い時間を乗り切ればなんとか報われる…はず。

とどのつまりぼく(ら)は、
銭湯が好きで
高速道路が好きで
道の駅が好きで
富士山(たとえ合成でも)が好きで
宮沢りえが好きですよ。

杉咲花先生が終始最高。

まさかの天国と地獄!
双葉の人間性が素晴らしい。
どんな人でも愛せる強さと、
器の大きさ……
なかなかあそこまで出来る人は
いない!!!!!!

何回も泣きました。

ラストはん?ってなったけど
皆にオススメしたいくらい
良かったです(◜௰◝)♡
sada

sadaの感想・評価

4.0
湯を沸かすほどの熱い愛だな!!!
近くの美術館での上映招待券をもらって鑑賞。

予想できないラストで。
宮沢りえの役作りがすごい。
オダギリの役は絶対許せん!って思うのに何故か憎めないズルいお父ちゃん。
そして中心となる娘。
「残された人がどう生きるか」
監督のテーマがたくさん込められた作品だと思います。
帰りに銭湯の無料入浴券をもらった。昔ながらの銭湯ってまだこんなにたくさんあるんだなーと自宅で入浴剤「きき湯」に浸かりながら平昌の羽生くんを思った。
ゴリラ

ゴリラの感想・評価

3.8
お母ちゃん強し!
最後のシーンはサイコパス感じる
TK

TKの感想・評価

-
いい話だと思うし結構泣けたけど...

最後に若手監督のドヤ顔が目に浮かんできて水風呂に突き落とされた気分になってしまいました。
ピナコ

ピナコの感想・評価

4.0
皆さんのさまざまなレビューを観ていろいろ考えることの出来るやはりよい映画だったと思います。

詰めすぎと思いますが
そんな人生もあるかなと思ったり、世の中見た目では分からないこと沢山あるし
傍目からみたら幸せそうに見えても…。

かあちゃんが自分の病気を知り
銭湯で泣いてたとき、安澄から"お腹すいた"と連絡
それにより現実(生活)にグッと戻される。
やらなければならないこと。
病気にならなければこのまま言わずに過ごしていたかもしれない。

人間生まれて死ぬまでの一生の長さはその人により様々だ。
"永遠はない"
私も当たり前だが身近でそれを知った(確信)経験がある。

最後を愛してくれた人たちに送ってもらえたのは幸せだったのではないでしょうか?



方法は?ですが…。

女優たちがホントに素敵な演技をしてくれたと思う
オダギリジョーはお似合いだね
あの役。
>|