湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

あの人のためなら何でもしてあげたいって思うっていうか。多分それってその何倍もしてもらってるって思えてるからじゃないんかなって。多分みんな心からそう思ってるから。
ねぐ

ねぐの感想・評価

5.0
特別じゃない、日常の物語。
母の強さ、娘の成長。
涙が止まらなかった。
柴猫

柴猫の感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

いい話だと思うんだけど、自分にはあまりにも強すぎた。
もしこの人が母親だったら、自分みたいな人間はすれ違ったまま確実に潰れていただろうし、立ち直れなかっただろうなと思って見ていて辛くなった。
こういう強さは一歩間違えれば子どもにとってはとても危うい物で、この映画はそんな結果にはならず本当によかった。

死に際も本当に強い。
これは母親だけでなく、その強さに感化された周りの人たちも。
しかし、ここまで強さを貫く必要があるんだろうか。例え本人が拒んでも別れ際くらい、みんなでわんわん泣いて弱さを共有しあってもいいんじゃないか。今を犠牲にしてでも一緒に過ごしてもいいんじゃないか。
それは映画のワンシーンとしては陳腐な茶番にしか写らないかも知れないが、自分はああいうシーンが好きだったんだなと驚きの発見だった。

こんなところで立ち止まって逃げていては過酷なこの世界で立ち向かっていけないというのは確かにその通りなんだけど、強い人間によって皆が強くなれる訳ではないというのも事実だと思う。
最近、強すぎる親を描いた映画が多い気がするけど、いい方向に落ち着いているからそういう道もあるのかと安心と驚きと少しのモヤモヤ。
zundA

zundAの感想・評価

3.6
母が、カラッと明るく、愛情深い人。
何があっても前向いて生きてかなきゃいけないよ!!と言われているような映画。
MINA

MINAの感想・評価

4.0
宮沢りえ、なーんて愛の深い人なんだろう、それだけで涙がぽろぽろ。。。

母になるってそれだけ偉大だし、家族のカタチなんて様々。

とっても切なかったなぁ。
こまち

こまちの感想・評価

4.6
1回の映画で何回も泣いたのはじめて。
上映が終わったあと明るくなって、
周りの人達もみんなすすり泣きながら、
自分だけじゃない(笑)みたいなほっこり一体感で劇場が包まれたのが忘れられない...。
まりこ

まりこの感想・評価

4.0
3〜4回ボロボロ泣いた。ラストや伏線も秀逸。
感動したー!泣いた!なんて素晴らしい母親なんだろう。
ずー

ずーの感想・評価

4.6
母の強さ、愛。でも、一人の人間でもある。号泣しました。
最後がこう来るかって感じだけど、それが作品名にも繋がってるからなぁ。
>|