湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価・動画配信

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

yu

yuの感想・評価

4.0
心も温まりました
ひよこ

ひよこの感想・評価

4.0
多分今までの映画で一番泣いた。全シーン泣いてたってくらい泣いた。みんな演技がうまくて本当に引き込まれる。決して暗くはないけど重い、本当に重くて見てて辛かった。でも嫌な終わりとかではない、でも辛い。母は強し、自分が親になった時こんな強い人間でいられるかなってずっと考えてた。そして自分の親、家族を大切にしようと思えた。強い人間でも等しく苦しんでるんだな、その後が強いんだと思った。
大豆

大豆の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

奥さんと娘の前から突然姿を消した旦那が、他所でできた娘(それも本当に自分の娘かわからない)を連れて帰ってきた。

突然できた妹の存在にびびる姉だが、話が進んでいくと実は自分にも実の母親がいて、その母親はずっと蟹を送ってくださってた耳の不自由な女性だった。

癌であることが分かった母は、父が蒸発した後閉めた銭湯屋を復活させる。探偵を雇って父を探し出し、嫁に逃げられたという父と女の子とそして娘と、家族になるべく日々を送る。

蟹を食べに小田原(か、伊東。どっちだったかな…)に行こうとした道中、ヒッチハイクをする青年に出会う。嘘ばかりつく青年に、嘘を本物にするために北海道に行くことを指示する。

無事に約束を果たした青年は、出会った母の元を訪ねるとそこには病気で伏してる姿が。

いつかピラミッドを観に、エジプトに行きたいといっていた妻のために、木片で作ったピラミッドを娘に届けさせる。

いじめられっ子だった娘が、いじめっ子たちに制服返せと訴える姿は圧巻。体操服は制服じゃないから着ません。制服を返してください。

最後は湯を沸かすシーンに、え、お母さん…?まさか…みたいな。母の好きだった赤い色の煙が、煙突からもくもくと湧き立つ。

妹がドライブに行くことを父にわざわざ報告しにくるシーンが可愛かった笑

母の母親は、娘に会うことをひたすら嫌がり、大人しく引き下がったかと思いきや石の置物を投げつけたところは爽快だった。

以上が、見たまんまを書き出した感想にもならない文章。

つまらない映画ではなかったけど、期待高まりすぎてしまっていたのが災いしたか、特段感動するものでもなく。

登場人物の人々に共感できなかったのが刺さらなかった要因なんかなあ。虐めっこのような明らかなヒール役はさておき、登場人物がとにかく優しすぎたんだよねえ。
R2

R2の感想・評価

4.2
大号泣
良い映画
4回泣いた
ryu

ryuの感想・評価

4.0
記録
maimai

maimaiの感想・評価

5.0
【記録用】
これはかなり前に観て身体の水分無くなりそうになるほど泣いた。
いい映画だった…
また見たいな
何回見ても泣ける、自分で引くくらい泣ける
>|