湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

【全員熱演、愛情の連鎖に涙】
構成、演出、映画の雰囲気、そしてなんと言っても出演陣の熱い演技が素晴らしいし、強い“人間愛の連鎖”に何度も泣けてしまう。無駄なシーンもないし、非の打ち所がない。
第40回日本アカデミー賞6部門受賞。監督・脚本は自主制作映画『チチを撮りに』の中野量太、商業用長編デビュー作。本作で宮沢りえが日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、杉咲花が日本アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞。
宮沢りえ、杉咲花、そして個人的には子役の伊東蒼も含め、熱演が光る。安澄(杉咲花)の、母の前では泣かないと決めながら、涙が漏れ出るラストの表情、双葉(宮沢りえ)の、瀕死の状態で流す一粒の涙がそれぞれ強烈に印象に残る。また、鮎子(伊藤蒼)も含めた女3人の自然体の演技がとても雰囲気がいい。
そして双葉から力強く発される愛情に、登場人物達が呼応し、そして連鎖していくこの映画の愛情の図式。この“人間愛のぶつかり合い”が何度も泣ける。ラストシーンも、タイトルの意味を強調した、銭湯が舞台のこの映画ならではの美しさ。原作・脚本の力強さがあると思う。
全体的にも、コミカルな演出や、それらを自然にこなす演技がたくさんあり、決して暗い映画に見えない。お涙頂戴になりがちなこの手の映画の中で、決定的な強みだと思う。お父ちゃん(オダギリジョー)が包帯を巻いて登場するシーンや、鮎子に頭突きされるシーンには笑った!
鮎子が母親から別れを告げられたシーンが、実は双葉のものだったり、静岡旅行へ出発するシーンと、双葉を乗せた霊柩車が家を出るシーンを同じ構図に重ねていたり、構成・演出も工夫があちこちに。
見てよかったと素直に思えた映画。
111030

111030の感想・評価

4.0
すごく良かった。杉咲花ちゃん好き。
コウ

コウの感想・評価

4.2
愛が深い、、
coco

cocoの感想・評価

4.6
こんなふうに、愛のかたまりのような人っているんだなって思った。

自分がいなくなったとき、周りが前を向いて歩けるように厳しく優しく育てる。

愛を受けられずに育った人がなんでこんなふうに人を愛せるんだろう。

銭湯からあがる赤い煙が双葉さんの明るくて強くて美しい愛を世界中にばらまいてた。

泣きすぎて頭が痛いよ〜
yoheeey

yoheeeyの感想・評価

3.9
家族を持ちたくなる映画。
いやー泣いた泣いた。頭痛い。
お風呂入ろう。
ntm

ntmの感想・評価

4.1
宮沢りえ前から好きだったけどもっと好きになった。
久しぶりに号泣。
ma

maの感想・評価

4.0
これは泣く。
でも双葉さんがちょっと怖い。
愛と勇気の物語。

双葉のような人が実際に近くにいるだけに、観ていてつらくなったし、いろいろと考えさせられた。

どうかみんな幸せであれますように。

ラストのパンチ力がすごかったけど、実に美しい映画でした。
treetree

treetreeの感想・評価

4.1
双葉のように強くなりたいと思った。深い愛情で周りの人を癒し、優しく包み込む。一本芯が通っていて揺らがない。
ただ、自分の母に会いたいという希望が叶わなくて、母から拒否される。
どんなに辛かっただろうか。

みんな認められたいし、愛されたい。
この人のためにはなんでもしてあげたいと思われるには何倍も愛さないといけない。
>|