湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

【全員熱演、愛情の連鎖に涙】
構成、演出、映画の雰囲気、そしてなんと言っても出演陣の熱い演技が素晴らしいし、強い“人間愛の連鎖”に何度も泣けてしまう。無駄なシーンもないし、非の打ち所がない。
第40回日本アカデミー賞6部門受賞。監督・脚本は自主制作映画『チチを撮りに』の中野量太、商業用長編デビュー作。本作で宮沢りえが日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、杉咲花が日本アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞。
宮沢りえ、杉咲花、そして個人的には子役の伊東蒼も含め、熱演が光る。安澄(杉咲花)の、母の前では泣かないと決めながら、涙が漏れ出るラストの表情、双葉(宮沢りえ)の、瀕死の状態で流す一粒の涙がそれぞれ強烈に印象に残る。また、鮎子(伊藤蒼)も含めた女3人の自然体の演技がとても雰囲気がいい。
そして双葉から力強く発される愛情に、登場人物達が呼応し、そして連鎖していくこの映画の愛情の図式。この“人間愛のぶつかり合い”が何度も泣ける。ラストシーンも、タイトルの意味を強調した、銭湯が舞台のこの映画ならではの美しさ。原作・脚本の力強さがあると思う。
全体的にも、コミカルな演出や、それらを自然にこなす演技がたくさんあり、決して暗い映画に見えない。お涙頂戴になりがちなこの手の映画の中で、決定的な強みだと思う。お父ちゃん(オダギリジョー)が包帯を巻いて登場するシーンや、鮎子に頭突きされるシーンには笑った!
鮎子が母親から別れを告げられたシーンが、実は双葉のものだったり、静岡旅行へ出発するシーンと、双葉を乗せた霊柩車が家を出るシーンを同じ構図に重ねていたり、構成・演出も工夫があちこちに。
見てよかったと素直に思えた映画。
Meidayo

Meidayoの感想・評価

4.2
双葉の過去が点のみで、線で詳しく描かれてないところが逆に良い。

杉咲花の演技初めてみたけどとても良かった。オダギリジョーのダメ男のハマり具合もすごい。

話の最後は丸く収まりすぎ感もあったけど、双葉はきっとこんな母親と家族をずっと求めてたんだろうし良しとしよう。

このレビューはネタバレを含みます

エンドロールの入り方が素晴らしすぎる
泣いた。

家族を大切にしよう。
あんな女の人と結婚したい。
さやか

さやかの感想・評価

3.5
お母さんと娘系の話に弱いから泣いた。
号泣かなと思ったけどホロリって感じ

虐めから逃げない姿勢は大事かもしれないけど
逃げていいと思った。無理矢理学校行かせて
逃げ場が無くなって自殺でもしたらどうするの

ピラミッド素敵だった。愛されてるねお母さん
オダジョのダメ男感が活かされてた
moron

moronの感想・評価

4.0
みんなが一緒にお湯に入ってようやく、そこに愛が満ちたのだと思えた。血とか家族とか、そんなことじゃなくて。赤は情熱で、愛だ。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.1
愛って言葉意外にもいろんな伝え方があって、伝えるにはとてもエネルギーがいることだと感じた。
自分が死んだ時に悲しんでくれる人、覚えてくれる人がどれくらいいるかなぁと。
komari

komariの感想・評価

4.5
とても感動して泣けました。
母親の子供に対する愛情が
ギュッとつまった作品だなと
考えさせられました。
宮沢りえさんの演技もすごかったけど、はなちゃんの演技が
ものすごかった…。
泣くシーン1つ1つがこちらまでグッときてしまう。
若いのにすごいなと鑑賞後に
余韻…。
ゆい

ゆいの感想・評価

4.6
しゃぶしゃぶする時、しゃーぶしゃーぶって言いたくなっちゃうのわかるなあwwwwww
>|