湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価・動画配信

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

【全員熱演、愛情の連鎖に涙】
構成、演出、映画の雰囲気、そしてなんと言っても出演陣の熱い演技が素晴らしいし、強い“人間愛の連鎖”に何度も泣けてしまう。無駄なシーンもないし、非の打ち所がない。
第40回日本アカデミー賞6部門受賞。監督・脚本は自主制作映画『チチを撮りに』の中野量太、商業用長編デビュー作。本作で宮沢りえが日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、杉咲花が日本アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞。
宮沢りえ、杉咲花、そして個人的には子役の伊東蒼も含め、熱演が光る。安澄(杉咲花)の、母の前では泣かないと決めながら、涙が漏れ出るラストの表情、双葉(宮沢りえ)の、瀕死の状態で流す一粒の涙がそれぞれ強烈に印象に残る。また、鮎子(伊藤蒼)も含めた女3人の自然体の演技がとても雰囲気がいい。
そして双葉から力強く発される愛情に、登場人物達が呼応し、そして連鎖していくこの映画の愛情の図式。この“人間愛のぶつかり合い”が何度も泣ける。ラストシーンも、タイトルの意味を強調した、銭湯が舞台のこの映画ならではの美しさ。原作・脚本の力強さがあると思う。
全体的にも、コミカルな演出や、それらを自然にこなす演技がたくさんあり、決して暗い映画に見えない。お涙頂戴になりがちなこの手の映画の中で、決定的な強みだと思う。お父ちゃん(オダギリジョー)が包帯を巻いて登場するシーンや、鮎子に頭突きされるシーンには笑った!
鮎子が母親から別れを告げられたシーンが、実は双葉のものだったり、静岡旅行へ出発するシーンと、双葉を乗せた霊柩車が家を出るシーンを同じ構図に重ねていたり、構成・演出も工夫があちこちに。
見てよかったと素直に思えた映画。
Yurie

Yurieの感想・評価

2.0
杉咲花を好きになった!と、銭湯っていいな。






ネタバレ


正直全く感動しなかった。てゆか、なんで感動するのか理解できない…
まず、ちゃっかり自分を捨てた蟹のお母さんを受け入れたことがあっさりしすぎててついていけない。しかもその後同居?!
母の愛…愛には違いないんだろうが、自分に酔ってるみたいにみえて怖い。私も逃げちゃダメって思うタイプだけど、他人に、しかも親に、逃げちゃダメって1番辛い時に言われるの、つら…
鮎子ちゃんのしゃぶしゃぶシーンも、バカ。って言われて安心するかねえ…。私に合わないだけ?
あと、ラストシーンはサイコパスですね。逆に感動的な感じじゃなくてサイコパス路線でまとまってたら好きだったかも。
つん

つんの感想・評価

4.3
記録 泣いた
haneul

haneulの感想・評価

-
2021-49

良かった
りん

りんの感想・評価

4.5
最初から最後まで感情移入してしまうくらい苦しかった。それぞれ複雑な環境を持ち合わせているけど支え合って生きていく様がすごく素敵。わたしも前に進まなきゃって思わせてくれる良い作品でした。
Tiki

Tikiの感想・評価

4.1
邦画で1番好きかも
素

素の感想・評価

-
細かいところまでは覚えていないのにとにかく泣いたことは覚えてる感動
saki

sakiの感想・評価

4.8
普通の映画はワンシーンでしか泣かないけど、これは話の要所要所で泣いた
言葉では書き表せれないくらい重たいけど明るく前に進まなきゃと思わせてくれる話でした
ちー

ちーの感想・評価

4.5
こんなにも苦しい辛いことの積み重ねなのに、見終わった後に重たくならない不思議な感覚。苦手分野の映画のはずが泣いた泣いた…見ることで感情がぐにゃぐにゃになる感じが耐えられなくてそれを避けてただけで、本当は好きなんだと思うこういう映画…。こんな人にどうやったらなれる?ラストは呆然
黄熊

黄熊の感想・評価

3.6
双葉の人間性に影響される周りの人達とガンになりながらも懸命に生きる双葉に感動した。
>|