湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

【全員熱演、愛情の連鎖に涙】
構成、演出、映画の雰囲気、そしてなんと言っても出演陣の熱い演技が素晴らしいし、強い“人間愛の連鎖”に何度も泣けてしまう。無駄なシーンもないし、非の打ち所がない。
第40回日本アカデミー賞6部門受賞。監督・脚本は自主制作映画『チチを撮りに』の中野量太、商業用長編デビュー作。本作で宮沢りえが日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、杉咲花が日本アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞。
宮沢りえ、杉咲花、そして個人的には子役の伊東蒼も含め、熱演が光る。安澄(杉咲花)の、母の前では泣かないと決めながら、涙が漏れ出るラストの表情、双葉(宮沢りえ)の、瀕死の状態で流す一粒の涙がそれぞれ強烈に印象に残る。また、鮎子(伊藤蒼)も含めた女3人の自然体の演技がとても雰囲気がいい。
そして双葉から力強く発される愛情に、登場人物達が呼応し、そして連鎖していくこの映画の愛情の図式。この“人間愛のぶつかり合い”が何度も泣ける。ラストシーンも、タイトルの意味を強調した、銭湯が舞台のこの映画ならではの美しさ。原作・脚本の力強さがあると思う。
全体的にも、コミカルな演出や、それらを自然にこなす演技がたくさんあり、決して暗い映画に見えない。お涙頂戴になりがちなこの手の映画の中で、決定的な強みだと思う。お父ちゃん(オダギリジョー)が包帯を巻いて登場するシーンや、鮎子に頭突きされるシーンには笑った!
鮎子が母親から別れを告げられたシーンが、実は双葉のものだったり、静岡旅行へ出発するシーンと、双葉を乗せた霊柩車が家を出るシーンを同じ構図に重ねていたり、構成・演出も工夫があちこちに。
見てよかったと素直に思えた映画。
junko

junkoの感想・評価

3.6
記録。
U氏がボロクソに書いてたから観てみたけど
泣きました、声あげて、とはならず
何か理解出来ん事が多かったなー
観るのには若すぎたんかも
あと、牛乳です!はここか!ってなって笑った
星つけづらいから、つけません
めい

めいの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

母の死をテーマにした映画

高校生のときお母さんを
亡くした私としては
このテーマの映画は基本的に
避けてきた
泣ける泣ける言われてるのもいやだし
観たくなかった


でもこの映画はなぜか分からないけど
突然観ようと思って観てみた


まず
観てよかった

お母さんの愛ほど
強いものはないと再確認した


厳しさは娘を信じる気持ちから

いつも何をしてても
家族のことを考えてくれる

そんな無償の愛がもう
自分には向けられないんだと
思うと怖くなる寂しくなる

でも一緒に過ごした時間に
たくさん貰った愛情をこれからも
大切にして私も人を愛せる
人間になりたい


双葉はお母さんから
愛情を貰えなかったのに
なぜあんなにも人を
愛せるんだろう

本当にすごい人だ



血の繋がりよりも一緒に
過ごした時間と愛が
親子にしてくれるんだなと
感じた


あんなに愛情深いけど
ガラスを割ったりビンタしちゃう
人間らしい感情を持った部分が
あるからこそ双葉のこと
みんなも大好きなんだろうな
どうにかして泣かそう、泣かそうとしてくる感じに違和感。
このテーマならそんなに無理矢理こなくても充分泣けると思うのに物語の不自然さが残念
杉咲花の演技の上手さが救い
acco

accoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

見終わった直後の感想。
まだ整理がついていない気も。

私が見たタイミングも
タイミングやったんでしょうが。
映画の感じ方は、受取手によるなあと
しみじみ思わされる。

人の記憶に残る作品!
としては、どうどうの傑作!
見て欲しい!どう捉えるのか見て欲しい!
役者陣の演技もすばらしく
正直、自らが母になったとき
残す娘に対して、どうするのか
そうゆうところには
すごく悲しくも、強く、美しく見えるが
一種の洗脳感が本当にすごい。

子供が、親の都合で
真っ直ぐにいきられなくなっているような
甘えてはいけないような
そんな悲しくなる映画でもある。
いろいろな家族の形があるけれど
本当に子供には、
真っ直ぐな愛情と、適度な倫理観と
他人にも甘えられるような
そんな関係を築けるような…
教えがしたいな。感じとれるような
真っ直ぐな子にしたいなあ…
障害が多すぎるでしょうが…

最後のシーンの嫌悪感はぬぐえません。
勝手すぎる。行くほうも辛いよ。
けど、残されるものに、
そんな気持ちにさせないでもらえるかな?
残されるもののほうが、
これからもその気持ちを持って
生きていかなければならないんよ…
それを良しとするほどの
宮沢りえへの信仰がみんなすごい。
まあ、自分に影響を与えた人って
自ずとそう思えるのも確かやけどね!
側から見ると、やはりホラーでした。

わたしにとっての問題作!
ちょっと良しとする人たちの
感動のところには共感までが
できないのも、わたしの見解。
感動するもの…って自分で思い込むのも
またなんか違う気もするので(笑)
この映画をまっすぐに
捉えられる人は、素直な人だなあと。
素直なまっすぐさとして
人柄が入ってくるのかもしれない。
本当に受け取る人のかも捉え方(笑)
Gom

Gomの感想・評価

3.6
うーん。本音としてはすごくいいって言うほどかー?って思ってしまった。。

たしかにグッとはきたんだけど、家族構成わざわざ複雑にしたがる日本の映画多くないかな?笑

もっと愛とか色んな感情をストレートに表現してもいい気がする
waka

wakaの感想・評価

-
親友オススメ
きのこ帝国。
>|