湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

久々の良作。
最近数がとりたいからかテレビでも、映画でも激しさを増し爆発したり殺人があったり…そんな中この作品は映画らしい演出の中があっても人情味のある感じがあってすごいよかった。
母の愛。すごいいいね。
ユウゴ

ユウゴの感想・評価

4.0
役者の演技力に脱帽。
まっすぐ生きます。
Arata

Arataの感想・評価

3.2
宮沢りえの女優魂がスゴい!

ただストーリーの方にはイマイチ入り込めず…。
評価がかなり高いようだが、登場する大人たちの行動にみんな納得・共感しているのが全く理解できなかった。
自分がこの娘の立場ならば、親たちにこのような立ち振舞いをされたら確実にグレる自信ある。
Fuzuki

Fuzukiの感想・評価

4.8
最初から最後までずっと泣いてた。
宮沢りえと杉咲花の演技が素晴らしかった。
残り僅かな命を、大事な人のために燃やしている宮沢りえ演じる母親の姿が心に響きました。
自分は病気じゃないのでいつまでも人生続く気がしていたけど、みんな命には限りがあって、そんな自分は大事な人のために命燃やせているかな?と振り返らせてくれた。
最後のシーンの煙が赤くなってるのはいきなり非現実的で、え?て感じだったかな。
N

Nの感想・評価

4.1
水色のブラジャーに、赤色の煙。ジャケ写を見て、色使いに納得。泣きました
ryo

ryoの感想・評価

4.6
久しぶりにこんなクソ泣き映画観た。
ただ優しいだけじゃなく、嬉しいことも辛いこともいつも支えてくれて、背中を押してくれる「母ちゃん」の偉大さに感動させられた。
みんなも母ちゃん大事にしようね☆
邦画でこんなよかったの今まであったかな?物語が進むにつれてそうだったのか!と驚き、そして泣ける映画。一人一人の話の展開がわざとらしさがなくて、感情移入できる。その話の中で随時、母の愛情の偉大さを感じる。手話のシーンに一番泣いた。

このレビューはネタバレを含みます

Amazonプライムで見てしまいました。ロードショウしていた時から少し気になっていたのだけど、やっぱり日本映画らしいいい映画でした。宮沢りえさんが本当に強くて、ちょっと泣きそうになりました。それにしても家族関係が複雑すぎ。でも、複雑だからこそ、強く生きなければならない。強くなければ、生きていけない、そんなことを感じました。本当のお母さんにはあって欲しかったけど、こういうのがリアルなのかもしれない。悲しいけど何だが元気にもなるし、優しさを感じる作品でもありました。
宮沢りえとオダギリの熱演。
日本映画はこういうのでいい。
すばらしい。
>|