湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

命をかけて紡ぎたい愛がある
o

oの感想・評価

3.8
涙が出た
泣きすぎて頭痛くなった、花ちゃんみたいな子供うみたい
めちゃめちゃ良かった…
最初の10分で号泣。
宮沢りえの演技は母の偉大さを再確認させられた。それと同時に自分の母に対しても感謝の気持ちが込み上げてきた。
特に銭湯の掃除中?に1人で泣いて弱さを見せないシーンはやるせない気持ちになった。
宮沢りえの前向きな力で沢山の人に元気を与えるエネルギーは本当に感動した。
杉咲花がどんどん芯の強い女性になっていくのにも心を打たれた。
はるた

はるたの感想・評価

4.4
最初から最後までとにかく泣き続けたから目が大変なことになった。
宮沢りえが強くてかっこよくて優しくて、お手本にしたい女性だと思った。
ボロ泣きしてしまった。
演技から心情が物凄く見えて見えて…はぁしんどい…けどいい映画だ…
温いピンク色の愛ではなく、強くて熱い赤色の愛に溢れた映画。
ちひろ

ちひろの感想・評価

4.2
よかった…

自分の子どもがいじめられたら私はどうするのかな、とか、急に母がこの人だと言われたら、とか、色んなところに立場を置いて、その度に泣いた。

宮沢りえ強くてかっこよくて素敵でした。子どもがそれぞれいい味出しててよかった。

やっぱり愛だなって思うような映画でした。
>|