湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価・動画配信

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

大号泣。
好きな色は情熱の赤。心の支えを必要としてる人にすっと寄り添い、優しくも強い存在である女性。ある日余命は3ヶ月と宣告される。
誰にも温かさをもった真っ直さでぶつかり、人の心の支えとなっていた彼女。だけど、誰かに強く支えられていたわけではなく、むしろそんな存在に必ずしも恵まれていたわけではない。会ったことがなく、死んだとさえ思っていた産みの親。死を目の前にした彼女にとって、その親は心の拠り所となっていたが、ふとしたきっかけである街で家族と生活してると聞かされる。そこで1度でも顔を見てみたいと家を訪れるも「そんな子はいない」と突き放されてしまう。
存在を否定されたような感覚から孤独も覚えるが、そんな時に今まで支えていた人に支えられることに。
この人と人との繋がりの機微がよく表現されていて、後半にはすこしお腹いっぱいと思うほど感情を揺さぶり、畳み掛けてくる。
ミキ

ミキの感想・評価

4.3
最初と最後はわかるんだけど
え?そこも!?そこも!?
みたいな展開で面白い
手話のところで号泣した
結局お母さんが言う事って大体合ってる。
家族の形ってなんでもいいんだよな~
お母ちゃんカッコ良すぎる...。
にしてもオダギリジョーがハマり役すぎる
miku

mikuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

母の止めど無い愛。無駄が一切なく全ての描写が必要不可欠で、全てに繋がっているのにそれをくどくさせない演出に鳥肌。
強く生きて欲しいと時に残酷なほどの壁を乗り越えさせるけどそれは全て母の愛で全ては自分のためにだと言わずもがな伝えてくれる愛。大事な時に強く抱きしめ温かい言葉をくれる。いつも全力で人を愛した母。湯を沸かすほどの熱い愛。

「彼女のためならなんでもしようと思える。それはきっとその何十倍もしてもらっているから。そう感じれるからなんだろうなあ」
kayo8739

kayo8739の感想・評価

4.0
泣くって聞いて泣いてスッキリしたい日に見たけど、ずっと泣いてて目がいたい。
杉咲花ちゃんがとってもよかった〜!
死を覚悟してあんなに情熱的に生きれるのだろうか。
かっこいい母ちゃんでした!
ぴ

ぴの感想・評価

-
銭湯大好きだし家族ものも好みだし出演者みんな演技上手いしでめちゃくちゃ見応えあった!杉咲花ちゃんってこんなに演技上手かったんだって気付かされた。双葉さんの「はーい」って返事の仕方とか学校行こうねって促すところとかにリアルな母親みを感じてしまって、だからこそ双葉さん自身の過去とか家族関係の真実を知った時は辛かったし、せめて自分はちゃんとした母親でいたいっていう想いが痛いくらいに伝わってきた。ただ、突っ込みどころが多すぎて点数は付けられないかな...物語とはいえども非道徳的な行動はちょっとなあという感じでした
邦画でちょくちょく感じてしまう演技の胡散臭さみたいなものもなくて、みんな演技が凄い!
そして意外とヤンチャだこの映画

双葉の偉大さがたまらなく
死ぬ時は双葉のような周りに偉大で凄い人だったなと思ってもらいながら、残せるものを残して、こうやって死にたいと思う
あずみもいい子すぎるし大人
感動シーン多すぎだし良い伏線回収ばかりだった

ラストシーンは、、、、、、
少し体が凍りつき、賛否両論分かれる否側の人間になりかけたが、、エンドロール中に余韻に浸りながら考えてたらギリ耐えた
まああんなのはどっちでもいい、、最高の映画だ、、
宮沢りえ凄い!と思った映画。
熱く温かく、でかい人間を演じるんだな。
まわりの家族、段々増えて巻き込んで幸せになるように巻き込んでゆく。
すごいかーちゃん、りえさん演じてた。
YujiOda

YujiOdaの感想・評価

4.5
このおかあちゃん最強としかいえない、、、。
手話のシーン、組体操のシーンは号泣。
>|