湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

FluffyFox

FluffyFoxの感想・評価

3.1
母は強し、的な映画。主人公双葉の性格が細かく見える。
親子愛感は良かったが、後半体が弱ってくる姿が見るに耐えない。
観ていて飽きないが、それは色々な人が出てきて色々なことが起こるから。ストーリーに必要無いと思える部分もある。
宮沢りえよりも杉咲花が活躍していたように思えた。
ラストは完全にアウト。
kazumaro

kazumaroの感想・評価

4.1
泣きがち
なつみ

なつみの感想・評価

4.0
破天荒な母ちゃんのロードムービー。

娘役の杉咲花ちゃんの女優魂にも、心揺さぶられる。

タイトルにつながるラストシーンは何回見ても衝撃的。
イケダ

イケダの感想・評価

5.0
一番好きな映画。

シルク

シルクの感想・評価

4.4
あらすじを一切読まず、ただフォロワーさんが観ている数がとても多いのと高めのスコアで選びました。

最初から余命の話が出たら時は、あー、こういうの苦手だなぁと思ったんですが、その後は次から次へと、予想もしない複雑家族関係が出て来て驚き。

ここまでいい加減な父役オダギリジョー、適役でしたねー
これでは、いやでもしっかり母さんになるわ〜 笑
余命を知った時、母として家族に何をしなければならないのか!
これは親として今から人生最後の宿題のような気がします。
宮沢りえ、迫真の演技引き込まれました。

そして杉咲花ちゃん、ドラマで何度か観た事ありますが若いのに演技力高いですね〜
好感持てました。

多様性の時代、家族も多様性でいろいろな形がありますが、あえて古い言葉で言わせてもらえば(産みの親より育ての親)なんでしょうか。
一つ屋根の下でご飯を食べて暮らす
これが一番なんでしょう。

複雑な家族関係でしたが、周囲の人々が皆良い人ばかりで…
あの人間ピラミッドは!オダギリジョーずるい!もう、そこで泣かされました。

赤い煙、お母さんの好きだった情熱の色❗️最後は、ちょっと驚きましたが、ここでタイトルの意味がわかるんですね。
最後は、悲しさよりも唖然の方が大きかった⁈^_^

(銭湯がホントに昔からの銭湯で、おぼろげに覚えてる番台が懐かしい。
ケロヨンの桶は、全国共通?^_^)

忘れられない作品となりました。
minas

minasの感想・評価

4.5
母の強さと広さと偉大さ
ほんと、湯を沸かすほどの熱い愛でした
スミス

スミスの感想・評価

4.3
いじめの描写だけあれは美として正当化してはいけないと思ったけど
それ以外はこれでもかと感情に刺さって涙腺緩みっぱなしだった


強いってなんだろう
愛いっぱいに生きること
>|