湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

家族愛に血の繋がりは関係ない
人の想いはきちんと伝わる
Fuji

Fujiの感想・評価

4.5
愛する者は愛されるんやと。
Hiro

Hiroの感想・評価

4.0
余命を宣告された母親が熱く真っ直ぐにバラバラになった家族を繋げていき、終盤にはその家族の秘密が明らかになる

宮沢りえと杉咲花の母親と娘の演技に感動した。特に杉咲花はこういう社会からはみ出た子の演技が上手いよね。テーマはもちろん家族愛なんだけど他の映画とは一線を画した熱い愛を感じた
lala

lalaの感想・評価

4.5
涙が止まらなかった。
いい映画。
久々に映画を見て泣いた。
いい映画を見ると、まともな感想が書けなくなる。
oku

okuの感想・評価

4.0
演者の力にとても圧倒される。
どの人たちも、実際に存在するかのような
決して理想的ではない等身大の人間が感じられた。

かといって、絶賛はしかねる。
話の展開にいくつも引っかかるところがあった。

この映画は、日本でよく撮られるようなほのぼの物語なんかじゃない。
多少の違和感も力で押し切ってしまうほどの力強いハードな映画だった。

個人的には、
自分の感情を揺さぶってくる良い映画だった。見てよかった。
よくあるサブカル歓喜みたいな
ゆるふわ映画でしょ〜
とか思って本当にすみませんでした。


あの……宮沢りえさんの演技ってこんなに迫るものある素晴らしいものだったんですね……
経験値が違う。

それに食いつく杉咲花ちゃんは本当にいい経験を積めたんだろうなぁ、と思うほど。
杉咲花ちゃんも名演です。
ただ横にいるのが振り切りまくってる宮沢りえなので、比べてしまうと…


ただ、その経験値の違いで生じてる演技の温度差?が
いい感じに反抗期を演出しているとも思える(笑)


言いたいことはお決まりの家族愛だのなんだのですが
それを定番のアプローチながらも熱く伝えてくる映画です。
こんなに直球な映画、最近なかなか観ない。

心にスカッとホームラン打たれた気持ちです。
ともみ

ともみの感想・評価

5.0
私にとってこの映画は特別で、、、なんだろう今まで生きてきた生い立ちと少しだけ重なったな〜って。
ここまで熱血的なお母さんではなかったけど自分で言うのもなんなんですが私って本当にお母さんに愛されてたんだなと再度思いました。
俳優、脚本、演出、撮影なにをとっても完璧な映画だったと思います。
とくに宮沢りえさん、杉咲花さんの演技力には圧巻。
人生に1度は観るべき映画だと思います。
>|