湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

泣かない意外の選択肢がない。
愛されなかった人ほど、愛を尽くせる人。

ただ、最後のタイトルの出し方、
もうちょっとあったやろ…
RickMorty

RickMortyの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

絶対泣く!絶対にだ!と言われて観た映画。

生みの母かどうかはどうでもよく、母親という役割の偉大さを再認識されられる映画。

子供にイジメに立ち向かわせたり、急に生みの母に会いに行ったり、
"えっ!"て思う箇所もあるけど、それも全て「母強し」で片付く。

滝本(駿河太郎)の言った、「双葉さんには何でもしてあげたいって思っちゃうんですよね。それは、それ以上にしてもらってるからなんですよね」的な発言が妙に印象に残った。やはり、人間はtakerではなくgiverであるべきなのかと。。。

双葉(宮沢りえ)がgiverで誰に対しても全力の愛情で向き合ったから、双葉の周りに人が集まって、双葉の前ではみんな正直になれるんだろうな。

ラストも秀逸

そして俺は泣かなかった
タイトルがいい!皆が人間らしく、家族らしくなっていく姿に泣ける、、
k

kの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

誰かが
火傷しない程度のぬるま湯って言ってて、
この映画のことか、となるのにだいぶ時間要ったな

ともあれ凄くよき映画でした
最高の終活映画
杉咲花がよかった。
父親が全ての元凶やんけ
綺麗にまとめすぎている感じもするけれど、どうしても泣く。
絶対泣く、絶対泣く、と言われて、泣いた。
個人的価値観の減点、又は出来がカバーしきれなかったツッコミポイントがありのスコアですが、
今作はとても良かったと思います。
ネタバレになるのでザックリ言いますと、
ある一面を表現するのに、私はやはり「万引家族」ではなく、今作のような表現を支持します。支持しますっていうか、私は好きです。
杉咲花ちゃん演じる安澄は「若女将は小学生」のおっこ並の試練や背負わされる人生があるため、そんなに背負わす!?と映画事ながら辛くて涙無しでは見られません、が…若女将鑑賞後同様、私も安澄ちゃん見習って頑張る!!と勇気が出るのです。
つくづく思いますが、自分の足で立つことって本当に大事ですよね。
改めて、私は子供に何ができるか、何をすべきなのかを考えました。
あと、やっぱり宮沢りえ素晴らしい。
Shimpei

Shimpeiの感想・評価

-
家族のあり方について考えさせられました。