湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価・動画配信

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

前半は観とってしんどくなる映画
伝えたいこととしてはいい内容なんだろうけど、怖さを感じるシーンは多々ある
最後のシーンって、そういうこと?
色々と意味が分かってしまったが故に、もう一度観ようという気にはならないし、きっと二度と観ることはない(笑)
haruka

harukaの感想・評価

-
2020/1/21
3本目
Ayana

Ayanaの感想・評価

4.0
これは泣けます。愛に感動。
そして、宮沢りえと杉咲花ちゃんの演技がとても良いです。
父親の蒸発、いじめ、病気、そんな苦境の中でも乗り越えていこうとする双葉さんの強さがすごいと思う。
家族を想い、愛する気持ちがひしひしと伝わってきて、すごく胸が苦しくなった…!
世の中には蒸発や離婚なんて当たり前のようにあるけれど、子供を置いて消えてしまう親の心は理解できないな、、、
あらすじにも書いてあったように、ラストは想像してなかった展開に驚き!
「「湯を沸かすほどの熱い愛」」
そうゆう意味だったのか…と納得する最後でした。
5回は泣いた。泣き過ぎて牛乳吐きそう。
学校でのいじめ、ガン、血の繋がっていない親子、強く生きる女性とクズ男。
日本の映画あるあるだよねー、なんて思いながらも泣く。泣く。
杉咲花の言う「お母ちゃん」が可愛すぎて泣く。
でも、死をテーマにしている話なのに不思議と悲しくはならない。
諦めるな。立ち向かえ。やり過ぎた根性論も、映画の中ならありだな、と。

人は死んだらもう会えないって当たり前のことばがすごい染みた。
こんなにも多くの人を惹きつけられる愛がすごい。でも最後が好きになれなかった。
泣いた…ストーリーがまず泣かせに来てる、けどもよくよく考えたらお母さんのキャラがド強いなと思ってしまった。最後の終わり方で忘れてたけど前半の方はすこ〜しお母さんの考え方を娘さんに押し付けすぎなんじゃないかなぁと思ったり思わなかったり…だけどもお母さんの立場も本当に大変そうだな…
泣けた。
KUMI

KUMIの感想・評価

4.5
1番好き
涙。
宮沢りえさんと結婚したい
>|