湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価・動画配信

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

4.2
中野量太監督作品を観てみようと、そんなノリで見つけた今作。
名作やんけ。

意外性のあるストーリーもあるが、そんなことよりも、なんだろう。
生きるって、すごいことだなと実感した。

そして家族のカタチにぼくらはこだわりすぎて、大事なことをなんだか見過ごしているんだなって。そうも気づく。

よく、死期が近いと考えたときに、何をするかと言われるが、それを真剣に考えてみたくなる。

インディーズ感のあるメジャー作品かな。細かな必然性や設定、描き方への違和感は無視して、好きな作品。
Artyom

Artyomの感想・評価

4.2
ちょっと内容知ってから見ると涙止まらないです
Violet

Violetの感想・評価

4.8
「湯を沸かすほどの熱い愛」って、そういうこと!?想像を遥かに超えてきたラストに鈍器で頭をガツーンと殴られたような衝撃を受けた。
本当に見て良かったと思った!!!

映画に散りばめられた様々な赤。
絵の具、車、血、花、そして煙。
この赤は、血が繋がっていようがいまいが、親子だろうが2度と会うことがないような他人だろうが、そんなこと関係なく誰とでもまっすぐに向き合い、心からの声をかける、そんな愛に溢れた双葉を思わせる。

安澄がなぜ手話がわかるのだろうかと思ったいたけれど、その伏線回収で感極まった。
こんな女性いる?本当にすごい。すごいよ。

いつでも笑顔を絶やさず前を向いていた双葉が、「家族」のピラミッドを見て
「死にたくないよ...生きたい、生きたい..」
そう言ったシーンも涙無くして見られない。

出てた役者さんみんな素晴らしかったな。宮沢りえや杉咲花はもう安定の素晴らしさ。大好き。
鮎子を演じた子役の女の子も良かった!
「旅行行くんだ〜、へへっ」ってお父ちゃんに報告するシーン可愛くて好き。
「舟を編む」でも思ったけど、オダギリジョーはこうゆうチャラチャラしててちょっと情けない男をやらせると本当にいい味を出す😂好きだな〜。

「今逃げたら、一生逃げることになるよ。」
今はあんまりこうゆう考え方ないよね。
辛いなら逃げてもいい、辛いなら辞めてもいい。
正直どっちが正しいと言うことはないと思うんだけど、「逃げたらダメだよ」と言って安澄を学校に送った双葉が、心配で家の前でずっと安澄のことを待っていたシーンには心を打たれた。結局、その子のため、その人のために心から言ってることには「愛」があって、その「愛」で人間は困難を乗り越えていくんだと思う。

広い広ーい海のような愛に飲み込まれる感覚に陥るような、そんな作品。
KIKO

KIKOの感想・評価

4.5
杉咲花ちゃんの声と泣き顔
胸がいっぱいになる。
大切な人に伝えることがあるって気づきました。
世界鬼

世界鬼の感想・評価

3.9
最後っておふざけで入れたのか、まじめにやったのかどっちだろう。
Mayu

Mayuの感想・評価

4.4
何だってしたくなるんですよね。だって何倍ももらっているから。



病気、いじめ、実は母娘じゃなかった事実等々泣ける内容モリモリなのに、大きな愛で包み込む感じがジワジワくる感じ好き。
ぐーっときてぶわーって感じ。宮沢りえと杉咲花に拍手。ぱっと見小栗旬は駿河太郎でした。
みのり

みのりの感想・評価

3.5
母の終活。
自分のため、私らしく生きる、ことが肯定されるいまの世の中で、「他人のために生きる」を表現した作品が、燦然と輝いていた。
杉咲花ちゃんと桃李くんの演技が良かったです。
>|