湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

Momo

Momoの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「ぁあ〜あれだ、9歳」
家でしゃぶしゃぶしたことないししゃぶしゃぶ食べたい。

「あゆこ此処にあり」

「旅行、行くんだ、食べに、タカアシガニ」からの「ごはん!!」のとこめっちゃすき。

さり気無く登場する松坂桃李が何気にいい。

「まゆちゃんもスフィンクスー!」が可愛すぎて思わずかわいいって声に出ちゃったし、あのシーンはほんとに泣きそうだった。

そしてエンディング!!
ギターの音からの炎バックにタイトルばん!
最後まで素晴らしい。

杉咲花が演技上手い!表情がもうなんとも言えない。この映画で彼女を見直した。

タイトル含め伏線もあるし、なんかもう語彙力がなくなるくらい感動した。
いいところ挙げればきりがないくらいとても素晴らしい映画だった。

これはちょっと、また観る。



この映画に出会えて本当に良かった。
7

7の感想・評価

-
予告から本編の最後の最後まで完全に泣かせにきてるのはわかってるけどこれは無理だ、泣きたい気分に最適な映画

本当に湯を沸かすような熱い愛だった
これは、あらすじだけで泣かせにくることは分かっていたのに
抗えない作品だった。


登場人物の個性と関係の描き方がそれぞれ丁寧で、伏線も張られていてそれも丁寧に拾われているし

演出演技ともに感情の表現がはっきり伝わりやすくて自然と感情移入し
夢中で観ていた。

暗くなりすぎず芯が強くて好きな作品
りほ

りほの感想・評価

4.7
泣いた〜〜
辛いことがたくさん起こる中で、愛情深くてまっすぐで強いおかあちゃんが本当にかっこいい
conan

conanの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

記録
ラストが素晴らしい!映画館で見たとき、どうしようかと思った。1つの映画なのにたくさんのジャンルの感情が呼び起こされるような感じ!
これで杉咲花さんの大ファンになった。
にゃみ

にゃみの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

色々となんかそれは…ってのを繰り返す映画。ただラストのきのこ帝国の挿入歌は最高。

だって!知らん男を!信頼して!!!!女しかいない車に乗せるのはやばく無い?!とかまた終始そんな感じです。
Ryosho

Ryoshoの感想・評価

-
オダギリジョーのエプロン姿&頭に果物に被せるみたいなあれつけてるのが面白かったーなんて考えてたから

他のレビューをみて、自分は心がないのかと思ってしまった。涙出なかった。
納得するのと感動するのはちがうはずだ。

でも演技には感動してた。
花ちゃんに負けず、1番下の女の子のテンションの振り幅すごい。
yukar

yukarの感想・評価

4.0
途中なぜ?って思うところもあったが、こんなお母ちゃんになれたら最高だなと素直に思いました。
かま

かまの感想・評価

3.6
ガッツリ泣かせに来てる
杉咲花の演技が良かった
単に銭湯を復活させる話しかと思ってたけど、宮沢りえを中心に一人の人間の人生を追うようなストーリーでよかった。
きのこ帝国合ってた
Youcan

Youcanの感想・評価

4.4
泣けました。

去りゆく人の想い。
贈る人の想い。
「死にたくない」
「一人にしないよ」
宮沢りえ、杉咲花、素晴らしかったです。
とにかく全てが良かったです。
ラストは、ビックリでしたが観ているこっちも湯を沸かすほどの熱い愛で温めていただきました。