湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

    何も知らずに見たから展開にびっくり!
    ワンシーンで号泣っていうよりは終始涙が出てくる(T_T)
    配役がすんごいよかった!
    オダギリジョーみたいなダメダメな父の存在が逆によかった!
    死にたくないよ〜ってセリフが来る前に同じこと思った!そんぐらい入り込めた映画^_^
    とにかく宮沢りえかっこよすぎ!
    相手のずっと先の幸せまで考えて行動していく母には愛と優しさしかないな♡
    大きな愛の話。こんなにも涙と鼻水が出っぱなしの映画は初めてでした。

    泣いた。
    登場人物それぞれに感情移入してしまう。
    宮沢りえのお芝居も然る事乍ら杉咲花ちゃんのお芝居もとても良かった。

    オダギリジョーがすごくいい。
    終始いろんな涙が溢れました
    ふたばさんは人のためを思えるとても素敵な人。それでも彼女は聖人ではなくて、人間らしい醜い部分もある。

    見終わって、周りの人を幸せにできる人間になりたいと思った。
    優しい映画
    強くてまっすぐで凛々しいお母ちゃん
    カッコよかった。
    車のドアが親子で上がり下がりするシーンの遊び心に胸キュン

    このレビューはネタバレを含みます

    ああいう愛の形は好き。
    みんなが双葉さんに惹かれるのも分かるし、あんな人になりたいと思うところもあった。

    全体的に温かかったけれど、最後のオチは少し軽く感じてしまった。ピラミッドのシーンでは泣いてしまったけど、キャストの演技力のおかげと言われればそうかもしれない。

    とにかくキャストが好き。

    このレビューはネタバレを含みます

    すごく愛に溢れた映画でした!!
    宮沢りえさん演じる主人公の双葉がとても素敵な人でした。
    2時間ある中で、双葉にとって腹がたつこと、悲しいこと、苦しいこと、山ほどあるだろうに、逃げずに全部どーんと受け止めてくれます。
    そんな愛に支えられる周りの人たちが、今度は双葉に沢山の愛を返しているのを見てると、涙が止まりませんでした。
    一番グッときたのは、お姉ちゃんがきみえさんと会った時!手話のくだり!きみえさんと一緒に号泣。なんてことだー!!
    そして、ラストはまあ衝撃的です。湯を沸かすほどのってそーいうことか!!笑
    内容としては、いじめや、親が子供捨てたり、なんてったって主人公が死ぬって決まってる映画なので暗くなりそうなんだけど、ラストはこの家族と共犯になったみたいで、なんだか爽快な気持ちで終わりました。
    今までで1番泣けた映画です!!!