湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    ブルー
    ブルーの感想・レビュー
    約22時間
    5.0
    久しぶりにいい映画を観ました。誰に感情移入しているのかわからないまま終わりましたが、泣きました。
    YuKi
    YuKiの感想・レビュー
    約24時間
    4.9
    ここまで泣き続けた映画は初めてです。
    思い出しただけで泣けます。

    杉咲花ちゃんの病室での演技は
    もう心打たれました。
    むねとしふうや
    むねとしふうやの感想・レビュー
    約24時間
    -
    吐瀉物に対し、「牛乳です!」と生徒が形容する映画が面白くないわけがない。
    人情味溢れる妻がエジプトに行きたいと呟くと、夫は総勢6名を引き連れ、3段にもなる人間ピラミッドを行う圧巻の風景。交通網の発達した現代において、病気を押し、血を吐こうとも子供のためにと運転を続けるスポ根精神。2時間という尺の中で10人近い人が今までの愚行を反省し考え方を改めるその潔さ。息つく間もなく続く名シーンの数々だが、極め付けは満席の劇場内に響くすすり泣き。これ程までに精神をメタ化させられる経験をそうは出来まい。
    こんなにも人と共有したくなる映画はビリギャル以来かもしれない。独りで観ると気持ちの整理が難しいので、理解のある友達と行くことをお勧めします。
    パピコ
    パピコの感想・レビュー
    1日
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    噂通り、泣けました。
    でも設定が結構はちゃめちゃすぎてそこまで感情移入できなかった。
    え、普通に母でよかったじゃん。
    産みの母はそこまで出てこなくてもよかったのに…
    福本敏弘
    福本敏弘の感想・レビュー
    1日
    4.5
    映画感想/湯を沸かすほどの熱い愛
    90点

    これはやられた!
    3つのシーンで計3回は泣いた。

    余命もののお涙頂戴映画かと思いきや、これは全く違う、余命の使い方に関する熱い「生」の物語、熱い「家族」の物語だった。

    突然蒸発した夫(オダギリジョー)のため家業の銭湯の休業を余儀なくされた双葉(宮沢りえ)。一人娘安澄(杉咲花)は高校でいじめにあっている。そんな双葉はある日めまいで倒れ診察を受けるが、末期ガンで余命2ヶ月を宣告されてしまう。
    ここから、双葉の命のともしびが消える前に、家出した夫を連れ帰って家業の銭湯を復活させ、気が優しすぎる娘をイジメから救って独り立ちさせるべく、奮闘が始まる。
    探偵に頼んで夫の居場所を見つけ、連れ戻したのはいいが、別の女性との間に出来た女の子まで連れ帰る始末。
    やがて双葉は二人の娘を乗せ最後のドライブ旅行に出かけるが、その旅には安澄の出生に関わるある秘密が関わっていた。

    まず素晴らしいのが、宮沢りえ演じる双葉の前向きさ。死ぬまでにやっておきたいことを次から次に実行していくバイタリティは、とても余命宣告された人間とは思えない。

    本作が商業映画デビューだという監督の、見事に伏線を張り巡らせたオリジナル脚本が素晴らしい。宮沢りえが新人監督の脚本を呼んで即座にオファーを受けたというのもうなずける。

    早くから「あの作品は泣ける」とささやかれていた本作。「絶対に泣かない」と意を決して試写に臨んだ映画鑑賞のプロたちが、目を充血させて出てくるのが本作の特徴。なかには、一度だけではなく何度も涙し、泣き疲れた様子で試写室を後にする者も多いという。

    これほど、まさに湯を沸かすほどの熱い愛に魂を揺さぶられる映画はそうそうないだろう。最近涙不足の方に、超オススメの映画である。
    milkshake
    milkshakeの感想・レビュー
    1日
    4.0


    杉咲花は自然でいいなぁ。美味しそうに食べる。
    たまにセリフや配置に冷めそうになるところもあったが俳優陣の演技で持っていった感じ。
    男の役割に寂しさ。
    まさかの実行、最後はファンタジー。
    sukimnk
    sukimnkの感想・レビュー
    1日
    3.8
    鮎子とお父ちゃんの「旅行、行くんだ〜」の掛け合いが最高、あそこだけもう1回観たい。ラストの赤い煙で、ん…?ってなるけど、きのこ帝国が秀逸。全編通してロックな映画なんだと思う。
    mihachan
    mihachanの感想・レビュー
    1日
    4.8
    愛。
    強くて優しくて勇気のある愛に溢れていて、自然に何度も涙を流していた。

    おかあちゃん、そしてその他の登場人物が皆、弱さや悲しみを抱えている。でも、だからこそ、立ち向かえて周りの人を想える強さがあるんだと思った。
    強さと弱さは表裏一体で。だめになりそうな時に、自分を信じてくれる人、ときに叱咤してそれでも自分の帰りを待ってくれている人の存在で、人は強くいられるんだよな。

    宮沢りえさんはもちろん、登場人物一人一人があったかくてストーリーが進むごとに大好きになっていった。特に鮎子、好き。

    1人で観てたら声をあげて泣いて観ていたかもしれないけど、大切な人と一緒に映画館で観れて良かった。
    RRRHHH
    RRRHHHの感想・レビュー
    1日
    4.5
    松坂桃李 宮沢りえ 素晴らしい 。
    soramame
    soramameの感想・レビュー
    1日
    5.0
    悲しいのに、何だかクスッと笑えてしまう、明るい映画。
    普段はカッコ良くて明るい「お母ちゃん」の中にある、真剣な、熱い想い。
    母親の凄いところが、凝縮されている。
    しかもこのお母ちゃんの場合、それは他者にも向けられる。
    思いやりとかいうレベルでなく、まぎれもない熱い愛で。
    かつて一番繋がりたかった人と繋がれなくても、関わった人たち皆に愛されていて、幸せな人生だと思う。
    とにかく近年観た映画の中でもダントツで涙腺が崩壊してた。。
    ラストがかなりツボで、カッコ良すぎて声が出そうだった。