湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

nasuko

nasukoの感想・評価

4.0
ずっと泣いていた。沖縄の母さんに会いたくなった。ラストは、いやいやいや!とツッコミたくなったけれど、きちんと愛情を感じた。
泣けるポイントがいくつもあるので、ティッシュを用意していないとボロボロになる。
切なくて胸が苦しいけど、清々しくてとてもいい映画。
泣きたい時にオススメ。
主演女優賞、助演女優賞をとっただけあって、演技も凄い。
妹の演技も凄いと思った。
みなみ

みなみの感想・評価

5.0
母の愛が偉大すぎる
Nodoka

Nodokaの感想・評価

4.3
映画なんだけど、ある一家のドキュメンタリーを観ているような感じがした。
それくらい自然な演技で、本当の家族に見えた。

もし私が余命宣告されたら、何ができるだろうって考えさせられた。
絶望せずに、残される家族のためにやりきったお母ちゃんは本当にすごい。

いつか役に立つからって手話覚えさせてたところとか、大きすぎるお母ちゃんの愛に泣ける。
お母ちゃんに心配させないように明るく振る舞う娘たちの姿も、また泣ける。

後半ほとんど泣きっぱなしなくらい泣けるけど、でも見終わったあとは悲しいよりも、前向きになれる映画。

血はつながってなくても、あれだけの強い絆でつながってれば、立派な家族だなあと思った。
ササ

ササの感想・評価

5.0
沢山涙を流させられた。
お母さんの強さに勇気を貰えた。
ろべ

ろべの感想・評価

4.5
こういう作品を観ると、どうしても病気で亡くなった父親との最後の三カ月を思いだす。そして自分の父親もこの作品の主人公、双葉と同じような愛情で僕に接してくれていたのだろう。後半で双葉が本音を漏らすシーンがあるが、そのシーン観た時に父親からのある言葉を思い出した。

「病気になったのが自分でよかった。子供たちだったら堪らんよ」

作品を見た事で当時を思い出して辛いか?と言われると、それはNOである。

親の愛情を思いだす事が出来たし、父親の死も今となっては懐かしい思い出の一部なのである。どちらかと言うと、あの時の気持ちを思い出させてくれてありがとう。という感じ。

素晴らしい作品だった。
Megu

Meguの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

最初に、、
登場人物一人ひとりにストーリーが多すぎた、複雑すぎて、そこまでする理由がちょっとよくわかんなかったです、

一言で言えば、母強し。そして、子も強し。登場人物みんなが双葉さんに対しすぐ心を開くことができるのは、やっぱりそれだけの強さがあるからなんだなあ、と

しかし
オダギリジョー、、
なぜ双葉さんは結婚したんですかね?
ayano

ayanoの感想・評価

4.5
人は誰でも強く、幸せに生きることができるんだと思える作品。
それより何より誰かを幸せにする人生を私も送りたいと心から思った。
1時間は泣いた。インド人だらけの飛行機で。
宮沢りえと杉咲花が好きになる。
macom

macomの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とってもよくできている!
そして、なによりお母ちゃんがすごい

ラストにかけて、どんどん好きなテイストになっていく。
最後にタイトルがでてギターの音が流れだすところが本当に最高!

あずみがお母ちゃんをみとるところ。お母ちゃんに気持ちを向けて、真正面から対峙できる勇気に感激。

キャストもみんなよかった。
さち

さちの感想・評価

4.2
ふたばさんの忍耐力が半端ない