湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    はやまさ
    はやまさの感想・レビュー
    2時間
    4.3
    親子の絆と愛。心打たれる作品。何度も何度も心に響くシーンがやってくる。オダギリジョーのダメ親父ぶりと子供たちの演技が光る。何と言っても宮沢りえの演技は別格だ。みんなに見てもらいたい作品だ。
    TakahiroMaeda
    TakahiroMaedaの感想・レビュー
    2時間
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    確かに湯が沸くくらいの熱い愛やな。
    亜澄が手話で実の母と語るシーンはグッとくる。
    宮沢りえの言葉にせずとも伝えられる演技は圧巻。
    いい作品です。
    NORINORIDEATH
    NORINORIDEATHの感想・レビュー
    3時間
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    大変面白い泣けるカルト映画
    ・ドアノブに引っ掛けるパンツ
    ・ここで使うか勝負下着
    ・ヒッチハイカーが姉弟
    ・赤ん坊のいるリビングのガラスを叩き割る
    ・特製の薪をくべたので、お風呂が温かぁ~い

    変態監督の次回作楽しみ?!
    MICKE
    MICKEの感想・レビュー
    4時間
    4.5
    手話の場面では号泣。
    KENSUKE
    KENSUKEの感想・レビュー
    4時間
    3.0
    最後がありえん、すごく匂いそうだ。まぁいい話だとは思う。親子愛の話。強く真っ直ぐも一時なら
    ME
    MEの感想・レビュー
    6時間
    4.6
    グッとくる数シーン。
    いつか役に立つ時が来るから、、
    ぴーちゃん
    ぴーちゃんの感想・レビュー
    6時間
    4.5

    悲しい境遇のふたばさんなのに、気持ちは温かい。人を呼び人の輪ができ、ふたばさんの気持ち、思いは一人一人みんなの心に残ってると思う。
    母としての愛だけじゃなく、人としての愛が心を震わせてくれた。
    愛。愛。愛。熱い愛で包まれた作品。
    温かいっていいなあ。

    キャストさん全員の演技、最高でした。
    目も鼻も大変な事に。
    手話のお勉強の理由が分かった頃には。
    PIKO
    PIKOの感想・レビュー
    7時間
    3.6
    宮沢りえと杉咲花の演技力に圧巻。
    お母さんの前では笑顔でいると決めていたから、病院で涙を堪える杉咲花の姿に胸打たれました。
    nao
    naoの感想・レビュー
    8時間
    4.5
    とっても素敵な映画でした✨✨愛がいっぱい詰まった映画です❗
    けー
    けーの感想・レビュー
    9時間
    5.0
    普段はどんなに見たくても旧作になるまで待つのに、これはあまりに見たすぎてレンタル開始直後に借りた。

    強い人はかっこいい。ほんと、双葉さんかっこよすぎる。甘やかすこと、信じること、優しくすること、愛すること、その辺の答えのないものの理想例を見れた気がする。
    何ヵ所も泣かされる場所、考えさせられる場所、目をつむりたくなる場所があり密度も濃かった。なによりもエンディングまでいったあとのタイトルが心に来る。この映画やべえ(笑)

    期待しすぎたのに、それを裏切らない傑作だった。いずれまた見ると思う。