湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

終始温かく、心揺さぶられる作品。登場人物それぞれのキャラクターが立っていて、感情移入がしやすかった。宮沢りえの役作りもさすが。周りに愛される人間とはこのこと。目指すべきロールモデル
記録 杉咲花ちゃん演技うまっ

このレビューはネタバレを含みます

すごく素敵な女性

母親の愛の力っていうとちょっとクサイけどこればっかしは母親の愛の力を感じざるおえなかった

宮沢りえの演技に圧倒されっぱなしで、宮沢りえ演じる双葉の複雑な感情、苦しい思いを違和感なく演じていた

宮沢りえ本当に死んだんじゃねえかってぐらい
ボロボロ泣いた。
強い女になろう。
キー

キーの感想・評価

3.7
ラストでなるほど!となりました
号泣するということも無かったですが、強く優しく愛を持って生きていくことが描かれています
Hikari

Hikariの感想・評価

3.0
そういうことか!

このレビューはネタバレを含みます

お涙頂戴ではないと書いてる人が沢山いたが、十分にお涙頂戴。皆が泣けば泣くほど冷めるというひねくれにより、劇場内すすり泣きが聞こえるほどに一層冷めて涙が引っ込んでしまった。

でも、一つだけ学んだのは、愛を与えなさいというメッセージだ。

ストレートに心から愛を人に与えるべし。
旅先ですれ違った見知らぬ人へも十分に愛を与えなさい。もし、あなたが大きな心でそうすれば、たまたますれ違ったその人は救われる、そしてあなた自身も救われる。徳を積むということだが、もう宮沢りえ演じる双葉さんは、死を宣告される前から人生客観的には相当に不幸。あまりにも複雑な家庭に育ち、余りにも踏みにじられてきた人なので、もう見方を根本から変えないとやってられない。だから、全部真っ平らに捉え、自分基準で結構いい人生を幸せに生きてる。だから今更癌と言われても泣いてるより、残りやるべき事をやった方が良い。そういう生き方が素晴らしい。こうでなくっちゃ!なかなか出来ないけど。

それから、怒りたいときはちゃんと怒れ。これも大事なこと。後々いつまでも気持ちを残さないためにもちゃんと怒らないといけない。

死を目前にしているからこそ、すべての感情を余すことなくぶつけるべし。
かとう

かとうの感想・評価

4.0
最後のタイトルイン最高。
杉崎花ちゃん。
どっかでみたことあるなぁ~と思ってたら、しゃぶしゃぶ食べるとこでやっと思いだせた
クックドゥーのホイコーローだ

んー
台詞まわしにあんまナチュラルを感じませんでした
役者さんの演技は全員素晴らしいし、なんせ死とか、出生の秘密とか、衝撃的な内容が揃ってるんだけど、話の流れはそんなに心動かされんなぁ。

だって人が死ぬのは悲しいに決まってるもん。

母性ってまっすぐで強引なところがあると思うし、私にはわからないことだけども、双葉さんはそれを他人にも発動していてちょっとやりすぎ感を感じてしまいました。
やりすぎたあとにハグすれば母性、みたいなのはなんか気になる
母性わからないけども

んで母性あきらかに関係ない、人の子としての双葉さんがそんな人間できてなかったのを見てしまった。
愛や母性に溢れ、病に冒された彼女の迷いなき行動だと考えて見てたけど、単に元々が毒舌でムチャクチャな人なだけでは…?という考えがよぎって、そのへんはよくわからない

そして宮沢りえのそんな母性にみんなわりとサクッと落ちてゆく
ヒッチハイカーも探偵も、イヤ衝撃的な出会いだったのかもだけど、そこまで親密になるって相当ですよね。
親戚の集まるとこに平然と無関係の男が顔を揃えてるって大丈夫なのか?

まぁ彼らはおかあちゃんに会うまで、本当にほかに何もなかったのかもしれないけど。
そしてそれだけのカリスマおかあちゃんだとしたら、逆に最後のその場面で集まってくれる人すくなないか

おとうちゃんも、むちゃくちゃやった末に戻ってきて「バカだってことはわかってる!」ってちょっと意味わからずついていけなかった
「まぁこんな時やし…」でみんなノッてくれたのかもしれないけど…
しゃぶしゃぶでしょーもないこと言い出したときも、ノッてあげるみんな優しすぎると思いました

まぁ多分、アズミちゃんはこの先大丈夫だね。
やる時はやれる子に育ちそうなので、アズミちゃんは大丈夫

人間の脳みそって、思い込んだらそうなっていくとか言うじゃないですか。
死にゆく宮沢りえの脳みそは、宮沢りえの演技にダマされてないだろうか
ちょっと宮沢りえが心配になるくらい痛々しかったです。

悲しいヒューマンドラマはニガテですわ。最後のが愛なのかどうか私には全くわからん。
「トト・ザ・ヒーロー」のオチを思い出しました。
血がつながっていようがいまいが、母の愛はあっつあつに熱いのだ。湯も沸かす!

宮沢りえはもちろん良かったが、君枝さんきれいだった。

時折セリフに無理があるだろうと思う場面があった。そんなこと絶対言わないから、もっとシンプルにしてくれたらよかったのに。

わたしも母だが、わたしの愛でも湯が沸くかしら。