湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    mmm
    mmmの感想・レビュー
    2日
    4.4
    いろんな形の愛
    すごくいい映画だった
    haruka
    harukaの感想・レビュー
    2日
    4.8
    良かった、、悲しい涙じゃなく自然にポロポロ出てきて暖かい気持ちになった、
    こんな深い愛情を持って人に接したいと思った。
    最後の探偵の人が言ったセリフのような人になりたいー
    もっかい見たい!!!
    みんなに見て欲しい!!!
    supervision10
    supervision10の感想・レビュー
    2日
    4.7
    いやー名作に出会ってしまった。
    泣いた。泣いて、泣いた。。。
    泣くポイント多すぎて、1リットルの涙が必要です。

    余韻に浸って死にたい。笑

    話の感じは海街diaryっぽいけど、
    ふかーいふかーいお話し。

    ただいま段原イオンシネマで上映中なので、まだ観てない方はすぐに!!!!
    たみお
    たみおの感想・レビュー
    2日
    4.2
    泣いた。
    きのこ帝国のエンディングが合わない、やめてほしい。
    ちよめ
    ちよめの感想・レビュー
    2日
    3.9
    飛行機の中で観たけど中盤から泣きっぱなしだった。キャスティングが素晴らしいなあ。杉咲花ちゃんの、悔しさや悲しみから絞り出す笑顔が本当に苦しい…凄い映画でした。
    COZY922
    COZY922の感想・レビュー
    2日
    4.0
    自分に残された時間が短いことを知った時、私はこんなふうに家族や大切な人達に向き合えるだろうか? 死への恐怖、絶望感。「なぜ自分が」というやり場の無い憤りや悲しみ、自分のいない世界を思う虚無感や孤独。そんなものに押し潰されそうになりながら、自分の今を歩むのに精一杯になりながら、それでもそれに打ち勝って 周りに愛を注ぐことができるだろうか。お母ちゃん = 双葉 の強さと 全てを包み込むような大きさが 文字通りお湯のように温かく心に沁みてきた。

    本作では溢れんばかりの双葉の想いが そこかしこに感じられたのはもちろんだけれど、彼女が これまでもきっと力強く とても丁寧な生き方をしてきたんだろうなと思わせる場面が多い。 ダメ夫を探し出して迎えに行き 稼業の銭湯を再開させるために皆で掃除するのは 家族の一体感を強めそれぞれの責任の喚起を促す。娘をイジメに立ち向かわせる場面は 心の持ち方を教え、あの朝のしゃぶしゃぶの風景は帰る場所 心の居場所としての家庭の存在を示すものになっていたと思う。そんな彼女の強さが 心の痛みと人間の弱さを知っているからこそだということがわかる後半は 前半に散りばめられたものが回収されるのも相まっていろんな感情の波が押し寄せた。

    双葉を演じた宮沢りえは ほんとに余命幾ばくも無いからこその この演技なのではと思うほど エネルギーと覚悟の伝わる素晴らしい演じっぷりだったけれど 一番心に残ったのは娘役の杉咲花ちゃん。教室でのシーン。そして体から絞り出すように彼女が言った「お母ちゃんの遺伝子ちょっとだけあった」の言葉には咽び泣くしかなかった。

    とても印象に残る1本になったのは間違いない。けれど最後の展開は さすがにどうだろうか?タイトルにも絡むこのくだり、母親の愛の熱量を感じ 分かち合いながら家族が生きていくために、と自分を納得させようとしたけれど これはやり過ぎだったように思う。また 個人的に このシーンにいてほしくなかった人物が含まれていたのも気持ちが引っかかってしまう一因となった。

    それでも それらを飲み込んで なお高いクオリティの作品だと思う。人間の強さと弱さが描かれた本作はいわゆる「闘病もの」ではなく「家族愛」と それらを通した「自分自身の心との向き合い方」の物語だった。
    やまもと
    やまもとの感想・レビュー
    2日
    4.7
    鑑賞中に涙を流したのは数あれど、初めて嗚咽のあまり声が出そうになった作品。しかも劇場で。

    物語の軸である幸野一家は言ってしまえば訳アリ家族。長女はイジメられっ子、旦那は蒸発したかと思いきや不倫相手との子を連れて戻ってくる始末。そんな一家をまとめあげるのが、宮沢りえ演じるお母ちゃん。時に優しく時に厳しく、家族想いなお母ちゃんには”余命2ヶ月”というこれまたトンデモな秘密が。

    お母ちゃんの言葉に一家を含む周りの人たちが励まされ、それが前に進むための原動力になっていく様が本当にアツい。特に松坂桃李演じるヒッチハイカーの件。徐々に深まっていく幸野一家の絆にも涙涙。
    そんな、皆を照らし続けるお日様の様なお母ちゃんの、余命だけではない知られざる秘密が明かされる時ーーー、僕はハンカチを忘れたことを激しく後悔する。


    ”文字通り”湯を沸かすほどの彼女の熱い愛に、僕の涙腺もグツグツに沸騰させられた良作でした。多少詰め込み過ぎな設定もフィクションであればこそ、というか泣きすぎて気にしてらんねぇ。
    杉咲花と妹役の子の演技に拍手。
    たいやき
    たいやきの感想・レビュー
    3日
    4.5
    本当に素晴らしい作品でした
    ayachan
    ayachanの感想・レビュー
    3日
    5.0

    騙されたと思って見て欲しい作品

    最初から最後までずっと泣いてました。
    こんな人になりたいなと心から思いました
    この映画から学ぶ事が沢山ありました。

    こんな素晴らしい映画に久しぶりに
    出逢えました。
    見た後の余韻が消えないほど心に残る
    作品でした。

    みてよかった