湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    Te2mon
    Te2monの感想・レビュー
    3日
    4.5
    キャスト最高。杉咲花の演技ヤバい。全体的にゆるやかなトーンだけど要所要所でギュッと来る。とても良い映画。
    Chay
    Chayの感想・レビュー
    4日
    5.0
    泣くところありすぎて終始涙…
    とにかくキャストが最高

    とくに、
    オダギリジョーの絶妙なダメ男感!
    こーきみずぐち
    こーきみずぐちの感想・レビュー
    4日
    4.7

    このレビューはネタバレを含みます

    「お母ちゃん」には、最初から最後まで本当の意味で血の繋がった家族がいない。
    でも、彼女の愛は、たくさんの家族を作っていく。確かに血は繋がっていないけれど、一人じゃなかった。現代日本の家庭は、湯船を核家族で占有する。だけど、「お母ちゃん」が愛を注いで、みんなを温めた銭湯は、むしろ血が繋がっていない人たちが同じ湯船を共有するものなんだよね。

    キャスト全員すごかったけど、中でも杉咲花ちゃんが本当に素晴らしかった。自分の経験と重なるなあ。
    たけむ
    たけむの感想・レビュー
    4日
    4.4
    最後の探偵のセリフと終わり方良かったな〜
    家族についてめちゃくちゃ考えさせられた
    くだめ
    くだめの感想・レビュー
    4日
    -
    監督のトークショー付き。
    ゆきち
    ゆきちの感想・レビュー
    4日
    4.2
    愛について考えさせられた。親の愛は凄い
    こぬき
    こぬきの感想・レビュー
    4日
    4.0
    熱いね!よく出来てる!
    とにかく泣いた!
    伏線の張り方がうまかったのだな。
    普通「余命モノ」は、最後死ぬのが分かっている為に、ストーリーが全部同じようになってしまう。
    それを逆手に取って、「残された時間をどう生きるか?」に焦点。
    あれ?黒澤明の「生きる」と同じじゃないか!
    まぁそれでも、宮沢りえもだけど、杉咲花が好演!!
    見るべし!!
    akena
    akenaの感想・レビュー
    4日
    4.9

    湯が沸くほどの深い愛情を注いでくれる存在がひとりでもいれば、人はどこまでも強くなれる。

    歯を食いしばりながら泣いた。
    namuge
    namugeの感想・レビュー
    4日
    -
    あざとい程に押しつけられる感動シーンの連打。こうも何度も感動シーンを連続されると逆に冷めちゃうんですよね。
    まあ、まんまと泣かされちゃってるので何も文句を言えないんですが…

    子供役の2人の子の一生懸命な演技が光っていて特に教室で下着姿になる場面はホントに頑張ってて偉いなあと感じました。
    あとは…宮沢りえさんの人間力の凄さですかね…

    諸悪の根源、ゲスの極み、オダギリジョーにはなんらかの罰が下されて然るべきだと思いました。