湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

一人で見るには心がしめつけられる苦しさがあった😢

愛なんか語れないけど
今までにない強い母の愛の形?
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

3.4
杉崎花が気になって鑑賞。お母さんはプロのロック歌手なんですな。鶴瓶の番組では自ら「母子家庭」と言ってました。後、本作の中野量太監督が「とても優しかった」との言が印象に残りました。
実は手話の場面などけっこう泣いたのですが、一方で、伏線回収しまくりの強引な展開に少し引いたのも事実です。途中、三重トリックのミステリーかい!と突っ込みたくなりました。松坂桃李、駿河太郎なども熱演ですが、別にいなくてもいいかな、なんて不埒なことも思いました。
実は、宮沢りえが苦手なので(りえファンの方、ゴメンなさい)、母の愛が“湯を沸かすほど”に感じられなかったのが、感動がもうひとつの理由かもしれません。クドイですが、私的には“杉咲花を観る映画”でありました。
レビューワーさん達の評価もけっこう割れていますが、私が一番共感したのは「AKIKOさん」のレビューでした。舌足らずの私のレビューを補って余りある名評をぜひご覧ください。
辛いことはあっても生きてるだけで丸儲け
愛される人はそれ以上に愛を与えてる人
お母ちゃんすごいなぁ
理屈じゃない。ただ、ただ、ひたすら深く心に響く。陳腐な言葉では語れない。ひたすら出演者の演技に泣かされた。
ysa

ysaの感想・評価

4.4
女性は強し。強さが優しさなんだなぁ。何かをしてあげたいと思うのは、それ以上に沢山もらってるからなんだろうなあという台詞に胸を打たれた。
maaa

maaaの感想・評価

3.9
俳優みんな演技派すぎてすごすぎた…。杉咲花すごかったなー。

最後に題名が出たときは鳥肌たった!すごく愛が伝わってきた
ほし

ほしの感想・評価

5.0
すごい感動したし、杉咲花がかわいかった
君江さんと手話で話すところがよかった
Kouhei

Kouheiの感想・評価

4.4
2018年19本目

感動系の映画は観るのが億劫になりがちだけど、観ればすごく良い

泣けます
自分の母ちゃんの偉大さにも気付かされました。
親孝行せんと。
りこ

りこの感想・評価

4.5
宮沢りえさんの「強い母」がとても素敵だった。
こんなに向き合う強さを感じる人ってなかなかいない。目が反らせない程の強さ。
グッとくるシーンがたくさんあって、色んな場面が胸に突き刺さった。

杉咲花さんの演技もとてもよくて。
感情が伝わってくる。

『あの人の為ならなんでもしてあげたくなる、それはその何倍もしてもらってると感じているから』
私もそんな人になりたいと思った。
大きな愛を持って生きたい!

最後のシーンは衝撃的!
あ~そういう事か!って思うと同時に、宮沢りえさん演じるお母ちゃんそのものだと思いました。とても素敵な映画