湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

    詰め込みすぎてて気持ちが入り込めなかった
    としき
    3.0
    家族関係が複雑な設定で悲しいお話ではあるが特に物語として新しさは無いような印象でした。

    また母の性格は少々荒々しくて理解できない部分もありました。

    そんな感じで物語中盤まではあんまり面白くないなぁーと思っていたのですが、終盤の展開が予想の斜め上を行く感じで、演出も良かったです。

    特に母が残される家族の今後の為に、厳しくも優しく残された時間をフルに使って自分が死んだ後の為に絆を深めさせようとする様子が映画全体を通してひしひしと伝わり、すごい人だと思いました。

    結果、ラストは色々考えるところがあるのと同時に気持ちよく見終わる事が出来たので見てよかったかなと思います。
    OT
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    色々思うことがありすぎて書けません。ゆっくりと味わっていきます。
    自分の中で好き嫌いや良い悪いで評価すると陳腐になってしまう気がする。



    (追記・読まなくて良いです)
    (めっちゃ書いてるやないかい)

    安澄が学校に行かないと言った時に双葉が「お母ちゃんとなんにも変わらないよ」と言ったのが印象的だった。
    そこからふと思ったのが、双葉の周りの人たちって実は何かから逃げている人たちばかりだな、と。
    夫の一浩は双葉に苦労をかけさせてしまったことから、安澄はいじめから、鮎子は幸野家と母親が迎えに来ないことから、拓海は父や継母や生きる目的から、探偵の滝本は娘に母親は死んで戻ってこないと言わなくてはいけないことから、酒巻君江は安澄の子育てから、さらには双葉の母は双葉から。
    語られてはいないがもしかしたら双葉だって逃げたことがあるのかもしれない。おそらくそうだろう。作中では末期ガンとわかったから行動したからで、それまでは放置していた・見過ごしていた。夫のこと、安澄のこと、酒巻君江のこと、自分の母親のこと、風呂屋のこと。
    鮎子のことはガンと分かってからだが、それは彼女が変わる二つ目のきっかけだった。お金を盗んでいるところを見て、リュックの中の手紙も読んだけど、それで何もしなかった。その結果幸野家を出て元の家に戻ってしまった。夜1人、限界までトイレを我慢して家の前で座り込んでた。ただ母親を待つために。翌朝の鮎子の涙を見てお願いを聞いて、次に声をかけるまでにほんの一瞬時間が空く。ここで彼女はきっと自分も変わろうとさらに決心したんだと思う。鮎子がいなかったらこの話は、風呂屋を再開し安澄をいじめに立ち向かわせたまでで終わっていたはずだろう。
    みんなそれぞれの事情で現実を受け入れられなくて自分が安全に過ごせる場所に隠れてしまっている。双葉はそんな自分を含め彼らを今度は見過ごすわけにはいかなかった。みんなに後悔して欲しくなかったから。今まで見ないふりをして後悔していたけど、それらを残して死にたくはないから。
    この作品は僕らの被っている布団を無理矢理引っぺがしてこう言うのだ。
    「逃げないで立ち向かえ!さもないと後悔したまま死ぬぞ!」って。



    (蛇足・読まなくて良いです)

    ラストの意味を畏れながら自分なりに考えてみます。
    風呂場並びに風呂屋というのは主人公・双葉にとってかけがえのないものでした。その描写は随所に見られ、例えばガンを宣告されて愕然としたときに子・安澄にすら言わず使っていない湯船に引きこもります。また、夫とピラミッドの件で会話する場面・夫が連れてきた鮎子がいなくなった時では脱衣所で会話しますし、更には余命幾ばくかが判明した際に真っ先にしたのが風呂を焚ける夫を連れ戻したことでした。
    以上のことを鑑みれば彼女を風呂=家族を支えている空間を愛していたといっても過言ではないでしょう。彼女にお世話になった人たちは決して火葬にかけるお金を出し惜しんだ訳ではなく、彼女のためを思ってしたことのはずです。もしかしたら彼女の遺言なのかもしれません。(一浩が滝本に我儘に付き合わせちゃってすみませんって言ってますし。)
    彼女が燃料となり沸いたお湯に入った「家族」たちは「あったかい」と様々な感情を込めて呟きます。(ここで「家族」しか入らないからこそ良いですよね。鮎子がお姉ちゃんと呼ぶところでもう駄目だったんですけど僕。)
    見上げた煙突からでた煙は彼女が好きな「情熱の赤」、文字通り家族を包み込む『湯を沸かすほどの熱い愛』は幕を閉じるわけです。
    ぐっち
    5.0
    泣き続けた。母親としての宮沢りえが本当に素晴らしかった。
    YushiKonta
    4.1
    久しぶりに邦画みたけどほんとに感動した
    宮沢りえのお母さん役と杉咲花の娘役がすごくいい
    ところどころ伏線のようなものがあったり、えっ?ってなるとこもあるけど普通に感動する映画
    Kodama
    5.0
    5点、つけます!!!!!

    こんな泣いた映画、初めてかもしれません。

    いや、僕は涙もろい方なので、よく泣きますが、こんなにも泣くポイントが多く、何度も泣いたのは初めてかもしれません。

    こんなにも泣けるのは、僕に2人の息子がいるからなのか・・・、いや、決してそれだけではないですね。

    子供として、大人として、親として、人間として・・・あらゆる視点から共感できる映画なんだと思います。

    究極の万人受け映画、ですね。

    キャストみんな素晴らしいですが、
    なんといっても、杉咲花!!! すごいですね 彼女は・・・
    あの歳で、あの演技・・・すごい。


    ちょっと気になったのは、フォロワーさんでも指摘してた方いましたが、
    いじめを受けてるアズミへの母ちゃんの対応。
    逃げて欲しくない、私が生きてるうちに強くなってほしい、という気持ちは分かるけど、もうちょっと配慮というか、そういったシーンも少し入れて欲しかったですね。あえて割愛したのかもですが。


    好きなシーンは、窓ガラスに石ぶん投げるとこですね。 フタバ、グッジョブでした(笑)

    あ、あと、父ちゃん、フタバあんな状態なのに気が合うからってタクミと2人でスナック行ってんじゃねーよ(笑)


    生き方、在り方を考えさせられました。

    生涯忘れられない映画に出会えました。
    ringo
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    ブラックマヨネーズ吉田がテレビで始めから最後まで泣けると賞賛していたので鑑賞しようと思った。今まで見た映画の中で最高傑作。「母ちゃんの遺伝子ちょっとだけあった」が伏線とは思わなかった。杉咲花の演技力神。彼女が泣くシーンでは大概泣かされた。こらえながら泣くと言う演技100点
    Tshin
    2.0
    ちょっと僕にはわからない 一切涙が出なかった

    とにかくこの映画は役者の演技に脱帽するばかりでとても素晴らしい

    だけどどうにも話が入ってこない
    余命宣告受けたら願いが叶う、叶いにいくってのもうやめない?
    ラストにいたってはどうにも受け入れられない
    そんなにケチな家庭だったのかな・・・

    節約の知恵が恐ろしくあって、うちはこんな肉でしかしゃぶしゃぶ食べれないの!強く生きろ!みたいなことがあってラストの節約なら
    彼女らしいなーってなるようなならないような
    感動というよりちょっとカルトの匂いがする
    mikiwwww
    3.8
    泣けたー

    2017.6