湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

ますみ

ますみの感想・評価

4.5
宮沢りえ偉大すぎる

愛ってこういうことか


もっかいみたい
かず

かずの感想・評価

4.7
涙が止まらなかった。
双葉の強さに皆がひかれていく理由がわかる。
その人のことを思うからこそ厳しくあたる。これが出来る人が本当に優しい人なのだろう。
大可大

大可大の感想・評価

4.2
悲しみを徹底して描かないのは母の強さを現してるなぁ。。
これもまたタイトルが秀逸。
はるき

はるきの感想・評価

4.5
泣きすぎた。
映画見てここまで泣いたのは初めてですね。
お母さんの事大切にしようと思いました。
monja

monjaの感想・評価

4.5
母親もこの映画を観たらしく、母親が16歳の頃に祖母が同じように末期癌で苦しみながら他界して、思春期の辛さを思い出したって言っていた。
家族に血の繋がりなんて関係ないな。
最後に無茶なお願いって言ってたから風呂を沸かす時お母ちゃんも一緒に燃やしたのかな。

このレビューはネタバレを含みます

・まず言いたい。めちゃくちゃ良い映画だった。素晴らしい作品だと思います。オススメです!(宇多丸さんの真似)

・いきなりヘヴィな展開でかなり参ったけど、これ以上落ちることはないかなと思うと、少し気が楽になってわくわくしながら観れた。一番最初に主役が死ぬって宣言される作品ってあんまないような。

・オダギリジョーってめちゃくちゃ良い俳優さんですね。ってか浮浪者の役、いい意味で似合いすぎ。実際は香椎由宇と幸せなのに。笑 圧倒的存在感だわ。

・結果はともかく宮沢りえのやり方には反対。娘に学校に行っていじめに立ち向かえなどと言うなんて馬鹿らしい。結構イライラした。

・「死んだら、全部許すから、後のこと宜しくお願いします」なんてことをパートナーに言われたら、もうね、やるしかないよね。宮沢りえの呪い。

・ピラミッドはやめろ。俺はそういうの大好きだ。

・愛のゆくえがいい曲すぎる。きのこ帝国いい仕事してますね。最初はロンググッドバイを主題歌に使うつもりらしかったですが、こっちで良かった!
すごくすごく悲しい話なのに笑わせてくるシーンがあるのが救いだな
でも人生ってそんなものだ
悲壮感だけでは終わらない人間の強さ
どうしようもなく泣きました
Mizumo

Mizumoの感想・評価

5.0
こんなに泣いた映画は初めて。本当に湯を沸かすほどの熱い愛があった。
泣いた

めっちゃ泣いた

しかも飛行機内で笑
隣に座ってたおじさまたち
驚かせてほんとごめんなさい

マスクの下で号泣してたのは私です

家族だなあ
と思った
すごく家族
途中から涙が止まらなかった。
お母ちゃんの愛、お母ちゃんを想うみんなの愛、心温まる作品だった。
ただラストは衝撃だったかな…。