湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

-
全員が演技うまくてびっくりした!!
宮沢りえと杉咲花やばいな、、、
やっぱり演技が上手いこと大事な条件すぎると思った。
伏線立てるの上手やった!
けど設定がごちゃごちゃしていて難しい、、、
O

Oの感想・評価

4.0
杉咲花ちゃんのお母ちゃん呼びが身に染みる。
強い芯のある映画には間違いない。

日常、を淡々と描いてて落ち着くなあって思えるのはやっぱり日本に住んでるからなのかな。

立て続けに観てる日本映画にぐっときててちょっと興奮を隠しきれない。

宮沢りえは勿論の事、一人一人の演技がすごい良い。

杉咲花ちゃんは声も良いし存在感も良い。将来が楽しみだ、へへへ(わたし誰)

しかしオダジョーのお父さんが似合わないというかだからこそこの配役なのかなって気もするが。

子どもの前では決して弱音を吐かず、自分の生きる意味とかやるべき事を明確に示してて最後まで芯の強いお母ちゃんでいたことがすごくかっこいいと思った。

逃げちゃだめ、立ち向かわなきゃ
分かってる分かってないよ、の言い合いが迫真だった。

ラストにかけて色々衝撃な展開が多くてちょっと追いつかなかった。

湯を沸かすほどの熱い愛ていうタイトルあってのこの映画であって、韓国版だと행복 목욕탕(幸せの湯)となっているらしく、そんな呑気なタイトルではこの映画の意味がぼんやりするのでは?ともやもやしてしまった。
Matsuzoh

Matsuzohの感想・評価

4.9
がん患者として、余命宣告こそまだまだな状況ながら、いろいろ見ているがん余命もの・・・
いやあ、これはささやかながらも熱かった

できる範囲でできるだけのことをし尽くす・・・その熱さには勇気もらいます

いろいろと複雑な家族の形を、熱く結び直す・・・愛ですねえ

展開は最後までいろいろと意外で、ちょっと、ん?さすがにそれは乱暴な・・・というところもいくつかありますが、限られた時間の中での熱さゆえ・・・と思えば、受け止められた感じでした

下の娘役、メリハリが効いてて良かったなあ

その子にも、他にもいろいろ泣かされました

いろいろ見てきた、がん余命ものの中でもトップクラスによかったです
whiteme

whitemeの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

この作品をやっかいな作品ですね。

家族愛(昭和以前の母親像、いじめ問題などなど。

でも、この映画のいろいろ見聞きしているうちに、前半は卑猥で、ラストのオチが、学生時代のオチの使い回しって、まぁ、そんな感じのお下品さに、個人的には嫌悪感が残るものでした。

泣けた反面、DVD の副音声での監督コメンタリーを聞いてしまうと、そんなノリで作ったの。。。みたいな。

役者の演技力に救われている映画。

 話として良かったのは、安澄と実母のエピソード。
 手話のシーン。泣けました。

 ・泣き演技は、役者全員良かったです。
 ・駿河太郎、鶴瓶の子供か。。。
 ・宮沢りえの病床、
  自分お知人も、たしかに、がん患者そうでした。

違和感
 ・ジャージ脱ぐ
 ・パンツ脱がす、
  パンツ脱がして、放置する。
  (ふつう拾うでしょ)
 ・運転する
 ・桃李とハグする
 ・犬の置物を元気に投げつける
 ・自分焼いちゃう
 ・笑顔でその湯につかる

個人的に、この監督、ノリがキモい。
さおり

さおりの感想・評価

3.9
ラストにタイトルコールを持ってくる演出が好きです。
無意味にこの演出を使う映画も多いけど、これは完璧。がっつり爪痕を残されます。
ただラストの展開はちょっと引いた。
niconico

niconicoの感想・評価

4.5
宮沢りえさん、双葉役に完璧にハマってる。素晴らしい。
ホントにいろいろな問題を抱えた複雑な家庭なんだけど、それを何とか乗り越えて行く。超パワフルだ。
宮沢りえさんだけでなく、他の出演者の方々も最高。コミカルな場面もあるから暗くならない。
観終わって思ったのは、世の中のお母さんはほとんどこんな人ばかりなのかも。少なくとも自分の周りの女性はそうだ。献身的で、いちいち心配するし励ましてくれる。感謝しかない。

このレビューはネタバレを含みます

構成綺麗。
宮沢りえ演じる双葉の人としての魅力と、周りの人がそれに応えるさまがすごく心に響いた。

ラスト15分くらいのシーンが最高に好きです。そこで泣いた。

双葉のお母さんのくだりだけ釈然としなかったなー
あとはオダジョーかっこよすぎ
辛い
すごい
酒入ってたら号泣してた
qa

qaの感想・評価

4.0
映像が美しい。涙が止まらないストーリー。しばらく胸がいっぱいになってしまいます。キャストも本当に凄すぎた!演技で無いといえる