湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

    宮沢りえさん演じる母ちゃんが、お茶目で強くて儚くて素敵なひとだった。最後はおやおやってなるくらいなんとなく微妙だったけど、泣けるいい映画だと思った。
    あんな母ちゃんになりたいな〜
    付き合いで観た。

    ラストまでは良かった。
    ラストまでは。
    泣きすぎた。
    逆に映画館で観なくて良かった。

    なぜ涙が溢れるのか説明することが野暮な気がしてしまうほど泣きました

    なぜオダギリジョーと結婚したのかだけが理解できない映画であった、、そこをもう少し丁寧に描いてくれたら(私が鈍いだけ?)よかったなあ
    放って置けない性格がそうさせたのかなあ
    最後の弔いの仕方と赤い煙の演出以外最高に良かったし、めっちゃ泣いた
    物語としてはとても良い。
    余命を宣告されるとそれまでに身の回りの問題を次々と解決していく。
    自分自身が最も過酷な状況であるにも関わらず他者のことを優先にこのような行動を取っていくことに感動。

    しかし、途中から物語が上手く出来すぎているように感じてしまい、感情移入出来なくなる。。

    深津絵里がサイボーグに見えてきます笑

    ノンフィクションだとしたら、ものすごい!
    日本映画界の最高の感涙感動作と聞いて観てみた。こういうユルい系の日本映画を観るのは本当に久しぶり。

    ゆるふわシュール系と思ってたら、深刻な方に話が振り切って、涙腺が崩壊し始めた頃に、どうしても変な描写が気になり始めて泣けずに終わる。別に泣きたかった訳でもないけど、不完全燃焼感が否めない。

    この作品をホラーと見る人も居るのは納得する。血の繋がらない絆の連鎖を重ねる脚本は上手いし、宮沢りえの演技は無茶苦茶な設定を丸く納める好感度がある。

    それでも、ギャグシーンとベタベタな泣かせシーンを敢えて避けて辿り着いた演出が、感動どころか不可思議な頭のおかしい人々の奇行を見た気分になった。

    後、この手の疑似家族ものは胡散臭い連中がラストに皆で集まるので、自分は不穏な空気しか感じない。

    保険金目当てや、ロリコン、カニバリズム、死霊が見た夢など、様々な解釈を勝手にしてしまって、皆の感動作を個人的に真っ黒に染め上げてしまった。

    でも、色んな解釈が出来る映画って素敵だと思う。いったい何処までが現実だったのだろう?とか考えてみる。