湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

紳士

紳士の感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

全体通して終始いい話なんだけど、これを見てどう感じればいいのか。
いいドラマだよ、そりゃね。。
斜に構えてるわけではないんだけど、なんとも言い難い映画。

唯一あるとすると、最後は遺体を燃やしてその熱でみんなで風呂に入ってるわけだけど、これがかなりやばい。製作側が行き過ぎだ愛情=狂気を演出したわけでないとすると、それが一番怖い。

このレビューはネタバレを含みます

DVDにて。
邦画は長いから1.5倍速で見たけど泣きました。
7人で作るピラミッドで1番泣いたかなー、死にたくないって言葉がもう。。泣
あと最期の涙我慢する演技!
分かるけど!あんな上手く表現するの流石だった!
mak24

mak24の感想・評価

4.0
記録。
病に冒されたときに、落ち込まず、自分のやるべき事をまっとうしたお母ちゃんは、スゴイと思った。
あやこ

あやこの感想・評価

3.3
子供は親を選べない。
そのうえ親を愛さないという選択肢すら与えられないのだなと胸につまされる。

強くて美しい母もまた、
ただ母に愛されたい娘であるという事実。

だからこそ娘の心に深く寄り添うことができるし、
娘の為に何ができるか何を残せるかという愛情だけが彼女を突き動かすのだと思って観ていたが、
次第に娘達を通して愛されたくても愛されなかった小さな自分を抱きしめているように感じた。

欲しかった母の愛
与えたかった母としての愛。

死にたくない、愛されたい、愛したい。

煮えたぎるようなその感情は
愛というよりも、愛への執念かもしれない。
crimson

crimsonの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

きのこ帝国
大好きつながりで興味津々でしたが、地方では公開してくれなかったので、ソフト化されてからの鑑賞に。

いやぁ、お伽話ですよねコレ?

夢物語って意味じゃなくて、普遍的なテーマを基にした寓話って意味でのお伽話です。

宮沢りえの演技も杉咲花の演技も凄い良かった。オダギリジョーがね、これまた燻し銀なんです‼︎

多少の泣かせよう感にさえ目をつぶれば、大傑作だと思います。

だって涙が止まんないんだもん。
誰だ?こんなに泣かそうとあの手のこの手使ってくる奴は⁉︎

家族の絆を描く映画を、ここまで演技達者な役者でやられたら、降参するしかないですわ。
これはいい映画だっ!!!
愛に溢れている!!!

オチまで完璧です
終わり方にヤラレた、かっこいい。終始号泣、愛で溢れてた。"母は正しい"、という考えを私自身持っているからか、不思議な家族に不思議と感情移入出来た。確かにワガママなお母ちゃんかもしれん。だけどあと少しの命と言われて、黙って座ってられる?
宮沢りえさん、杉咲花さんはもちろん、オダギリジョーさんの安定感も良かった。
愛をもらえばもらうほど生きたいと思える。家族っていいね。

このレビューはネタバレを含みます

本当に最後まですごく良かったのに、最後の最後が許せないわたくし
まる

まるの感想・評価

4.2
まさに「湯を沸かすほどの熱い愛」でしたね。

残りの命の期限を知ったからこそ、残される人のために 自分がやっておかなければならないこと をやり遂げる宮沢りえさんの演技、素晴らしかったです。
他の俳優人もいい味だしていて見応えありました。

余命僅かでなければ、蒸発した夫を探しだそうとしなかっただろうし、いじめられている娘を無理やり学校に行かさなかっただろうし適当に生きてる人間に無理にでも目的を与えなかっただろうし、出生の秘密をうち明かす必要もなかったのかもしれない。

その厳しさが最後に残せる愛だと気づくまでは辛かっただろうな。見ている方も辛かったです。


所々笑いもあり、もちろん涙もありで最後まで上手くまとまっていて…とてもいい映画でした。
ohassy

ohassyの感想・評価

4.0
上映中にどうしても都合がつかず、遅まきながら鑑賞しました。
思ってた以上に技巧派のシナリオ。

子役が揃ってとても良かった、杉咲花ちゃんはもう子役ではないけれど評判通りすばらしくて、映画界は新しい宝を手に入れたな。
次はもう主演だ。
あゆこ役もすごく良くて、彼女が父親に旅行のことを伝えにいくシーンが一番好き。とてもかわいい。

宮沢りえ演じるお母ちゃんの完璧さ含めこれはある種のおとぎ話、リアルな描写のフリしたファンタジー。
ちょっとだけウェスアンダーソンぽくもあった、ちょっとだけ。

まあ一言で言えば、湯を沸かすほどの熱い愛の物語ですね!