湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    まりえってぃ
    まりえってぃの感想・レビュー
    3日
    4.0
    ただの親子愛の話かと思っていたら、様々な人を巻き込み、とても感動させられる話だった。主人公がとても魅力的に見えるのは、宮沢りえが素敵な人だからなんじゃないかなと思ってしまうような、素晴らしい演技だった。花ちゃんも良かったー。
    加藤大貴
    加藤大貴の感想・レビュー
    3日
    4.5
    愛とは何か、家族とは何かについて考えさせられる作品。宮沢りえの名演技に思わず男性さえもが「こんなお母ちゃんになりたい!」と思ってしまうこと必至。銭湯が舞台こそのラストシーンは秀逸。
    an
    anの感想・レビュー
    3日
    4.8
    映画館で初めて嗚咽を上げて泣いた。娘の勝負下着のシーンに泣き笑い。最後のシーンはかなり意見が分かれるけど自分的には特に問題なく観れた。フィクションだし、映画だし。
    泣きたい時に観たい1本。
    あつし
    あつしの感想・レビュー
    3日
    4.2
    すごく映画的な、フィクションありきの終わり方がめちゃくちゃ良かった。
    そこへ持っていくための精査された脚本。

    泣きどころがたくさんあるけど、ただ泣かせるための話じゃない。
    死へ向かってる人の、生きるエネルギーはすごいなぁ。
    母によってみんなが温かくなる。

    杉咲花、注目。
    ayk
    aykの感想・レビュー
    3日
    5.0
    めちゃくちゃシンプルやけど
    めちゃくちゃ泣ける作品。

    何があっても逃げたらあかん。
    お母ちゃんがいなくなっても1人で大丈夫なように、いろんな視点で、いろんな言い方で娘に伝えてて、自分もこんな母ちゃんになりたいって思った。

    イジメらめたって誰がみても分かる絵の具のシーン。あそこで母ちゃんが感情的にならんと『その中で一番好きな色は?』って聞いたとき、母ちゃんの強さと優しさを感じた。
    民太郎
    民太郎の感想・レビュー
    3日
    3.5
    宮沢りえの話し方が苦手過ぎて乗り切れなかった…
    「牛乳です!」のなんじゃそりゃ感はじわじわときた。
    miya
    miyaの感想・レビュー
    3日
    4.5
    久々に映画みて号泣した
    オダギリジョー良かったなあ
    ピラミッドのシーンで涙とまらんかった
    Keizysoze
    Keizysozeの感想・レビュー
    3日
    4.1
    【湯を沸かすほどの熱い愛】
    ★★★★☆ 4/5点。 4.1
    2月20日鑑賞。
    2017年 15本目。
    #‎2‎017映画メモ

    機内にて鑑賞。

    最後の最後でタイトルが画面一面に映し出される。
    そしてタイトルの意味が飲み込めるあの気持ち良さ。

    題材は重い。
    末期ガンの嫁
    蒸発した夫
    虐められている娘
    からもう色々と不幸が降って湧いてくる。

    ただ、それを可哀想とは見せないストーリーが素晴らしく、初めから最後まで一切の無駄がなく、意味がある。

    銭湯の張り紙から、絵の具まみれにされた娘への好きな色の話、乗ってる車から煙突の色、娘に手話を教えていた事、要所要所のピラミッド、探偵とヒッチハイカーとの出会いや久し振りの家族旅行等々。

    よく120分で詰め込めたなあ、と感心。

    最後の父ちゃんの提案からはもう号泣確実。
    主人公の宮沢りえをはじめ、
    キャストも豪華。
    それぞれの個性が引き出されていて
    確実に全員の好感度が急騰したわ。

    素晴らしく完成度が高い良作でした。
    shizuka
    shizukaの感想・レビュー
    3日
    4.3
    泣いた 邦画も良いなって思えた
    オダギリジョーだからできる役 ずるいなー
    chanyui
    chanyuiの感想・レビュー
    3日
    4.2
    母と娘が主体のお話なので、女性は弱いんじゃないかと思います。
    レディースデーにはぴったりの作品でした。

    ぼろぼろに傷つくような現実を、泣いては受け入れてぎゅっと抱きしめる。
    どんな弱さも決して見捨てたりせず、真っ直ぐに叱って、そっとそばで温めてくれる。
    愛情ってそういうものかも。

    男性にはない、女性のたくましさが存分に伝わってきます。
    涙が止まりませんでした。


    あと、作品の舞台が足利市でした。なんか見慣れた街並みだと思ったら…驚きです。
    所縁の地がこういう映画に選ぶばれるのって嬉しい。どうせなら撮影見に行きたかった。

    実際に足利市には、幸の湯があります。作中のような昔ながらのお風呂屋さんではなくてスーパー銭湯だけど。個人的にそこがツボでした。
    映画をきっかけに、足利市も賑わえばいいなぁ。