湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    Oghnm
    Oghnmの感想・レビュー
    1日
    5.0
    ✔︎愛することの率直さ、あたたかさ、優しさを伝えてくれて、受け取った。しっかりと。
    ✔︎子どもに対する想い 深さ 希望 願い
    ✔︎宮沢りえが松坂桃李を抱き締めるとこ
    ✔︎まゆちゃんが紅い一輪の花を渡すとこ
    ✔︎出棺のとき
    ✔︎湯を沸かすぐらいの熱い、熱い愛
    ✔︎エンドロールできのこ帝国の愛のゆくえが素晴らしすぎた、久しぶりにたまらなくなってエンドロールで飛び出しそうになった映画
    ✔︎愛 感謝 温もり 抱き締めること
    いけだ
    いけだの感想・レビュー
    1日
    4.5

    わたしの心のお湯も湧いてしまった
    ピラミッドのところは涙が溢れて苦しくなった

    主題歌の歌詞もすんごくよい
    NF
    NFの感想・レビュー
    1日
    4.0
    タイトル通りの熱い、心のこもった作品
    ストレートなドラマでありながら、多少のフックもあって最後まで飽きずに見られた
    ゆめ
    ゆめの感想・レビュー
    1日
    4.0
    泣きました。
    宮沢りえの自分のことより他人のことを考えるところが、私のお母さんにそっくりで重なった。
    こういう人が自然と周りの人を惹きつけるんだよなぁ。
    きたむーB
    きたむーBの感想・レビュー
    1日
    -

    2017/1/14 TOHOシネマズ秋田
    3丁目のタマ
    3丁目のタマの感想・レビュー
    1日
    3.5
    宮沢りえは自然体で素敵。

    ただ、映画において一貫性って大切だと思っていて、どうしても作品の内容と、タイトルと文字体が合わないと思う。確かに宮沢りえ演じる双葉は利他精神が強く情熱を秘めている人、「赤が好き」というセリフもあるけど、着ている服はほとんど青だし彼女自身透明感のあるスッとした雰囲気から、“赤”からは遠い気がする。

    銭湯×疑似家族(映画の題材として数年前から流行っている)で映画を作りたいって気持ちは伝わったけど。他に気になるキーワード(手話、ピラミッド、富士山?(銭湯に描かれているし)、蟹)が多すぎて、いろんなものを盛り込みすぎた感じ。

    やはり物語の雰囲気の一貫性や、全て計算つくされた人物造詣や場面において言語以外で見せてくるのは西川監督や是枝監督の方が断然上手なんだな~と思ってしまった。
    ぱんぱんち
    ぱんぱんちの感想・レビュー
    2日
    4.5
    映画館で鑑賞。じんわりと感動した。自分も頑張らんとなと素直に思った。
    Hello
    Helloの感想・レビュー
    2日
    4.4
    設定渋滞してる感あるけどすごく好きな感じだった。
    強く逞しく凛々しい。ほんで儚い。
    KM
    KMの感想・レビュー
    2日
    4.5
    泣いたわけでもなく、涙を流したわけでもなく、涙が沸いた。愛は無敵。
    まぴ
    まぴの感想・レビュー
    2日
    3.9
    パンツをドアノブにかけるシーン最高。
    ラストのきのこ帝国主題歌の入りに鳥肌。
    悔しいけどスーッと泣けた。泣いたさ。
    子役上手いなぁ。
    もう少しドロッと深く掘り下げてほしい描写もあったかな。色んな要素多くて。
    演出も少し盛り気味なのが気になりギリ星4ついかないということで。