湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

なんかもう言葉に出来ない。
素晴らしかった。
こんな母になりたい。
mone

moneの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ずっと涙の作品です。

いろんな家族の形からの、それぞれの家族愛、血の繋がりだけが家族、親子ではないことを考えさせられるストーリー。

教室で、かあちゃんに買ってもらった下着姿になり、かあちゃんに元気のために貰い飲んだ牛乳を吐くシーン、そこからひとつ壁を乗り越えたんだろうな、、と。

子役の演技にも脱帽。

主人公の救われなさは辛かったけど、最期を素敵な家族と共に過ごせて良かったなぁと思った。


マイベストムービーになりました☆
Nishiyama

Nishiyamaの感想・評価

4.3
愛の形についての映画だと思う。もっと人生経験積むと感じるものも違うのかなと。演技力の高さが光ってる。
TMDiary

TMDiaryの感想・評価

4.0
①役者
杉咲花。展開の強引さにより感じそうになる違和感を消してくれる好感を持てる演技。強い母を演じる宮沢りえとの呼吸が合っていた。
②演出
病院でもう喋れなくなってしまった頃の宮沢りえの画は印象的、というかちょっとリアルで怖い。そういうリアルさが全体の演出としてある映画なのでメールの文章が画面に現れたりするやり方に違和感。けど最後の煙突から赤い煙が出るのをやりたくて途中にも少しだけ非リアルを入れたのかな。エンディングがきのこ帝国でなかなかよい。
③総合
病院でピラミッドを見た後「死にたくない」と泣く姿を見て、むしろそれまではいくつかのやり残したことを達成できれば死んでもいいと思って頑張ってたんだな、と分かった。確かに自分を産んだ親の顔も知らないし、娘の本当の母でもないのだから、家業と家族がもとの姿に戻れば自分がいなくなったって何も影響しない。もとに戻るだけ。けどそうではなかった。たくさん与えてきた愛がそうはさせなかった。きっと死が見えないとできないのだろうけど、相手にとって最も大事なことだけを、最短の方法でやること、それが究極の愛なんだろうと思った。ラストは非常によいシーン。
たく

たくの感想・評価

4.5
代表作になるくらい宮沢りえが良くて、杉咲花もいいし、こんなん絶対泣くわって見てたら最後で全部持ってかれた感じで「小早川家の秋」を連想した。
m

mの感想・評価

3.0
わたしオダギリジョーがすげー好きってことは分かった
血の繋がりって何だ…
くろ

くろの感想・評価

4.8
何度も泣いた。間違いなく今まで見た邦画のNo. 1。
日本の女優は凄い!
lily

lilyの感想・評価

3.9
邦画で泣くことはほぼないのだが、これは泣いた。宮沢りえ、本当に病人みたい。元々細いのにきっとさらに痩せたんだろうな。母として娘に何をしてあげられるか、何を残せるか、精一杯考えての行動。自分に残されたのが限られた未来だと知る人は強い。
オダギリジョーの中途半端なダメ具合がまた良い。父親としてダメダメなのに、あのピラミッドは狡い。松坂桃李のくだりはありきたりだったけど、他人が巻き込まれる展開もきっと必要だったのだろう。
あやか

あやかの感想・評価

2.0
タイトルに込められた意味合いがつよい

きのこ帝国が主題歌なところが自分的に大きかった、愛のゆくえ良かった
rika

rikaの感想・評価

5.0
過去最大に号泣。

伏線も程よくあり、誰もが嘘をついて人生を過ごしていて。
その優しい愛で終始泣いてた。

生きたいという言葉がこんなにも胸に響いたのは初めてかもしれない。