kazata

BOYS/ボーイズのkazataのレビュー・感想・評価

BOYS/ボーイズ(2014年製作の映画)
4.5
いつの間にか日本公開が決定したことを知ったので見返してレビュー。

初恋を通じて主人公少年が自身のセクシュアリティ を自覚する──青春爽やか系BL映画。
(全然ハードなBLじゃないから、少女漫画好きな人にはきっと刺さるはず…)

予告編でも使われている“自転車乗ったままダイブ”のシーンは、「男子ってバカね」が凝縮された名シーンだと思うし、(これまた予告編にある)池に浮かんだ丸太を挟んでのキスシーンは“境界線の揺らぎ”演出が効いた良いシーンですね。
(予告編中のUFOキャッチャー前キスシーンも良き!)
(ファストフード店のキスシーンも良き……っていうかキスシーン多すぎ!!)

何と言っても本作を高く評価できる点は、“言葉じゃなくて映像で表現すること”にとことんこだわった監督の姿勢!
例えば、池の丸太シーンで描かれた“境界線の演出”は、後のトランポリンのシーンで“境界線の喪失”が描かれ、二人の間が気まずくなったらまた“境界線が復活”する……といった感じで、余計な説明台詞は排して大事なところは“絵(映像)で見せる”ところこそに感動しました!
(“○○越しの演出”や反復シーンで乗り物を変えたりする辺りも良き!)
(体育会系男子は感情がモヤモヤした時は“筋トレあるのみ!”という正解例もグッド!!)