ミニー・ゲッツの秘密の作品情報・感想・評価

「ミニー・ゲッツの秘密」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
『ゴーストワールド』ミーツ『ニンフォマニアック』という前評判も頷ける、セックスに絡め取られた十代女子のこんがらがりダイアリー。海外での批評では年間ベスト級に賞賛されていた作品ですが、日本では劇場公開もなくDVDに直送。まあ、それも納得と言うか、どちらかといえば地味なサブカル女子の承認の問題、となると、市場の反応は見込めなかったのだろう。オープニングショットで「今日、私はセックスをした」と始まるのでビックリ。70年代の西海岸、ドラッグとコミックにのめり込んでいく少女の目に映る世界は、虚実入り混じった不安定な代物。それを実写とアニメーションを混合により描き、画面のタッチは悪くない。このくらいの年の女の子は基本、自分がブサイクだと思っているのだろうか、とにかく混乱していて、急激に変わっていく自分の身体の、その大人でも子供でもない半端さに苛立ちながら、ママの彼氏とガッチャン。あるがままの自分を認めてくれるコミックの世界と、あるがままの自分(の身体)を求めてくれるセックスの世界は彼女を救うのだろうか? しかし内面を語るモノローグがいささか多く、「日記」という体裁と整合する場面ならともかく、男と女が握手をするクライマックスの勝負どころで現在形の自分を解説してしまうのは、この監督が観客と映画のいずれをも信頼できてない残念ポイントである。
orimarks

orimarksの感想・評価

2.2
15歳の少女が性に目覚め、ちょっぴり成長するお話。アニメーションと実写を織り交ぜた映像表現は、レトロでポップな印象。
じえり

じえりの感想・評価

2.9
アレクサンダーお茶目なゲス野郎
sunmoon

sunmoonの感想・評価

-
とても良き。サンフランシスコにファッションに映像が好きすぎた。やはり10代は沢山失敗しないとね。
Haruna

Harunaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

まずタイトル、「The diary of a Teenage girl」ティーンエイジャー物好きのわたしにはたまらなすぎる、そして70年代のファッション、雰囲気と音楽とイラストがどつぼすぎたノーブラにタンクトップにジーンズ最高👖、そしてミニーに共感できるところが多かった。、なんとなくみたけど本当見てよかった!すごくすき!I
ggy popのポスターのシーンと友達と音楽流してダンスしてるシーンだいすきすぎる😂😂😂💃💃💃
私には風変わりな面倒くさい子だけど、これは女性だったら気持ちが分かって面白いのかな。
変な恋愛映画。
果林

果林の感想・評価

4.0
"自分がいなくなったら死んじゃうってくらい愛してくれる人と出会えるか"って思うこと沢山あるけど、その虚無感とか虚しさとかを埋めるために自分を犠牲にしちゃだめだなって思った。出会えるかわかんないけど自分が好きな自分でいようっと。
hzk

hzkの感想・評価

-
今より10歳若かったら、この映画を観てどんな感想言うのかなーと思った。
多分ものすごくガーン!とキューン!ときた気がする。
10代の痛々しさ、70年代の雰囲気、アートを織り交ぜた映像なんてトキメクに決まってる!
アラサーの今は、ミニーの若すぎる思想に甘いよお前は、と思いつつ、その青さが羨ましいよ。
「私が消えたら死ぬってくらい愛してくれる人はいるのか」的な台詞は刺さった。
やめて、今の私には痛すぎる。
それにしてもミニー役の子、こんな若い女の子にこんなことさせていいのかと思う体当たり演技だったけど、童顔なだけで意外と年いってて安心しました。
クリステン・ウィグ素敵。好き。
>|