残穢 住んではいけない部屋の作品情報・感想・評価

残穢 住んではいけない部屋2016年製作の映画)

上映日:2016年01月30日

製作国:

3.2

あらすじ

観る者の常識を覆す、衝撃の結末。 小野不由美の傑作小説、待望の初映画化 あなたは、考えたことが、ありますか? 今、自分が住んでいる場所に、 過去どんな人が住み、 どんな事件があったかを・・・。 その「音」を聞くまでは、日常でした——— 小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。 「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」 好奇…

観る者の常識を覆す、衝撃の結末。 小野不由美の傑作小説、待望の初映画化 あなたは、考えたことが、ありますか? 今、自分が住んでいる場所に、 過去どんな人が住み、 どんな事件があったかを・・・。 その「音」を聞くまでは、日常でした——— 小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。 「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」 好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。 すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。 彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。 「私」たちは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着き、 やがて、さらなる事件に巻き込まれていく——。

「残穢 住んではいけない部屋」に投稿された感想・評価

M2

M2の感想・評価

2.8
視覚的、聴覚的な怖さもなく、なんかすっきりしないストーリー。佐々木蔵之介が出てきた時だけ、盛り上がった。
310

310の感想・評価

2.1
自分が住んでる所も昔は何かあったのかなー、とちょっと怖くなる。
途中から話が大きくなって微妙についていけない。笑
余計なことには首突っ込んだらだめだわ。
手繰ってくと繋がるねぇ…

CGの安ぽっさ含めて怖かったです
yu

yuの感想・評価

3.3
ざ、日本のホラーって感じです。
ジワジワくる怖さです
ある不可解な現象をきっかけにその原因の元をたどって、家や地域、あった出来事を調べ真相を確かめに行くミステリーでもある。聞いてはいけないもの、踏み入れてはいけないものって世の中いっぱいあるよなーとしみじみ思った。
日本独特の文化や風土、宗教観念が相まってじっとりとした不気味さを増しています。
ちゃ

ちゃの感想・評価

-
過去の住人を遡ってく感じ、怖いけど知らずにはいられないみたいな感じがよかった。人がついつい怪談話を聞きたくなっちゃう気持ちに沿っているというか。
ラストだけちょっと残念
マンションの一室からはじまるホラーミステリー??
同じ土地に長く住むとやっぱり自分の土地の由縁みたいなものって気になりますよね。
しかし、ああいう住んだらまずい場所ってあるんだろうな。なるべくそっとしておきたいもんです。
オカルトファン目線のミステリー映画なのでこわいとかびっくり系ではなく好奇心がしげきされるとても良い映画
xxkanaxx

xxkanaxxの感想・評価

2.8
記録用🅰
ヤマダ

ヤマダの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

邦画ホラーは驚かせて終わりだけだと思ってたけど(それが好きだったりするんだが)なんか新しい怖さを感じた。

見終わった後も今住んでる土地は昔どんな所だったんだろうとか考えちゃって、なんか結構嫌だった(笑)

1番良かったのは直接表現されてたわけじゃないけど「この映画を見たあなたも`穢れ'に触れてしまったのかも」と思わせるのに鳥肌が立った。タイトルがいい

邦画ホラーでは1番だと思う
>|