残穢 住んではいけない部屋の作品情報・感想・評価

残穢 住んではいけない部屋2016年製作の映画)

上映日:2016年01月30日

製作国:

3.2

あらすじ

観る者の常識を覆す、衝撃の結末。 小野不由美の傑作小説、待望の初映画化 あなたは、考えたことが、ありますか? 今、自分が住んでいる場所に、 過去どんな人が住み、 どんな事件があったかを・・・。 その「音」を聞くまでは、日常でした——— 小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。 「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」 好奇…

観る者の常識を覆す、衝撃の結末。 小野不由美の傑作小説、待望の初映画化 あなたは、考えたことが、ありますか? 今、自分が住んでいる場所に、 過去どんな人が住み、 どんな事件があったかを・・・。 その「音」を聞くまでは、日常でした——— 小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。 「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」 好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。 すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。 彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。 「私」たちは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着き、 やがて、さらなる事件に巻き込まれていく——。

「残穢 住んではいけない部屋」に投稿された感想・評価

M2

M2の感想・評価

2.8
視覚的、聴覚的な怖さもなく、なんかすっきりしないストーリー。佐々木蔵之介が出てきた時だけ、盛り上がった。
炭鉱夫の霊がバイキング小峠にしか見えなくて…


出る度に…



笑えた

エンドロールで思わず小峠の名前探しちゃったw
原作読んでから見ました。
調べていくうちにどんどんわかっていく過程が面白い。
スプラッタとかドッキリ系ホラーを求めるのなら違うかも。
Cinemaboy

Cinemaboyの感想・評価

3.0
序盤は期待したが、それ以降は酷かった。
ui

uiの感想・評価

3.4
自分の好きな、ミステリー×ホラー な映画で、毎年夏が来ると必ず一回は見る、クセになる映画。

最近のホラーは非日常の中で起こる出来事を描いてることが多い気がする。そのせいかリアリティがなくて、あまり怖くない…結局作り物でしょ?みたいに、変に冷める瞬間がある。

でも、残穢で出てくるシーンは、自分の生活パターンと似てたシーンが多くあるせいか(見た当時大学生で市営のアパートで一人暮らしをしていた)、寝る前に映画を思い出してひやっとした。

グロいシーンや、ありがちな怖い顔とかもそんなにないので、ホラー苦手な人にもおススメできる映画です!
makita

makitaの感想・評価

3.7
面白かった。ホラー苦手だけど全然大丈夫でした。
Haki

Hakiの感想・評価

3.5
Jホラーに免疫ないけどもミステリー要素面白かった!!怖くて冷房いらずだし鏡みたら顔真っ青になってた。
ところで自分は幽霊になったとしても無差別に祟ろうなんて思わないなって、そんなことしてる暇あったら映画館タダで入場してる(たぶん映画館の空いてる隣の席とかは幽霊いる)
SFuna

SFunaの感想・評価

4.0
評価低いけど気になったので。
最近観たホラーでは群を抜いて怖かったし、話の進み方も面白かった
自分の住んでる土地にどんな歴史があったのか気になりました。
oyasu

oyasuの感想・評価

3.4
こんなもん見たら、どこにも住めなくなりますよー。
31monks

31monksの感想・評価

3.1
大駱駝鑑
>|