残穢 住んではいけない部屋の作品情報・感想・評価

残穢 住んではいけない部屋2016年製作の映画)

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:107分

3.2

あらすじ

「残穢 住んではいけない部屋」に投稿された感想・評価

くらた

くらたの感想・評価

2.0
2019.05.03 TSUTAYAレンタル

本当に心霊系のホラーだめ、ほんとだめ
暗闇がちょっと怖くなった
20

20の感想・評価

2.9
怖いシーンが少なかったな。ホラーというよりミステリー?
CMでミステリーって言ってたのにー
ホラーじゃないか騙された
ホラー嫌いなのに劇場でみたので
最後までみました

面白かったので許します
大きな音出てびっくり!という怖さではなく、想像を掻き立てるような恐怖を味わった。
じわじわくるホラーで割と好み。自分の家も遡ってみたらと考えると怖くなる。
ちょい役の成田凌
物凄い遡及‼️
何故、夜に行く‼️
元凶は炭鉱‼️
目の保養
何となく観たくなり再観賞。

心霊モノだが、謎解き要素が強くてロジカルに1つずつ解いていってサクサクと真相に近づいていく展開は結構好き。

ちょこちょこと出てくる怖い場面は抑えめな演出で好感が持てたし、回想場面で出てくる高野トシヱの表情がこの映画で一番怖かった。
しかし、盛り上げようとして中途半端になっていた最後の場面は完全に蛇足。
あそこさえ無ければ…。

竹内結子がボソボソしゃべるので聞き取れず、何度もボリューム調整をしながら観ていた。

竹内結子の髪型のイケてなさが絶妙で、キャラクターと合ってるなあと思っていたら、エンドロールで竹内結子専用のヘアスタイリストがいたのが分かり、どうでもいいところで、へー!と思った(笑)



--------ネタバレあり------------






坊さんがあの絵の事を聞かれた時に「焼失したから見た事がない」と言っていたが、エンドロール後にあの絵を見てる坊さん、何で嘘をついてまで隠してたの?
しかも何で坊さんは呪われないの?

あの絵が全ての元凶っぽいから、その辺の真相が全く語られないのはちょっとモヤる。

このレビューはネタバレを含みます

「穢れ」というのは日本人独自の概念だし、そこに注目してホラー映画を作るアイデアは良かったと思う。

途中まではとても面白かった。序盤の伏線も上手く回収出来ていて、当たりかな~と思っていただけに、ラストで思い切り失望。

やっぱり、「決着」はきちんと着けてほしかった。

橋本愛はオカッパのイメージが強いけど、今回はロングヘアー、更におでこを出したりと、髪型だけで新鮮なイメージ。様々な役にチャレンジしていて、今後も楽しみな女優。
>|