残穢 住んではいけない部屋の作品情報・感想・評価

残穢 住んではいけない部屋2016年製作の映画)

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:107分

3.2

あらすじ

「残穢 住んではいけない部屋」に投稿された感想・評価

配達男

配達男の感想・評価

3.5
はじめ バラバラ
だったのが
色々 繋がって
いくのは 素晴らしい

呪いのパワーが
凄すぎて ただ
そこに住んだ
だけなのに
呪われるのは
理不尽ですよね

そんな映画でした

終わり
映画館でも観て、TSUTAYAでレンタルもしたけど、アマゾンプライムで配信されていたので、つい。
ゴーストハントが懐かしい小野不由美さんの原作で、怪談ものが繋がっていくホラー。
びっくりお化け屋敷系のホラーではないけれど、ホラー好きなら間違いなく楽しめる映画。何度か観ててもやっぱり面白い。
もういっそ買おうかと思った。
一つの物語だけど、場面転換や話が進展する度に百物語のようにタイトルが出て来るのが面白い。
派手な音や怖い顔ではなく次々繋がる不気味さで怖がらせてくるのが嬉しい。しかし100分以上あると思うと少し満足出来なかったかもしれない。
MAYAMO

MAYAMOの感想・評価

2.8
なんか最後まで見とかないと怖いの見れない感じだったなぁ
3年たったいまでも半年に1回は見てしまう べつに怖いとかじゃない
ホラー好きだしもっと恐ろしいの知ってるし好きなのもある
日本のホラーでオススメはと言われたら残穢!と胸を張って言うわけではないけど(お化け映像がCGすぎる)、だけど一押しなのはこの映画、残穢だ。
最近ホラー映画はもうトラウマに残らなすぎて残念でホラー小説にやっと手を伸ばし始めて三津田信三にハマりかけたところ、なれない土地の本屋で彼の作品を買おうとしたら見当たらずかわりに残穢の小説を手に取っていた。

この話の入り混じり方のタイプが好きだ
それを映像で見て自分も怪談をコレクションしている気になる。
小さい骨董品屋さんを開いている気になる。

今日もこれからまた残穢を見る
もうこの話に憑かれているのだろうか。
SEKAI91

SEKAI91の感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

ミステリー小説家である私(竹内結子)に、読者の女子大生・久保さん(橋本愛)から自分が住んでいる部屋で変な音がするという手紙が届く。早速二人で調べてみると、そのマンションに以前住んでいた人々が自殺や心中、殺人などの事件を起こしていたことが判明。久保さんの部屋で生じる音の正体、そして一連の事件の謎について調査していく                 
                   
話の結末としては部屋が問題ではなくその土地に問題があったとゆう事でした!
それは話しても聞いても祟られてしまうとゆう事!
正直霊的な物は全然出て来なかったから
そこまで怖さを感じられなかった!
小説向きの作品の気がする!
この作品は過去の歴史を振り返る映画だったのでちょっと難しすぎて好きではないです!
所詮物語なんだけど綺麗に事が繋がってて怖さよりも仕組みとか系譜とかが気になっていたら終わっていた 河童は分かりやすく怪物感があって拍子抜けした
Leiko

Leikoの感想・評価

2.5
文字で読んだ方が怖そう。買おうか悩む……
途中まではゾワゾワとした薄気味の悪いストーリーがテンポよく進んでいたのですが段々とラストに近づくにつれオチが物足りなさを露わにして行く感じが少し残念でした。
>|