Karen

ハッピーアワーのKarenのレビュー・感想・評価

ハッピーアワー(2015年製作の映画)
4.1
5時間17分を3部にわけられてはいるものの、絶対一気にロケ地でもある神戸で観たいと思ってました、すべりこみ!

まあ、なんだろ、わたしは観てて辛かったなあ(笑)
人ってほんとに100人いたら100通りの考え方があって、それって年を取ればとるほどひしひし感じることだと思う。自分の理解の範疇を遥かに超えてくる人とかにも普通に出会う。でもどうしたって自分は自分のやり方しかわからなくて、好きだけど傷つけることでしか伝えられなかったり、あのどうしたらいいのかほんとにわからない八方塞がりな感じがなんとなくわかって苦しくて苦しくて。うまく言葉にできないけれど、その絶望感を突きつけられた感じがすごく辛かった。それでも相手とわかり合いたいと思うのが人間で、なんですかね、もどかしいですね、言葉にするのは下手なので直接話せそうな人にまた感想言いたいと思います。

さくらこの自宅は川村先生の家らしくて(笑)めっちゃいい家やな〜ってずっと思ってました(笑)