クズとブスとゲスの作品情報・感想・評価

「クズとブスとゲス」に投稿された感想・評価

変態だなぁ、お前っ!芸人かっ、お前?芸人なのか?

このパケからしてタイトルを表している。奥田庸介監督自らがゲスグロさを漂わせている。

このあり得ないタイトルに怒りを覚える。クズとゲスは、まぁ、いい。でも、ブスだなんて顔面的欠陥を指摘したタイトルはやめてーっ!

それに、対象者が多すぎて、誰がクズでブスでゲスだかわからない。普通な人が登場しない。この不親切な作品はなぁ〜にぃ〜っ?

先の展開が読めないバイオレンスな人間ドラマに惹き込まれる。底辺層の人々同士のマグマのような熱いバトルが繰り広げられる。これは本当にゲスい!

クズ!ブス!ゲス!クズ!ブス!ゲス!ブスガス爆発!うーん、癖になる響きだ。

クズ、ブス、ゲスにクモが入ってなくて本当に良かったぁ、バッキャ…じゃなくありがとよっ!
あー、いるいるこういう不良。淡い。キャリア少ない見たいだし追っかけてみたい監督。
皆さんのレビュー見てレンタル

DVDのジャケットは主演も努めた奥田庸介監督の鼻ピアスした上半身裸の姿
この地点で借りるのやめた人も多いのでは笑

ストーリーはクズでゲス過ぎて無茶苦茶です
主人公がここまで最低なのも今まで観た中で一二を争うかも。。「ソドムの市」以来かも笑

暴力シーンは、ほぼガチで救急車で運ばれたりしたそうで🚑
出演者がほぼ全員最低で最底辺

自分の母親の指を包丁で落とそうとするシーン
本来なら最低だがこの映画だと途中で止めたのでまだ良心の欠片があったのかと逆に感心したり笑
ジャンキーが一番まともなこと言っていたり笑

クズとゲスはどう違うのか考えたりしました笑
バーテンダーの妊娠している彼女が一番嫌いです笑

監督の他の作品も観てみます!
ArcherK

ArcherKの感想・評価

3.5
タイトルのまんま。でも、言うほどゲスではなく、ヒロインはブスって言うほどでは無かった。 よって、クズの話。
クズだった!

でもクズを突き通す、強さ。

大嫌いだし、こんな人間はゆるさないが、だからこそ目が離せない映画。

してやられた。
ずっと暴力と思いきや
普通の日常シーンも多く
自分的にはガッツリ
暴力ほしかったかな!

主人公のスキンヘッドの
目の据わりや
言動や振る舞い
ヤバさ半端ない!

喫茶店の女性に
絡むシーンとかリアルに
「こんなハゲおったら、面倒くさいなー」
ってつい考えてまう(゚口゚;)

ブスがずっとなぜか一番最初に出てきたオンナだと思っては?全然ブスじゃねーじゃんむしろ綺麗じゃねーかと思ってて見てて次いつ出るんだよ全然スポット当たらねえじゃんって、、後半で気づいた(笑)
てかブス不死身すぎん??(笑)
後半ネタかと思っちまったぜ

ヤクザがペコペコしてる時、社会階級ピラミッドがみえた、表社会と裏社会って生きてる世界が全然違うのかなと感じた

題名も題名だからもっとR指定あげてエグめにきてもいいよなとおもった
Beavis88

Beavis88の感想・評価

4.8
このジャケとタイトルでは、ウッカリと手に取ってしまった事が今から思えば運命だ
なんじゃこりゃ?のひやかし気分で観る
さて...

わぁぁあ((((;゚Д゚)))))))あぁぁぁ
面白い
出だしの頃の入江監督作品を思い出した
出だしは『市川一家4人殺害事件』かな?とあたりを付けて見始めたら完全オリジナルでした
監督兼主演
このヘビィさでは相当キツい現場だったろうなぁ
メイキングがあれば是非観たいw

終盤?に道路でペットボトルにタバコで大笑いするシーン
終わり?って思った
正直あそこで終わってもOKやってんけどなぁ
そこから急にエンタな映画になったというw
クラウドファンディングで創ったという今作
すっかり奥田庸介の虜になった
機会があれば是非観てほしい
人の暴力を見る事を楽しめないので。
T

Tの感想・評価

2.5
バイオレンス物。

タイトルに偽りなし(ブスはわからない)のクズとゲスな映画。

出てくる登場人物がすべてクズなので、性が合わない人には耐えられない映画かもしれない。
見ててイライラするのは、演出がうまいのか、それとも心理的なものなのかわからないが、とにかくクズっぷりはすごい。
内容的には良いのだが、ただ長く感じる。
もう少し短くまとまれば、見やすく感じた。

終盤に、チンピラの兄ちゃんが拷問用倉庫でボコボコにされるのだが、事が終わって倉庫から出るときには、顔の腫れも服装もそれなりにきれいになっている所に違和感を感じた。

最後は終わった感あるが、後が心配になるなぁ
>|