パッセンジャー(2016年製作の映画)

Passengers

上映日:2017年03月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:116分
    監督
    モルテン・ティルドゥム
    脚本
    ジョン・スペイツ
    キャスト
    クリス・プラット
    ジェニファー・ローレンス
    マイケル・シーン
    ローレンス・フィッシュバーン
    オーロラ・ロビンソン・ペリノー
    アンディ・ガルシア
    キンバリー・バチスタ
    フレッド・メラメッド
    マリー・バーク
    あらすじ
    20××年――新たなる居住地を目指し、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。目的地の惑星到着まで120年。冬眠装置で眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。90年も早く――。エンジニアのジムと作家のオーロラは絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。なんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく――。

    「パッセンジャー」に投稿された感想・レビュー

    Aaaaaaam
    Aaaaaaamの感想・レビュー
    8時間
    1.0

    このレビューはネタバレを含みます

    話は面白かったけど自分の中の倫理観にあわなかった。

    とにかく主人公の男の仕打ちが不快だった。あれは恋愛ではなく吊り橋効果。
    よくもあそこで殺さなかったな、あんな被害者ヅラされたら殺すか死ぬしかなくない…?主人公の境遇は哀れだけど、だからってオーロラが目覚める理由にもならないし、本当に彼女の人生を思って共に歩みたいと思うなら、自分から打ち明けるべきで、あれはホラー……よくも許してくれと船内放送できるな……。自分の倫理的に受け付けなかった……とにかく、なにしても主人公が本当に無理で、目覚めたオーロラを前にしてためらいもなく工具を手にとって気づかれる前に消えていくところは罪悪感のかけらもないし、オーロラと付き合い始めても罪悪感のかけらもない…。オーロラが苦しむ姿になにも感じなかったのだろうか。
    nada
    nadaの感想・レビュー
    12時間
    3.7
    どストレートな恋愛……じゃねーのかーい

    まさか、古き良きSFらしい哲学的なテーマを突きつけてくる話とは思いませんでした。

    SFならではの切り口で、人は独りで生きていけるのか、愛とは何か、を問うてくる感じ。
    僕は好きです。
    やしち
    やしちの感想・レビュー
    16時間
    3.8
    数ヶ月前に見た。思ってたよりは面白かったけど、箱庭的世界観なので展開がこうなるかああなるかという選択に狭まれてくるため真新しい感じはしなかった。でもクリス・プラットが可愛いので全てが許される。ヒロインのキャラクターがあまり好きではなかったけど、リアルな状況を設定すれば仕方ないのか…。SFとは思えない設定も多く、純然たる恋愛映画だなぁと思った。
    RyotaMaeshima
    RyotaMaeshimaの感想・レビュー
    17時間
    4.0
    人間にとって一番辛いのはやっぱり孤独なんだなー。

    同じ状況に置かれたら、主人公と同じようような行動をとってしまうと思う。

    軽快な感じではないけど、見終わって面白かったと思う作品だった。
    サンタ
    サンタの感想・レビュー
    21時間
    2.4
    終わり方でげんなり。なんか台無し。
    alabama
    alabamaの感想・レビュー
    23時間
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    宇宙船のデザインが新しくて良い。
    後半も前半の雰囲気で進むと、もうワンランク上の作品になったのでは。
    後半は危機の中からの恋愛始まりのよくあるパターンだけど、宇宙空間の静寂感が楽しめてよい。
    natsumi
    natsumiの感想・レビュー
    1日
    4.0
    これ面白かったー!
    設定がまず間違いないやつね。
    バーテンが怖かった。
    しの
    しのの感想・レビュー
    1日
    3.5
    宇宙船に閉じ込められた男女が絶望の先に自らの人生を切り拓く。本質は「もし無人島に置き去りにされたら?」というよくある思考実験のSF的延長。シンプルさは美徳だが壮大な状況設定のわりに全体的に薄味で、小さくまとまりすぎてる感も否めないが、共感はしやすい。

    本作はSFやロマンスというよりは、シンプルに「宇宙船で死ぬまで一人きりになるとしたらどうするか」という思考実験的な映画として観るべきだ。その状況設定として宇宙空間が、副産物としてロマンスがあるというだけの話だろう。

    また、シンプルを突き通す本作の姿勢は嫌いじゃない。状況設定のシンプルさ、ストーリー展開のシンプルさ、宇宙描写や船内デザインのシンプルさ、そして結末のシンプルさ…。ただ、やっぱりどこかでグッと攻めるパートがあっても良かった。特に終盤はちょっとスムーズに行き過ぎたところはあるし、割と倫理的問題・哲学的問題の根幹に触れる内容を扱っているだけに、その突き詰めが甘いのは非常に物足りなく感じるところだろう。

    本作を観て「運命とは何か」「人生に必要なものはなにか」「愛とは詰まる所エゴなのか」なんてことを考え始めると眠れなくなること請け合いだ。というかほぼそういう楽しみ方しかできない気もするが…。

    (詳しい感想: http://www.shino-hobby.com/posts/2208043)
    祭23
    祭23の感想・レビュー
    1日
    4.1
    予告編にやられたー!

    これは、騙されたわw
    観る価値はある。キャストにお金かけてないだけ映像技術すんばらしい
    >|