パッセンジャーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パッセンジャー2016年製作の映画)

Passengers

上映日:2017年03月24日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

20××年――新たなる居住地を目指し、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。目的地の惑星到着まで120年。冬眠装置で眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。90年も早く――。エンジニアのジムと作家のオーロラは絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。なんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく――。

「パッセンジャー」に投稿された感想・評価

メリ

メリの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

この宇宙船かっこいいなあ、とただただ思った。
プールがきれい。

エレベーターが止まってジムが隙間から頭を出すシーンで、バイオハザード?インビジブル?のワンシーンを思い出してハラハラした。
いみ

いみの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ラスト 彼女は二人で生きることを選んだのだね
よかったよかった。
「僕の地球を守って」という漫画が好きなので宇宙で一人という設定には昔から妙に考えさせられます。
私はどちらかというと主人公の気持ちがわかるので責められない。
一人であの宇宙で宇宙船で生きていくの耐えられない。ちょっと想像しても果てし無い孤独に狂ってしまう。
起こす相手をあれだけ明確に絞りこめたのはちょっと疑問だし
もちろん殺人罪に捉えられるのもわかる。
でも…
神様がアダムとイブを作ったようにやはり人間は一人じゃ生きていけないと思う。
だからラストまでいって初めてこれはラブストーリーなんだなって合点いく。

というか子供は作らなかったのかな?作れなかったのか?
宇宙、宇宙船、船の中のあれこれがデザイン素敵でとても美しかった。
なかなかよかった。
5000人の人達が地球から他の星へ移住するために宇宙船に乗り込みます。
一流ホテル並の素晴らしいプールや豪華バーを備え、全自動床掃除機や食事サーバーが揃う快適な未来の移住船が舞台です。

羽田から奄美大島までは約120分のフライトで一眠りできますが、本船は地球から目的の星まで120年かかるので、専用ポッドでグッスリ眠って快適な空(宙)の旅です。笑
奄美大島に行く人であまり眠くない人は30分で起きちゃっても新聞でも読んでいれば問題ありませんが、本船航行中30年で無理矢理起こされた客はあと90年も何をしていたらよいのでしょうか?
そんなことが起きてしまう欠陥オンボロ宇宙船を壮大なスケールで描く話でした。

何しろ乗客やクルーも間違って起こされた客(クリス・プラット)一人以外は皆グ~スカ寝ているので彼一人が豪華な設備を使い放題です。
シメシメ得したぜ!と思う訳もなく「なんで俺だけ?」と悔し涙を流しながらも一年だけは孤独感に一人耐えて頑張った彼でしたが、あと89年もさすがに堪えきれずにやってはいけないことに手を出してしまいます。

本作で一番感心したのが彼の一年に渡るボッチ感です。
手の届くすぐそこにはグ~スカ眠りながら快適に宙の旅を続ける4999人の人達が居るのに自分一人だけが孤独な死の宣告を受けているという地獄のようなボッチ感が身に染みました。
おそらくその一年の間に己の人生、生きてきた意味などをとことん突き詰めて考えたことでしょう。
惜しむらくは彼の乗船前のヒストリーが語られていたらもっと奥の深い話になっていた気がします。

※無重力状況下でプールってあんなふうになってしまうの?なんか違う気がします。
物理に強い方の意見が聞いてみたい。笑
a

aの感想・評価

3.7
クリスプラットとジェニファーの演技がほんとに好き
キリエ

キリエの感想・評価

3.5

早く起きてしまったのと起こされたのでは全然違うよなぁ
彼がなんで乗ったのかの経緯
あの船の中で2人がどう過ごしたのか
足りない部分は沢山あったけど

このレビューはネタバレを含みます

起こした相手がクリプラじゃなかったら絶望でしかない
クリプラが!かわいすぎるぅぅぅぅぅ!!!!コロニーの世界観とかが結構好きなので楽しめました。ただ、植物のくだりはあんま納得いってないよ…バラに木に鳥に…………そしてなかなかの主人公補正の乱用っぷりでしたな。CGで作るからこその映像美はよかったです。特に無重力プールはよかった。
絶望を越えた先の愛を感じた
なめ

なめの感想・評価

3.2
「愛って所詮そんなもの」っていう皮肉なら高評価。
「愛って素晴らしいでしょ?」なテーマだったら薄っぺらい。
どちらか分からないので、このスコア。

以下当時のツイート

作品としては良いと思うけど、想像してたのと違いすぎた。てか、ソニーピクチャーズのストーリー紹介に騙されましたね。
公式ホムペも、映画観ずに作らされてんだろうな、と日本のサラリーマンの悲哀を感じずにはいられない…
悪い作品ではないと思います、念のため!

ツイッターではちゃんと「ラブストーリー」って宣伝してたんだな。
公式ホムペ見ただけだったからサスペンス、ミステリーを想像してた。
主演の二人が好きな俳優さんなので、その点では満足です。

風呂に浸かりながら考えた。
ラブ好きな人は泣けるだろうし、そうでない人は「恋愛って結局それな」と納得するだろうし。
ものすごく深い作品かもしれないし、そんなこと全く意図していないかもしれない。

違うスタジオに案内されて、開始数分見られなかったのは不幸中の幸いだったのかな。
それでも途中で「故障かよ!」って突っ込んだけど。

確かに引き込まれ感のない作品でした。
後の方で真実が明かされたら、サイコホラーの良作になったかも(笑)
何を狙ったのか深読みしてしまいますが、何も狙ってない可能性も…
yorikom

yorikomの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

恋愛映画ではない笑
一人が孤独だとしても、やはり見ず知らずの人の運命を変えてしまうのはどうかな。途中でオーロラがその事実に気づいて(ジェニファーローレンスの怒りと悲壮感の演技は見事)、色々なアクシデントを乗り越えて、二人の人生を送りましたエンドは、少し疑問。。
宇宙船デザインかっこいい!