ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

上映日:2016年04月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:103分
    監督
    小泉徳宏
    キャスト
    広瀬すず
    野村周平
    真剣佑
    上白石萌音
    矢本悠馬
    森永悠希
    清水尋也
    坂口涼太郎
    松岡茉優
    松田美由紀
    國村隼
    あらすじ
    千早・太一・新は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作る。創部一年ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。都大会優勝をなしとげた。 舞台はいよいよ全国大会へ—-。 新に都大会優勝を報告する千早に、思わぬ新の告白「俺、かるたはもうやらん・・・」。 ショックを受ける千早だが、全国大会へ向けて仲間たちと懸命に練習に励む。そんな中、千早は、同級生ながら最強のクイーンと呼ばれる若宮詩暢の存在を知る。全国大会の個人戦で詩暢と対決する可能性がある。新に会って「強くなったな」って言われたい、詩暢に勝てばもう一度新とかるたを取れるかもしれない…!「クイーンに勝ちたい。」千早の気持ちは次第に詩暢にとらわれ、“競技かるた部”の仲間たちから離れていってしまう。そして、そんな千早の目を覚まさせようとする太一。千早、太一、新の気持ちが少しずつバラバラになっていく・・・。 果たして、全国大会の行方は? 今、泣きたくなるほど熱いクライマックスの、幕が上がるー!!!

    「ちはやふる 下の句」に投稿された感想・レビュー

    m
    mの感想・レビュー
    2時間
    3.7
    あんなに真っ直ぐで純粋で一生懸命な子、近くにいたら好きになっちゃうよなあ〜〜。授業終わりのチャイムとか屋上とかもうそういうの全部まとめてキラキラしてる!!高校生って最高!!
    いの
    いのの感想・レビュー
    4時間
    -
    主役の千早(広瀬すず)が、競技の最中に立ち上がる。深く呼吸する。目を閉じて思い出す。最もかるたが楽しかった時のことを。競技の流れを変えるために。


    個人戦もまた、団体戦である。


    よく言われる言葉なのに、國村隼が語ると妙に説得力があり、この言葉に私は深く同意した。

    ちゃんと一人のヒトとして、自分の足でしっかりと立ち(自立して)、そのうえで人と手をつないで生きていけたらいい。そのことを自らの理想(?)としてここまで生きてきた自分にとって、〈個人戦もまた団体戦〉の場面は、そのことを具現化しているように、私には思えた。


    だからこそ、最もかるたが楽しかったことを千早が思い出すシーンで、幼き3人でのシーンを思い出すだけでなく、それにプラスして高校でみんなと練習しているシーンも思い出して欲しかった。それがあれば、集団が個人を支え、個人が集団を励ますことがより印象的になったと思う。いつも思い出すのは、千早・太一・新の3人の場面だったら、高校で部活動をする意味がなくなってしまうし、脇役がただの添え物になってしまうと思うから。原作を読んでいないのでまちがっているのかもしれないけど。

    松岡茉優がとても良い。不敵な笑みに瞬殺されたい。
    り
    の感想・レビュー
    20時間
    3.2
    2017.03.27
    2MO
    2MOの感想・レビュー
    22時間
    4.0
    それを卒業すべき成長過程に過ぎないとする生き方を選ぶ者にとっては、もはや人生に何ら必要のない幼稚な歌なのかもしれない。だが、終わらない青春を生きようと願う者は、青春映画に心の友を探し続けるのである。

    私が私である理由。思春期に限らず、あらゆる事柄に問いかけられる目的の理由。選び取った人生の意味。
    どこかで分流した道を歩む友の面影、心の故郷に知った喜びや安らぎが、悩み荒ぶる情動の中心に一本の芯を通らせる。
    “ちはやぶる”情熱は絶えない。
    今が一番楽しい人生をもっと、もっと。一生青春の仲間をもっと、もっと。

    前段と後段で糸のように繋がる言の葉の意味。上の句が下の句に結ばれる、深化した「好き」のメッセージ。清く正しく楽しく美しい「凜」のイメージ。
    baron0824
    baron0824の感想・レビュー
    23時間
    3.5
    同い年の圧倒的強さを誇るクイーン。若宮詩暢。松岡茉優さんほんとドンピシャ!あの妖艶な笑みが実に良かった。(上の句と比べたらスピードダウンしてしまった部分はあったけど、クイーンに全て持ってかれるぐらい下の句は松岡茉優さんの見応えが半端ない。)上の句と下の句通して、漫画と映画を比べてしまうシーンが何度かあったけど、映画は映画として楽しめたから結果的に○。次も楽しみだな〜
    yuna
    yunaの感想・レビュー
    1日
    4.0
    しのぶちゃん最高だった。
    楽しそうにカルタをする千早が一番好きだ。2人の対決シーンはどっちもかっこよすぎていくらでも見ていられそうだった。
    原作読み直そう〜。
    ryu
    ryuの感想・レビュー
    1日
    3.4
    記録
    リンゴォ
    リンゴォの感想・レビュー
    1日
    2.7
    女優バトル。

    敵役が良くないと主役は活きてこないが、松岡茉優の憎らしさは素晴らしかった。
    マックス
    マックスの感想・レビュー
    1日
    3.0
    「上の旬」の方がまとまりがあって良かったかな。松岡茉優さんがクイーンらしい堂々とした演技で良かったです。
    >|