ちはやふる 下の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 下の句2016年製作の映画)

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:103分

3.7

あらすじ

千早・太一・新は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作る。創部一年ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。都大会優勝をなしとげた。 舞台はいよいよ全国大会へ—-。 新に都大会優勝を報告する千早に、…

千早・太一・新は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作る。創部一年ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。都大会優勝をなしとげた。 舞台はいよいよ全国大会へ—-。 新に都大会優勝を報告する千早に、思わぬ新の告白「俺、かるたはもうやらん・・・」。 ショックを受ける千早だが、全国大会へ向けて仲間たちと懸命に練習に励む。そんな中、千早は、同級生ながら最強のクイーンと呼ばれる若宮詩暢の存在を知る。全国大会の個人戦で詩暢と対決する可能性がある。新に会って「強くなったな」って言われたい、詩暢に勝てばもう一度新とかるたを取れるかもしれない…!「クイーンに勝ちたい。」千早の気持ちは次第に詩暢にとらわれ、“競技かるた部”の仲間たちから離れていってしまう。そして、そんな千早の目を覚まさせようとする太一。千早、太一、新の気持ちが少しずつバラバラになっていく・・・。 果たして、全国大会の行方は? 今、泣きたくなるほど熱いクライマックスの、幕が上がるー!!!

「ちはやふる 下の句」に投稿された感想・評価

yamasan

yamasanの感想・評価

3.5
私にとってのかるたって…

まわりが見えなくなり、もがき苦しむすずちゃんが今回は見れます。これまたキュート。こりゃもう存在自体ということやな笑

♪ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは
※竜田川が紅葉でこれほどまでに真っ赤に染まる様は神様がいた神話の時代でもなかったのではないか

クイーンの圧倒的な強さを前に善戦する千早の姿はクイーンをも一瞬たじろがせるもの。こんなことは今まで見たことがない…といった勝手な解釈( ̄▽ ̄;)

クイーンの次元の違うかるたを見せつけられ茫然自失。からの目を覚まし楽しみながら戦う千早の姿が勇ましい。
かな「机くん、肉まんくん、見えますか?」
肉まんくん「綾瀬がドタバタしてない」
机くん「ああやっと意味が分かったよ」
かな「はい。あれがちはやぶる…ですよ」
鳥肌もん!!めちゃいいシーンでした。

松岡茉優のクールでSっ気のあるキャラ大好物(^ω^)からの限定おめかしダディベアタオルに反応しまくり、スノー丸Tシャツをジャージにinしてしまうダサさとのギャップが超おもろい。存在感抜群でした!!
おまけにクイーンとの戦いで抜け殻にされてしまった肉まんくんに笑

人にとって物事をやる理由は様々。それぞれの生き方生き様がそこには表れる。自分の為、大切な人の為、仲間の為…。
正解はない。でもひとつじゃなくてもいい。ひとりで背負わなくてもいい。
いろいろ気づかせてくれる作品です。

続きはしばらくおあずけやけど、
結びにつづくー
yukinoko

yukinokoの感想・評価

3.5
一回も勝ってない…
松岡茉優が最高に良い。
とにかく広瀬すずかわいすぎ系
環

環の感想・評価

3.0
松岡茉優かわいすぎるーーー!袴姿綺麗だったなぁ。広瀬すずと松岡茉優が対戦してるシーンはほんと絵になる…
いい意味で青春マンガの実写化!って感じで、役者さんみんな若くてキラキラしててよかった。

ただマジで野村周平の笑いの演技はもうちょっとどうにかならないのか。
原作をアレンジし過ぎてて興醒め。かなちゃん役の子の目力というか面力はルー大柴に匹敵か。
ま

まの感想・評価

4.0
上の句と続けてみました!

松岡茉優ちゃんの詩暢ちゃんがめっちゃ良くて!

試合のシーンでみんなの気持ちがつながるところが、かるた部の成長を感じるな〜
まっけんゆうはイケメン
>|