ちはやふる 下の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 下の句2016年製作の映画)

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

3.7

あらすじ

千早・太一・新は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作る。創部一年ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。都大会優勝をなしとげた。 舞台はいよいよ全国大会へ—-。 新に都大会優勝を報告する千早に、…

千早・太一・新は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作る。創部一年ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。都大会優勝をなしとげた。 舞台はいよいよ全国大会へ—-。 新に都大会優勝を報告する千早に、思わぬ新の告白「俺、かるたはもうやらん・・・」。 ショックを受ける千早だが、全国大会へ向けて仲間たちと懸命に練習に励む。そんな中、千早は、同級生ながら最強のクイーンと呼ばれる若宮詩暢の存在を知る。全国大会の個人戦で詩暢と対決する可能性がある。新に会って「強くなったな」って言われたい、詩暢に勝てばもう一度新とかるたを取れるかもしれない…!「クイーンに勝ちたい。」千早の気持ちは次第に詩暢にとらわれ、“競技かるた部”の仲間たちから離れていってしまう。そして、そんな千早の目を覚まさせようとする太一。千早、太一、新の気持ちが少しずつバラバラになっていく・・・。 果たして、全国大会の行方は? 今、泣きたくなるほど熱いクライマックスの、幕が上がるー!!!

「ちはやふる 下の句」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

4.0
2016/05/18(TOHOシネマズ府中)
キタノ

キタノの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

・ストーリーに魅力が無かった

・『主人公が目上の相手を意識して周りに迷惑を掛ける映画』というだけの話

・あまり起承転結も感じなかった

・左利きのクイーンを意識し過ぎてめちゃくちゃになる→反省して仲間に謝る→その後の練習中「俺は右利きだぞ(笑)」←???????

・雨の中濡れながら謝罪という演出は不自然な上に不必要で陳腐であった
実写化なのにやっぱり完成度高いなーと思った。
松岡茉優ちゃん、役がぴったり。
iikimm

iikimmの感想・評価

3.3
福井弁がかわいいな。
かっこよい。
ユリ

ユリの感想・評価

-
映像が綺麗
せい

せいの感想・評価

3.3
完成度は高いけど、個人的には上の句と比べると、熱量が伝わらなかった。
試合の緊張がいまいち伝わらないというか、なんというか……。部員全員が一致団結しているのは微笑ましいけど、物語としては、面白くなくなってしまった気がする。
ただ続編は観たい。
KEN

KENの感想・評価

4.5
上の句と同じくらい最高でした!原作を読んでみたいと思います
>|