ちはやふる 下の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 下の句2016年製作の映画)

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:103分

3.7

あらすじ

千早・太一・新は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作る。創部一年ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。都大会優勝をなしとげた。 舞台はいよいよ全国大会へ—-。 新に都大会優勝を報告する千早に、…

千早・太一・新は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一とともに瑞沢高校“競技かるた部”を作る。創部一年ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークを発揮し、なんとか強豪北央学園に勝利。都大会優勝をなしとげた。 舞台はいよいよ全国大会へ—-。 新に都大会優勝を報告する千早に、思わぬ新の告白「俺、かるたはもうやらん・・・」。 ショックを受ける千早だが、全国大会へ向けて仲間たちと懸命に練習に励む。そんな中、千早は、同級生ながら最強のクイーンと呼ばれる若宮詩暢の存在を知る。全国大会の個人戦で詩暢と対決する可能性がある。新に会って「強くなったな」って言われたい、詩暢に勝てばもう一度新とかるたを取れるかもしれない…!「クイーンに勝ちたい。」千早の気持ちは次第に詩暢にとらわれ、“競技かるた部”の仲間たちから離れていってしまう。そして、そんな千早の目を覚まさせようとする太一。千早、太一、新の気持ちが少しずつバラバラになっていく・・・。 果たして、全国大会の行方は? 今、泣きたくなるほど熱いクライマックスの、幕が上がるー!!!

「ちはやふる 下の句」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

4.0
2016/05/18(TOHOシネマズ府中)
はまち

はまちの感想・評価

3.0
特に観たい作品はないが何となく頭使わずに何か観たいってときあるよね、
わたしそういうときはこうゆう少女マンガ原作のやつ観ます。
いい意味で予想裏切らないし、目の保養になるし。

と思って上下レンタルして観て実際その通りだったんだけど、
でも、ちょっと違うよね?
通常の少女マンガ原作の映画と明らかに差別化を図ったよね?考えすぎ?
だって!
誰もくっつかねぇ!
最後キスして終わる系じゃないの!?
びっくりしたけど潔さは感じた。

百人一首を題材にする、まずその着眼点から通常営業ではないことに気付くべきだったのか?
でも、一応ラブ要素もあるんだよねー、不思議な映画〜。

わたしも小学生の頃、百人一首クラブでした。
たくさん句を覚えたけど意味まで掘り下げたりするほどにはハマらなかったけど。
ほとんど忘れちゃったけど、本編観てて、メンバーが山登って富士山観るシーンで、
田子の浦って聞いた瞬間、
「うちいでてみればしろたえのふじのたかねにゆきはふりつつ」
って口をついて出てほんとびっくりした。
もう何十年と百人一首なんか触れてないのに身体が覚えてた!
すごい、よくわからないけど百人一首てすごい…。
しかも、主題歌をperfumeが歌って、
エンドロールもCGがすごくて、
日本の文化の昔と今とをとてもスタイリッシュに融合させてるあたりが洒落ていた。
そりゃ妙にいろいろ成立しちゃうわ。
日本が好きな外国人にウケそう。
いや、外国人に百人一首は難しすぎる気はするが。
ちはやぶるって英訳できるの?笑

魅せ方も素敵だった。試合のシーンとか、
ああ、スポーツと思って見るとなんとも不思議な感覚だった。
あとなにげに登場人物たちの、心情が細やかに優しく描かれてたのは観てて好感高い。
でもでもやはり主人公が誰ともくっつかず終わる謎。
野村周平、真剣佑、イケメンの無駄遣い…←コラ
と思ったら続編あるのね、ホッ。
ひっぱるよね〜〜笑
mikenekos

mikenekosの感想・評価

3.6
観るきっかけになった松岡茉優が下の句でようやく登場、圧倒的な強さで千早の前に立ちはだかる。原作未読なので比較はできないが、演技も雰囲気も出で立ちも最高。ただ話の熱さ的には上の句に軍配があがるかな。今作はそれぞれのかるたとの向き合い方について描かれていた。観た理由が女優目当てなので何も文句は言えないが、想像以上に面白い作品で良かった。次作が最後になるのかな。楽しみだ。
area48

area48の感想・評価

5.0
なぜ歌留多をやるのか?
千早、新田、太一…
それぞれの歌留多をやる理由に迫っり、団体戦から個人戦にシフトした下の句。

個のチカラで歌留多世界に生きてきた新田と若宮詩暢の変化成長を描いた下の句でもあった。

歌留多を豊かな世界にしているのは仲間を持ったものたちと回答した新田の変化成長、涙をぬぐう彼の姿に貰い泣き。

"みんなとつながる" ため
歌留多をやる意味をみつけた千早の成長で〆て決めたパーフェクトな二部構成。
KEITA

KEITAの感想・評価

4.2
『ちはやふる 上の句』の続編。全国大会への準備と全国大会を描く。
千早(広瀬すず)がクイーン(松岡茉優)に固執してチームをおざなりにしてしまいチーム分裂の危機を迎える場面や、それを乗り越えてチーム力が強まる場面は見応えあり。
松岡茉優がクールビューティーの競技かるたクイーンを怪演。方言もうまい。
重要な場面で必ず出てくる新(真剣佑)もストーリーに深みを持たせる。
たまたまTSUTAYAで借りたDVDだったけど、『上の句』『下の句』ともに非常に面白かった。
ぷー

ぷーの感想・評価

3.3
何かを続ける理由はいくつあってもいいと思わせてくれた。
すみえ

すみえの感想・評価

3.9
吹奏楽部がエールを贈るとこぐっときた。机くんのうたを読む声、めっちゃいい声。
zumin

zuminの感想・評価

3.3
上の句より、かるたシーンが白熱してて面白かった。ヒロインを取り合う幼馴染の構図は少女コミックだなぁと思わされた。続編あったら見たいな。
plantseeds

plantseedsの感想・評価

4.0
夢を追うか、どうするかの瀬戸際にいる人は響いてくるのではと思います。

取り組んでいることがどうにもうまくいかない、そういう人にもとてもいい映画。
青臭いのを敬遠せず、やっぱこういうのは見ないと!、と思います。
こうも青春を全面に押し出されると、おっちゃんは照れてむず痒くなってしまうわ。
松岡茉優のキャラがよかった。
>|