スパイダーマン ホームカミングの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

スパイダーマン ホームカミング2017年製作の映画)

SPIDER-MAN: Homecoming

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニューヨーク。15歳のピーター・パーカーはスパイダーマンだ。部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生。そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとするのがアイアンマンことトニー・スターク。スタークに新しいスーツまで作ってもらい興奮するピーターは、自分の力を認めてもらおうと街に飛び出す日々。そんなある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に突如現れる。ピーターはここぞとばかり、…

ニューヨーク。15歳のピーター・パーカーはスパイダーマンだ。部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生。そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとするのがアイアンマンことトニー・スターク。スタークに新しいスーツまで作ってもらい興奮するピーターは、自分の力を認めてもらおうと街に飛び出す日々。そんなある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に突如現れる。ピーターはここぞとばかり、ニューヨークの平和のために怪物退治に乗り出そうとするが、スタークに「アベンジャーズに任せておけ」と止められてしまう。「ガキ扱いは、ゴメンだ!」とピーターはその忠告を聞かずに戦いに挑むが―。

「スパイダーマン ホームカミング」に投稿された感想・評価

書庫番

書庫番の感想・評価

3.5
2018年8月11日 シネマシティ極上爆音上映にて鑑賞。

正直ちょっと長かった。
面白さは確り。
でも面白さを感じたシーンが『アベンジャーズ』関連で占められていたのは、良くも悪くもといったところか。
ホランドくんは好演でした。

あのオチは『アイアンマン』好きには刺さるな。(笑)
B

Bの感想・評価

3.8
実を言うとスパイダーマンはアメスパ派だった...🤭🤭けどトムホの演技力とか可愛さが全面に押し出されててホムカミ推せる
かずき

かずきの感想・評価

4.0
いろんな評価があるけど割り切って観ればこれはこれで楽しめます
「かっこいいヒーローが見れたらハッピー」くらいの感覚の自分にとってはおもしろかったです
でも作り直す度にピーターがリア充になってくのはちょっとさみしいです
なよなよピーターとのギャップがスパイダーマンの良さっていう偏見
アベンジャーズ世界だけあってアイアンマンの登場率がすごいです
最初はへなちょこだったけどだんだんかっこよくなってきたぞ!?
頑張れ!ピーターパーカー!!
Yui

Yuiの感想・評価

4.8
観たくて観たくて やっと観れた作品♪

先にインフィニティ観てしまったんですが違和感なく観れました!

スパイダーマンは子供の頃に観た2作品のみ…
高校生のスパイダーマン…可愛いくておもしろかったです((´∀`*))

スパイダースーツ はトニーのお手製でメチャカッコいいし 色んな機能ついてて今風(//∇//)
若さ故の行動もあったけど ここぞ!て時に助けに来てくれたアイアンマン…
記者会見の時の対応も…やっぱ大人です!
キャプテンが高校のDVDで出てきた所もよかった!

しかし…あの終わり方…
笑っちゃいました(〃゚艸゚)
KAZUMASA

KAZUMASAの感想・評価

3.8
ピーター・パーカーがヒーローになるまでの物語。
ヴィラン役のマイケル・キートンの演技怖いぐらい迫力あった
はじめてのスパイダーマン!
アイアンマン(トニー・スターク)目的で見出した為、ピーターの幼稚な行動にちょっといらっとしつつも、人助けシーンは爽快!!
あとハッピーの話を聞かない態度にもちょっといらっ(笑)
まぁあんだけ頻繁に連絡来てたら無視したくもなるよね。
そして犯人の正体には脱帽!
エンディングがコミカルすぎて笑った。
みた!最後のシーンいいね
ゼンデイヤがナイスキャラで出ていた〜

このレビューはネタバレを含みます

グリーンゴブリンの要素の再配置のはまり具合がめちゃくちゃすごい。グリーンゴブリンをアイアンマンとヴァルチャーに分けるとか天才すぎ。ベンおじさんもアイアンマンになっちゃうし。ヴァルチャーはバードマンだし。列車を糸で止めるのを彷彿させる船分裂阻止とかもそうだし、スパイダーマンを踏襲しながら全く新しい映画化で本当に面白い。ラモーンズへの熱いリスペクトも本当にハッピー。エンディングが本当に神。全編明るくて楽しくて最高。青春最高。いけてないんだけどナード的学園生活を最高にエンジョイしてる描写が本当に心にくい。アクションも人間描写もめっちゃ躍動してる。今ってアメリカのいけてる女の子はチアリーダーじゃなくてクイズ部長なのか。リズもmjもめちゃくちゃかわいいmjの方がピーターの方に憧れてストーカーしてるっていうのは今後の展開がすごく面白そう。
多様な人種の人が出演していてアメリカの人種意識が社会的に変容して白人至上主義が公的には全く許されなくなってきていて、多くの人が鑑賞する娯楽大作だからこそすごく気を使われているというか。でも本来、人種のサラダボウルって教科書に書いてあるくらいだしアメリカはこうなんだろうな知らんけど。キャプテンアメリカを戦争犯罪人って言ったり、トニースタークの商売を批判させてみたり、最近のマーベル・シネマティック・ユニバースを見てまっすぐ育つ子供がいるとしたらリベラルで暴力的に育ちそう。
とまと

とまとの感想・評価

5.0
めちゃくちゃよかった!
トムホランドがかっわいい。ハッピーに毎日一生懸命メールしたり、留守電をいれたり、ヒーローとして活躍したくてうずうずしてる描写が健気でキュート。
高校生らしくはしゃいだり若気の至りで突っ走るところも、情けなく声を上げるところも、完全無欠のヒーローには程遠く成長途中という感じですっごくいい。まだまだ未完成のヒーローをがんばれー!と応援したくなる。
個人的にアンドリューガーフィールド版が脚本もキャラクターとしてもベストオブスパイディ。アンドリューガーフィールドスパイディでは「スパイディが誕生するまで」をがっつりピーターの心情をメインに描いてくれていたのがとても魅力的だったのだけど、トムホスパイディではばっさりカットされ、自撮り動画のはしゃぐピーターからスタート。ここがまたかわいい。
ストーリー上アイアンマンが頻出する描き方に賛否両論はあるみたいだけれどもこれはこれであり!
コメディとシリアスのバランスは8:2くらい?でもその2割がめちゃくちゃ重くてすごい。黒幕の正体が分かった瞬間の張り詰めた空気は圧巻。大筋は未熟なヒーローのドタバタ学園コメディって感じなのに、スパイダーマンとしての満足感があったのはあのシーンのおかげかも。
スーツのお姉さんカレンとの会話や、「座ってる人」、キャップの教育ビデオなどなどクスッとできるシーンがちりばめられていてテンポよくエンドロールまでたっぷり楽しめた。「あなたの親愛なる隣人スパイダーマン」に拍手!

「スーツなしじゃだめならスーツを着る資格はない」