スパイダーマン ホームカミングの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

スパイダーマン ホームカミング2017年製作の映画)

SPIDER-MAN: Homecoming

上映日:2017年08月11日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニューヨーク。15歳のピーター・パーカーはスパイダーマンだ。部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生。そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとするのがアイアンマンことトニー・スターク。スタークに新しいスーツまで作ってもらい興奮するピーターは、自分の力を認めてもらおうと街に飛び出す日々。そんなある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に突如現れる。ピーターはここぞとばかり、…

ニューヨーク。15歳のピーター・パーカーはスパイダーマンだ。部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生。そんなピーターの能力を見出し、真のヒーローとしての“道”へと導こうとするのがアイアンマンことトニー・スターク。スタークに新しいスーツまで作ってもらい興奮するピーターは、自分の力を認めてもらおうと街に飛び出す日々。そんなある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に突如現れる。ピーターはここぞとばかり、ニューヨークの平和のために怪物退治に乗り出そうとするが、スタークに「アベンジャーズに任せておけ」と止められてしまう。「ガキ扱いは、ゴメンだ!」とピーターはその忠告を聞かずに戦いに挑むが―。

「スパイダーマン ホームカミング」に投稿された感想・評価

IMAX 3Dで見るべき
湯

湯の感想・評価

4.0
他のスパイダーマンシリーズに比べて、ゆるくてガチガチじゃなかったので入り込みやすかった。マーベルの仲間入りしたことでアベンジャーズがちょいちょい登場するところが楽しかった〜〜 何よりトムホランドが可愛すぎて…。EDもゆるポップでかわいい!筋肉ムキムキ、ゴリゴリアクションみたいなシーンが少なかったからか、これは何の抵抗もなく楽しめた!
akichi

akichiの感想・評価

3.8
歴代ピーターパーカーの中でもダントツで弱そうだし未熟者なんだけど、憎めない愛嬌と正義心が彼をちゃんとヒーローとして見せてくれる。
15歳がヒーローの力を手に入れたらってのを描いていたし、そこからの成長も心地よかった。

ただこんなこと言うのもアレなんだけど…ヒロイン…可愛くないよね?
そこが妙に気になりました。

あとは塔のてっぺんにいるピーターに「今すぐそこから降りないと射つ!!」ってムチャクチャ言う警察に笑いました。

近年ダークな作りやリアルな心象を描くマーベルにしては珍しいぐらいライトな雰囲気だったので、その見やすさも主人公と合っててグッドです。
でも終わりかたもわりと綺麗だったし、2は要らない笑
Non

Nonの感想・評価

4.2
記録
ニック

ニックの感想・評価

3.7
帰ってきたスパイダーマン!

アンクルベンは3度死ぬ!?

愛すべき僕らの隣人スパイダーマンがまたまた帰ってきた。

そこで気になるのはスパイダーマンの誕生とあり方に最も強い影響を与えたあの事件。

身構えていきましたが肩透かし。

今回はシビル・ウォーでの登場の近辺から話が始まるため、スパイダーマン誕生についての話は軽く触れられる程度。

それもあってかアメージングと違い、今回のライトでコミカルなスパイダーマンの姿に違和感を感じさせない。

他のマーベル作品、今回はアイアンマンと関わりながらも事件としては町内レベルとまさに愛すべき隣人スパイダーマン。

父親変わりとして多少空回りしながらも見守るダウニーJr.演じるアイアンマンもちょい役なのにいい味を出している。

次は少し重くなるのかなぁ、少し心配ですが楽しみ。
KyoHayama

KyoHayamaの感想・評価

3.2
学園ドラマ。それ以上でも以下でもない。
スパイダーマンシリーズは、何を観てどれを観てないか忘れちゃってる・・・。観ても書いてないの沢山あるし。

個人的には陰があるヒーローに惹かれるので、本作のトムホくんはあまりにも明るいし優等生すぎるのかも。今後彼がこのシリーズやってくんだろうけど、次回作どうするかな・・・。

TOHOシネマズ フリパ6本目
映画館で鑑賞。ストーリー:ピーター・パーカーがヒーローになるまでの過程を描いた成長物語として、とても素晴らしかった。相棒も常識的で良い奴。演出:瓦礫に埋もれたピーターがスパイダーマンとして、ヒーローとして立ち上がるシーンが印象的だった。

このレビューはネタバレを含みます

「はじめてのスパイダーマン」

私の中でのピーターパーカーは、コレジャナイ感がある。
私が求めているピーターパーカーは、ガリガリでどうしようもないほど冴えない人物像であるが、この作品では、明るい性格に、問題にぶつかればさほど考え込まずに成し遂げる傾向がある。

サム・ライミ版は、暗く心にのしかかる雰囲気を醸し出していたが、今作は軽い。飄々と進むストーリーに感情移入しづらい展開が、冒頭5分で置いてかれる。

今作のスパイダーマンは、強靭な身体でありながらも自らで、”糸”をはくことができない。 学力コンテストに出場し、仲間内から信頼を置かれるほど学力を知識を持っている。知識はあるが、知能がない。
問題が発生しても賢い選択ができない。頭よりも体を最優先にすることで問題を解決しようとする。

しかし、この理性より感情を最優先にする性格は、時として問題をさらに悪化させるも幾度も降りかかる問題を解決することで、成長へと遂げる。

ダークなストーリーを観るならサム・ライミ版がオススメであるが、今作はアップテンポで優しい気持ちで観ることができる。

そういったのを踏まえて、今作は「はじめてのスパイダーマン」と評したい。