もりちゃん

カミーユ、恋はふたたびのもりちゃんのレビュー・感想・評価

カミーユ、恋はふたたび(2012年製作の映画)
4.6
女優?エキストラのような仕事をしながら、お酒とタバコが手放せず、話し相手は猫ちゃん。夫には若い恋人が出来て、離婚を言い渡される。もうボロボロの中年女性が15歳にタイムスリップする話。

若い時も同じ女優さんが演じるので、若くなったときのはしゃぎ方が本当嬉しそうで楽しかった。
でも、何より亡き両親に会えてお母さんの作る料理を3人で食べる嬉しそうな彼女や感謝の言葉を言うシーンは胸を詰まらせた。

もう一度やり直しても、変えられないことはあるけれど、若く子供が出来て夫がいない人生が考えられなかった彼女が、もう一度の人生で内面が成長したように感じた。

「変えるものを変える勇気を
変えられないものを受け入れる勇気を」

カミーユ役ノミエ ルボフスキーの演技が良かった。

曲もインテリアも着てる服も素敵。
凄く好きな作品。