COP CAR コップ・カーの作品情報・感想・評価

COP CAR コップ・カー2015年製作の映画)

Cop Car

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:86分

3.4

あらすじ

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した…

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した彼女はすぐに警察に通報するが、誰にも信じてもらえず、いら立ちを募らせる。 一方それより少し前のこと。保安官ミッチ・クレッツァーは、パトカーのトランクから死体を引きずり出し、地面に掘った 穴に放り込んでいた。ようやく死体を処理したクレッツァーは車のもとに引き返すが、先ほどまであったはずのパトカーが こつ然と姿を消しているのを目にし呆然とする。何者かに車が盗まれたと気づき焦る彼だが、まずは森を出て街へ戻る手段 を見つけなければならない。どうにか車を盗みだしたクレッツァーは、街へ戻ると警察無線を探り当て何喰わぬ顔で通信指 令部に連絡をとる。冷静さを装い自分の失態を隠そうとする彼は、指令部との会話から自分の車に起きた事実を知る。怒り に燃えたクレッツァーは、無線を使い、無謀な盗人たちに今すぐ自分の車を返すよう警告する。 その頃、車のなかで見つけた銃や防弾チョッキで遊んでいたトラヴィスとハリソンだが、やがて無線から聞こえるクレッツ ァーの声に、事の重大さを思い知らされる。車を返すべきかこのまま逃げるべきかで揉めるふたりは、やがてトランクから 聞こえる不審な音に気づく。恐る恐るトランクを開けると、そこには両手を縛られた血だらけの男が入っていた。車を乗り まわしていたのがクレッツァーではなく少年たちだと知った男は、すぐに自分を助けてくれるよう頼むのだが......。

「COP CAR コップ・カー」に投稿された感想・評価

ケヴィン・ベーコンの怪演にニヤニヤしてしまった。子供たちのやることなすこと全部が無邪気さをうまく表していてストーリーに無理もなかったし、最後までハラハラのエンディングもよかった。
ひとつのアイデアを膨らまして形にした感じが良い。少ないキャラクターでハラハラさせるドラマとなっている。

純粋な子供と悪い大人の対決構図が光る前半は良かった。後半もっと対決を見たかった。
Natsumi

Natsumiの感想・評価

3.1
短。笑
ちんこ…
チンコ…

おっぱい…
オッパイ…

二人の少年がただただ広がる平原で思い付く限りの下品な言葉を呟きながら歩く。

空虚なムードが漂う序盤のシーンだけで十分面白い。

悪戯心でパトカーを盗んだ少年達。
ヤバい秘密が隠されたそのパトカーを追う保安官(ケヴィン・ベーコン)。

なんだろう…。
思った展開と違う。
キレた保安官に執拗に追われる展開を期待していたけど、なかなかそうはならない。
思った映画とは違ったけど、この映画の持つ奇妙な感じは嫌いじゃない。何だかへんてこな映画だ。

ああ、この映画は余白を楽しむ映画だ。

プロットは至ってシンプル。
余分な説明もないし、保安官が何をしてアレを隠す事になったのかは観客が自由に想像出来る余白が与えられている。
この映画は余白を説明で埋めようとはしない。それでも何の不満も出てこない。
むしろその余白が心地良い。

この物語に意味はあるのだろうか?
いや、そんなにない。

パトカーを盗まれ、平原をひた走る保安官。
車を盗む為に窓の隙間から靴紐を垂らし、鍵を開けようと奮闘する保安官。
なんてシュール!!

ケヴィン・ベーコンがヤバい保安官を怪演。
ゾクゾクする恐怖感を持つキャラクターだからこそ、シュールな画が笑いを誘う。

二人の少年が魅力的なのも、この映画の余白を楽しめる理由の一つ。
ただ、頼むから銃口を覗き込むのはやめてくれ。
一番怖いシーンがそこって…。

けつ…
ケツ…

けつの穴…
ケツの穴…

Fuck…
……それは言えない

…やっぱりこの映画、シュールだな。

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー
シンプル

演技
ベーコンさん怖い
話し方とかは普通の怖さだけど、一つ一つの仕草や表情、二面性ですごく怖く感じる。トランク男よりは信用出来るかもと思った直後やっぱ違う、この人怖いって感じた。子どもは絶妙にムカつく感じで良かった。

音楽映像
ベーコンさんの演技と明るい音楽がなんか違和感あって、怖さが増す

エンタメ
シンプルなストーリーで面白い
ベーコンさんとトランク男に何があったか、ラストに子どもどうなった❓など気になる点はあるけど特に説明や結末が示される訳でもなく。でもモヤモヤが残る感じではなく、想像で余韻に浸れる。名作って程ではなかったけど、いい映画だった。
奇妙。嫌いじゃない。
自分的にこの映画を一言で言い表すなら「決定的な痛みを伴うSTAND BY ME」でした。

「子供の遊び」で済ませてくれない大人達の世界に入り込んでしまった二人の子供。

無邪気ゆえの無責任な行動は見ている観客を胃が痛くなるほどの緊張感に追いやります。

そうして序盤から張り続けていた嫌な緊張の線がついに弾け、成長の時が訪れます。

大衆向けでは無いかもしれませんが、ハマる人には大きくハマる映画だと感じました。
SUZUNOKI

SUZUNOKIの感想・評価

3.0
👅🥓べーこん!
意地の悪い大人ばっか!
最後ちと心配。
>|