COP CAR コップ・カーの作品情報・感想・評価

COP CAR コップ・カー2015年製作の映画)

Cop Car

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:86分

3.4

あらすじ

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した…

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した彼女はすぐに警察に通報するが、誰にも信じてもらえず、いら立ちを募らせる。 一方それより少し前のこと。保安官ミッチ・クレッツァーは、パトカーのトランクから死体を引きずり出し、地面に掘った 穴に放り込んでいた。ようやく死体を処理したクレッツァーは車のもとに引き返すが、先ほどまであったはずのパトカーが こつ然と姿を消しているのを目にし呆然とする。何者かに車が盗まれたと気づき焦る彼だが、まずは森を出て街へ戻る手段 を見つけなければならない。どうにか車を盗みだしたクレッツァーは、街へ戻ると警察無線を探り当て何喰わぬ顔で通信指 令部に連絡をとる。冷静さを装い自分の失態を隠そうとする彼は、指令部との会話から自分の車に起きた事実を知る。怒り に燃えたクレッツァーは、無線を使い、無謀な盗人たちに今すぐ自分の車を返すよう警告する。 その頃、車のなかで見つけた銃や防弾チョッキで遊んでいたトラヴィスとハリソンだが、やがて無線から聞こえるクレッツ ァーの声に、事の重大さを思い知らされる。

「COP CAR コップ・カー」に投稿された感想・評価

ボブ

ボブの感想・評価

3.0
2016/8/22鑑賞。無人のパトカーを見つけた少年トラヴィスとハリソンは、面白半分に盗み出してしまう。一方、死体を埋めて帰って来た保安官のミッチは、自分のパトカーが盗まれたことに気付き、犯人を追いかけようとする…という話。 イキがった悪ガキ2人を、本当の悪人が追い詰めるという作品です。登場人物も舞台も設定もシンプルなのがこの映画の長所ですが、シンプルが故に盛り上がる場所もそんなにありません。玄人好みの一作という感じでしょうか。おばちゃんの長回しシーン、結構好きです。 60点。
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.6
うん
面白い。
イライラもするけど。
オバちゃんトバッチリ。
子供達の行く末も心配。
ザン

ザンの感想・評価

3.6
アクセルによく足が届いたな。あのおばさんお節介が裏目に出たな。でもイタズラもほどほどにしないと本当に痛い目に遭うぞ的結末だった。
雪男

雪男の感想・評価

3.0
結局どゆこと?w
警官とトランクの男の関係は?
どういう経緯がなってああなったのか
結局もうひとりの少年はたすかったのか
そして警官はどうなるのか
謎すぎw
俺はケビンベーコンを応援して見てたぜ。
軽いホラー
タイトルやパッケージから予想してた映画ではなかった。ハラハラ感もそんなにない。
子ども達ならではの危うさが始終見ていて面白かった。
登場人物は少ないけどそれなりに展開も。
悪い保安官のイメージよりケヴィン・ベーコンのイメージがごりごりに出されてる気がする。
jomd

jomdの感想・評価

3.6
どこか懐かしい感じがする作品

ガキは嫌いです
>|