COP CAR コップ・カーの作品情報・感想・評価

COP CAR コップ・カー2015年製作の映画)

Cop Car

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:86分

3.4

あらすじ

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した…

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した彼女はすぐに警察に通報するが、誰にも信じてもらえず、いら立ちを募らせる。 一方それより少し前のこと。保安官ミッチ・クレッツァーは、パトカーのトランクから死体を引きずり出し、地面に掘った 穴に放り込んでいた。ようやく死体を処理したクレッツァーは車のもとに引き返すが、先ほどまであったはずのパトカーが こつ然と姿を消しているのを目にし呆然とする。何者かに車が盗まれたと気づき焦る彼だが、まずは森を出て街へ戻る手段 を見つけなければならない。どうにか車を盗みだしたクレッツァーは、街へ戻ると警察無線を探り当て何喰わぬ顔で通信指 令部に連絡をとる。冷静さを装い自分の失態を隠そうとする彼は、指令部との会話から自分の車に起きた事実を知る。怒り に燃えたクレッツァーは、無線を使い、無謀な盗人たちに今すぐ自分の車を返すよう警告する。 その頃、車のなかで見つけた銃や防弾チョッキで遊んでいたトラヴィスとハリソンだが、やがて無線から聞こえるクレッツ ァーの声に、事の重大さを思い知らされる。

「COP CAR コップ・カー」に投稿された感想・評価

好きじゃない。
kiko

kikoの感想・評価

3.3
よく出来てる。ケビンベ━コンは昔からあんま変わらないな〜。
フットルース以来、ベーコンに夢中。それが逆にアダになり、期待し過ぎた。
もっともっとスリリングな追跡劇が展開するんだと思ってた。惜しい作品。
池田

池田の感想・評価

1.9
尻切れトンボ感が凄かった(小並感)
シンプルなお話だけど飽きずに見れてなかなかおもしろかった
Takizawa

Takizawaの感想・評価

3.7
運転はマリオカートで覚えるもの
結構好き
ak

akの感想・評価

1.6
気になったので、吹き替えで観ました。

まずパトカー盗む子どもが、予想以上に子どもで…!家出してきた2人のいかにも子どもっぽい遊びから話が進みます。

パトカー盗まれた保安官と、もっと攻防があるかと思っていたんですがほぼなくて、この映画の醍醐味は、ラスト8分からだと思います。それまでは、ラストを少しずつ盛り上げていく準備かなと。音も色も立場も、がらりと変わる瞬間は演出が素敵だなあと感じました。

でも纏まりがとても中途半端だったのと、ハリソンが淡白すぎたので、そこはしつこいぐらい子ども感をだしてほしかったです。
>|