COP CAR コップ・カーの作品情報・感想・評価

COP CAR コップ・カー2015年製作の映画)

Cop Car

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:86分

3.4

あらすじ

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した…

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した彼女はすぐに警察に通報するが、誰にも信じてもらえず、いら立ちを募らせる。 一方それより少し前のこと。保安官ミッチ・クレッツァーは、パトカーのトランクから死体を引きずり出し、地面に掘った 穴に放り込んでいた。ようやく死体を処理したクレッツァーは車のもとに引き返すが、先ほどまであったはずのパトカーが こつ然と姿を消しているのを目にし呆然とする。何者かに車が盗まれたと気づき焦る彼だが、まずは森を出て街へ戻る手段 を見つけなければならない。どうにか車を盗みだしたクレッツァーは、街へ戻ると警察無線を探り当て何喰わぬ顔で通信指 令部に連絡をとる。冷静さを装い自分の失態を隠そうとする彼は、指令部との会話から自分の車に起きた事実を知る。怒り に燃えたクレッツァーは、無線を使い、無謀な盗人たちに今すぐ自分の車を返すよう警告する。 その頃、車のなかで見つけた銃や防弾チョッキで遊んでいたトラヴィスとハリソンだが、やがて無線から聞こえるクレッツ ァーの声に、事の重大さを思い知らされる。車を返すべきかこのまま逃げるべきかで揉めるふたりは、やがてトランクから 聞こえる不審な音に気づく。恐る恐るトランクを開けると、そこには両手を縛られた血だらけの男が入っていた。車を乗り まわしていたのがクレッツァーではなく少年たちだと知った男は、すぐに自分を助けてくれるよう頼むのだが......。

「COP CAR コップ・カー」に投稿された感想・評価

mk

mkの感想・評価

2.9
子供の無邪気さと大人の怖さの対比
家出中の少年2人組は偶然にも放置されたパトカーを見つけ、遊び半分で乗り回し始める。しかしトランクから音がして、ただのパトカーではない事に気付き始める。
持ち主の保安官はかなりの悪党で、自分の悪事が表に出ないようにパトカーを取り返そうと2人を追っていく…といった話。

少年たちのことの重大さに気付いていないあたりや、防弾チョッキの試し撃ち、銃口を覗いたり、拳銃を投げつける行為などなどヒヤヒヤもののシーンが子供らしさをよく描いていた。

ラストはこれで終わり!?となったけれど、暗闇の中に遠くに見える街の灯り。
果たしてそれは希望か、絶望かといったところか。
この低予算感はマッドマックス一作目を思い出してしまうな。
アメリカならではのハラハラ映画。
オーストラリアとはまた違うぜ...
悪徳警察官が勤務中に死体処理している間に、悪ガキがパトカーを盗んで走り出す!
悪事がバレたくない警察官と無邪気な悪ガキ達の逃走劇が始まる…。

本人達はいたって大真面目なんだけど、その必死さが第三者から見たら滑稽な感じは映画「ファーゴ」の様でもあります。

そして少年たちの冒険、成長物語はさながら「スタンド・バイ・ミー」の様で思わず涙腺が緩みました。

ケヴィン・ベーコンの悪役ぶりは安定しすぎて笑えてくるレベルに達しているんだろうな。
笑顔で観られるクライム・サスペンス。

このレビューはネタバレを含みます

 

自宅にて鑑賞。サスペンスやスリラーと云うより、ブラック・コメディに近いテイスト。デザートの広大な遠景を多く採り入れられた為か、全体に間延びした評価が難しいのっぺりした微妙な出来。登場人物が少ない割に人物描写も中途半端で物語の意外性も乏しく、世界観も浅く薄っぺらい。出演に加え(共同)製作総指揮も兼ねたK.ベーコンは珍しい口髭姿で中年体型だった。アメリカの片田舎にはこんな悪徳保安官が実在しそうだし、相変わらず盗難可能な車がゴロゴロ転がってると思った。二人の子供達への感情移入度で評価が分かれる。50/100点。

・エンド・クレジットは"for my dad"と献辞から始まり、"Thank You"~"Special Thanks"と進み"Very Special Thanks"と続く。

・指令室の声を当てているのはK.ベーコンの奥方K.セジウィックである。

・劇中のパトカー(コップカー)のナンバー"149PCE"は、オマージュとして『激突!('71)』の主人公D.ウィーヴァーが演じた“デヴィッド・マン”が運転していたクライスラーのプリムス・ヴァリアントと同じナンバーとなっている。亦、少年達が柵を破る際、アップになるタコメータはフォードのクラウンヴィック2007だが、全篇で登場する車はクラウンヴィック2002である。

・鑑賞日:2016年6月9日

 
aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.9
ケビン・ベーコン主演のサスペンス映画。
モロにB級なんだけど、異様に緊迫感があるせいか、本当に目が離せない。

監督の才能からか、超低予算なのに本当に面白い。

ラスト、救いとも絶望ともとれる展開がたまらない。少年たちは助かったんだろうか.....。
ageless505

ageless505の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

少年たちの無邪気な下半身ワードが第一声で物語は始まる。必聴です。

家出したばかりの少年二人が茂みに無人のパトカーを見つけ大喜びで乗り回し始めてしまう。
そのパトカー所有者の保安官(ケヴィン・ベーコン)はパトカーを停止させ、離れた場所に運んできた死体を遺棄していた。トランクにはもう一体死体がある。
戻った保安官はパトカーが無いことに焦り他人の車を盗んで帰宅、自宅トイレに大量の薬物を捨てる。
その頃、地元のお節介おばさんが、大はしゃぎでパトカーを運転している少年たちを偶然目撃し他の保安官に事態を告げる。
一方でKベーコンは自分のパトカーが盗まれたことがバレぬよう無線を使って様々な隠蔽工作を行う。
他方トランク内の男(シェー・ウィガム)は実は生きており言葉たくみに子どもたちを操り逆にパトカー後部座席に拉致してしまう・・・・

シンプルでありながら先の読めないストーリーが淡々と進む、むしろ必要な説明やあるはずの演出まで端折っている?ぐらい。
とはいえ細かな伏線は確かにあり、それでいて解釈は観る側に丸投げするかのようでもあり。

おそらくKベーコンはまず死に損ないの男を先に始末して、その後子どもたちを発見しドツキ倒すだろう、所轄の同僚たちは賄賂で口封じすれば良い・・・なんて妄想しつつ、着地点が読めずややイライラし始めた頃、Sウィガムの凶弾により、またも偶然通りかかったお節介おばさんが額を一発で撃ち抜かれてしまう。正直その時には図らずも快哉を叫んでしまった、ウィガムグッジョブ!、そのぐらいそれまで話が終結する感が皆無だったので。。。

結局KベーコンもSウィガムも銃撃戦で倒れる。子どもたちは隠し持っていた銃で座席のガラス窓を割り脱出を試みるが、図らずも跳弾が一人の子の腹部に当たってしまう。もう一人の子がパトカーを飛ばし家路を急ぐ、さっきは踏み込めなかったアクセルを全力で踏み込んで。そのとき安否確認の無線がかかり、意を決して応答しようとして物語は終わる。

Kベーコンの計算か遊び心か、解釈の自由度が高すぎて好き嫌いが分かれる作品でしょう。作り手の意図やメッセージを探る作業もまた映画の魅力の一つ、、、なんて言えるのはお金を掛けて映画館へ足を運ばずCS放送で観てるからかもしれませんが。

ただ子どもたちが歩いてきた方向へ、最後パトカーを走らせていることが意味深く、噛み締めがいのある作品と感じます。

余談ですが最後にパトカー運転する子がポール・ダノ幼少期のような不思議な気品がある印象です。
fumi

fumiの感想・評価

3.0
このストーリーだと極端だけど、きっと子供は間違えながら成長していくものなんだろう。
SOR

SORの感想・評価

2.5
記録
MN

MNの感想・評価

2.7
悪ガキ2人がふざけて盗んだパトカーはなんとワル〜い警官の車だった!果たして少年たちの運命は!

という映画。正直山も谷も無く盛り上がりに欠ける作品です。が、何故か見入ってしまう面白さがある。パトカーを必死に取り戻そうと奮闘するケヴィン・ベーコンがいい意味で気持ち悪いです。「どんだけパトカーに執着してんねん…」って思うはずです。総合的に言えば「へ〜…」で済んでしまう様な作品ではありますがケヴィン・ベーコンが好きな方は楽しめるんでは無いでしょうか?
>|