COP CAR コップ・カーの作品情報・感想・評価

COP CAR コップ・カー2015年製作の映画)

Cop Car

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:86分

3.4

あらすじ

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した…

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した彼女はすぐに警察に通報するが、誰にも信じてもらえず、いら立ちを募らせる。 一方それより少し前のこと。保安官ミッチ・クレッツァーは、パトカーのトランクから死体を引きずり出し、地面に掘った 穴に放り込んでいた。ようやく死体を処理したクレッツァーは車のもとに引き返すが、先ほどまであったはずのパトカーが こつ然と姿を消しているのを目にし呆然とする。何者かに車が盗まれたと気づき焦る彼だが、まずは森を出て街へ戻る手段 を見つけなければならない。どうにか車を盗みだしたクレッツァーは、街へ戻ると警察無線を探り当て何喰わぬ顔で通信指 令部に連絡をとる。冷静さを装い自分の失態を隠そうとする彼は、指令部との会話から自分の車に起きた事実を知る。怒り に燃えたクレッツァーは、無線を使い、無謀な盗人たちに今すぐ自分の車を返すよう警告する。 その頃、車のなかで見つけた銃や防弾チョッキで遊んでいたトラヴィスとハリソンだが、やがて無線から聞こえるクレッツ ァーの声に、事の重大さを思い知らされる。車を返すべきかこのまま逃げるべきかで揉めるふたりは、やがてトランクから 聞こえる不審な音に気づく。恐る恐るトランクを開けると、そこには両手を縛られた血だらけの男が入っていた。車を乗り まわしていたのがクレッツァーではなく少年たちだと知った男は、すぐに自分を助けてくれるよう頼むのだが......。

「COP CAR コップ・カー」に投稿された感想・評価


『COP CAR/コップ・カー』

監督
ジョンワッツ

出演
ケビンベーコン🥓
ジェームズフリードソン=ジャクソン
ヘイズウェルフォード

最近のケビンベーコン🥓様のお姿を拝見できる…まさに神!!
全裸待機ぜよっ(笑)

なんだ、いきなり英語の勉強デスカ?チ○コにマ○コにアスホールってませたガキだにゃ〜
( ̄∀ ̄)
これは…ほのぼのコメディかな?
コップカー見つけて、タッチして戻ってきたり、車🚗に乗って遊んだり
小学生の無邪気な遊びですよ。
あんなに広い敷地でだったら車🚘乗り回しますな、間違いない!!

ところどころの構図にセンスを感じます( ´ ▽ ` )ノ

走るケビン、コケるケビン、焦るベーコン、ビビるベーコン、車🚗盗むケビンベーコン🥓運転席の鍵🔑がなかなか開かないケビンベーコン🥓
撃つケビン、撃たれるベーコン、追うケビン、『返せよ!パトカー🚓だぞ!!』といって事故るケビンベーコン🥓🥓🥓

満載の安全のケビンベーコン(笑)

あの防弾チョッキ忘れて撃たれた男の子は無事だったのかなぁ
( ̄∀ ̄)
2人の少年が家出をした。

田舎道を2人であてもなく歩いていると、木の木陰にパトカーを発見する。

よく調べてみると、乗り捨て状態でカギもついている。

2人は、車を運転し家出の冒険へ突き進む。

しかし、車のトランクから変な音が聞こえてくる。

開けてみると、血だらけの男性が入っていた。


感想


日本だと、パトカーが乗り捨てされている状況がありえないのだか、アメリカでは、想像できてしまう。

アメリカ映画は、たびたび極悪警察官が表現されるが、本当にいるのですかね?

警察官を信じれない国ってこわすぎる。

最近、日本でスピード違反で捕まりました。

ありがとうお巡りさん(T . T)
つまらなくは、ない。後半もうひと盛り上がりあればよかったんだけどな〜
yumeayu

yumeayuの感想・評価

-
"大人は危険な動物だし、場合によっては人も殺すぜ"

絶賛家出中の少年二人。
チ○コ、プッ○ー、ア○ホールといった思いつく限りの卑猥な言葉を連呼し、草原をあてもなく歩き続けていると一台のパトカーを発見。
近くに人影はなく、鍵も空いている。
二人はパトカーに乗り込むとバディ映画のように"ごっこ"遊びを始める。
憎らしくも微笑ましい場面だが、サンバイザーから車のキーを発見してしまったことで、事態は思わぬ方向に…。
好奇心旺盛の二人は、マリオカートを操る感覚でエンジンをかけ、パトカーを発進させる…。

しかし、このパトカーはケヴィン・ベーコン演じる悪徳保安官のものだったから、さぁ大変!

…と、まぁよく考えるとたいした話ではないのだけど、なんか不思議な魅力がある映画。低予算映画のお手本のような作品ですね。
サンバイザーから車のキーが見つかるのは向こうではデフォなのか⁉︎ とツッコミつつも、結構好きだったりする、こういう作品。

少年達がなぜ家出したのか?
保安官はどんな悪事を働いていたのか?
その辺の詳細は多少匂わす程度の描写があるだけで、細かくは語られません。
それでもシチュエーションと役者の演技力でぐいぐいと惹きつけられるので、不思議と薄っぺらさは感じない。この無駄のなさとテンポの良さがいい。

今作の監督はジョン・ワッツ。
彼はこの後、「スパイダーマン ホームカミング」の監督に抜擢される訳ですが、おもしろいのはスパイダーマンでも"怖い大人=ヴァルチャー" "調子に乗った子供=ピーター・パーカー" といった具合に「子供を追いまわす怖い大人」を描いているところ。

なんでしょう、これはこの監督の作家性なんですかね。何か一貫したテーマでもあるんでしょうか?
田中元

田中元の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

保安官ベーコンが撃たれる展開にここで終わっちゃうの?と一瞬物足りなさを感じるが、その後ちょっとした展開があってガキの友情と切なさがあって帳消し、というかそこがイイ!低予算でもアイデア次第ですごいことはできちゃう見本みたいな作品でした。
個人的には最後後日談見たかったな!!
まあまあ面白い


フィルモスマン(?)

映像に合わせる音楽として秀逸で
テンプレートで曲を作ってないのが好感持てるし、曲のバランス感覚が凄くいい!

特に子供のところの曲全般!
暗いとも明るいとも取れる音楽がすごい。
える丸

える丸の感想・評価

3.0
悪徳警官が使っている訳アリアリのパトカーを軽いイタズラ心で盗んでしまう幼い男の子2人が繰り広げるシリアスドラマ。

子どもたちがイタズラで盗んだパトカーは悪徳警官のもので、執拗にそれを追いかけます!
逃げる子どもと追う悪徳警官!そんな構図。
そこへ悪徳警官へ恨みを持つ悪党が現れて、、、物語はラストへ

子どもの使い方がとても上手い!
ヒヤヒヤドキドキ、手に汗握る。
それは襲われる子どもの無事を祈る事からくるものではなくって、運転技術も知識もないのに車に乗ってしまったり、本物の銃を危険極まりない扱い方したり、危険な子ども自身に感じる!
その辺の演出からくる感情への訴えかけは逸品。
あと良かった所は悪徳警官の描き方。
“悪い奴!”ってのは随所で感じるものの、実際に何をしたとか、細かな説明はとことん省いたのは英断。
映画がスマートになりました。

その辺は、その辺は良かったんだけどなぁ。
全体の仕上がりとしては不満。
実際、子どもたちもめっちゃ悪いからそこまで感情移入出来ない。
物語に水を差す間の抜けた血だらけの悪党とか。バカ過ぎてこの映画のテイストに合ってなかった。そいつが動くシーンはコメディかと思えた。
そして、問題のラストへ。
アレは余韻を残すものではなくって、ただのぶん投げに見える。
子どもたちがどうなったのか、問題のパトカーはどうなったのか、そこまで描いてようやく物語は完結すると思うのだけれども。

最後に。
運転は基本的に好きじゃないけど、作中に出てくる荒野の一本道は私でも走りたい。
はるや

はるやの感想・評価

2.9
シンプルに面白いだけかと思ったら面白くなかっま
gon

gonの感想・評価

3.5
amazon prime
>|