みきちゃ

タンジェリンのみきちゃのレビュー・感想・評価

タンジェリン(2015年製作の映画)
3.9
『フロリダプロジェクト』に脳天撃ち抜かれたまま3日も過ごしていて、こういうときに他の映画をみると「なにこれフロリダプロジェクトじゃない……」という当然の感想と共に物足りなさで満たされて自滅しがちなので、同じ監督の1つ前の映画を観てみた。ショーン・ベイカー、信用できる。一本撮る毎に、監督らしいスタイルが、決まってくんじゃなくて増えてくかんじ。映さずして伝える力が増してくかんじ。映画って自由だ。最高だー。

熱いLAのクリスマスイヴ。出所ほやほやのシン・ディ=レラと親友のアレクサンドラの、ストリートフッカー的暮らし。ずーーっと動いてる3台のiPhone 5sでお届けされる、あんま見たことのないLAの姿。iPhoneすごいね?本気映画撮影機材ぽくなさは、言われてみれば音がたまにあれかもという以外ちっとも感じられず。

あるときは華やかなハリウッドの近くの、あるときは夢のディズニーワールドのすぐ裏手の、小さな現実をただただ現実として明るく愉しく幸せそうに突き放して描けるこの監督の世界との距離の取り方はほんと信用できる。

映画で黒人さんがビヨンセを口ずさみ始めるとにやにやしちゃうわたしがいるね。あと「ゲロ吐きシーンがある映画は当たり映画」説を唱えてる方がたまにいるけどそれ実際あるかもしれん。

メリーファッキンクリスマス!