ゆっけ

ザ・サークルのゆっけのレビュー・感想・評価

ザ・サークル(2017年製作の映画)
3.5
今描くには若干遅いような気もしたりしますが、考えさせられるいい映画でした。

エンターテイメントとはちょっと違うので、見終わった後すっきりはしないかなと思います。二回観たいとは思わないというか。。

エマ・ワトソンとトム・ハンクスが出演してますが、基本、エマ・ワトソン演じる田舎出身の女性がメイン。(トム・ハンクスそんなに出ない、、、)

それぞれ、SNSとの付き合い方を振り返られるといいと思います。
どちらかというと、SNSの負の部分の衝撃が大きいかも。シークレットな部分をオープンにすれば、みんながハッピーになる、、、という思想は一部はあっていると思いますが、そうでないことも多い。

知らない方が幸せなことってあるじゃないですか。知って不幸になることもあるのですから(付き合った人の過去も含めて全部知りたいという人は共感できるのかも。。自分は知らなくていいと思うタイプですが、、、)

監督がインタビューでいっているように、面とむかって言えるようなことを、SNSで発信する基準にすれば良いと思います。

とはいえ、面と向かって言うほどでもないことを手軽に言えることもSNSの良さでもあると思います。ただ、それを言うことで、そのSNSを見るだろう人が傷ついたり、不快な気持ちやつまらないことは発信する必要がないこと、してはいけないこと。
(悪口を言うことは悪いことではないと思います、酒のつまみ程度のものであれば。ただそれがその人に知れ渡ったらダメだと思います。)

あとSNSにもコミュニティがたくさんあっていいと思います。

Twitter、FB、インスタ、LINE、それぞれコミュニティがあって、ひとつにするべきじゃない。閉ざされたものがあるからこそ、自由があると思います。

Filmarksも映画好きという閉ざされた空間があるからこそ、書きやすかったり、交流しやすいわけです。こんな長文はFBでは書けません。。

ということで、いろいろとSNSについて、監視社会について考えさせられる映画。

終わり方が気に入らない方が多いようですが、
自分はそんなに気にならなかったです。

ただ、未来的なデバイスがたくさんあってワクワクした『her』の方が個人的にはまた観たいと思わせるタイプで好きかな。後味的に。。