藍姫

ザ・サークルの藍姫のレビュー・感想・評価

ザ・サークル(2017年製作の映画)
4.0
とても現代的な、今実際に起こっていてもおかしくないリアルなストーリーでした。


メイって最初はTシャツにジーンズで飾らない、目立たない感じだったのに、
ベイリーに任されてからはしっかりとした服装に髪もきちんとして人前でも物怖じしない性格に変わっていきます。
反対にメイをサークルに誘った友人のアーニーは多忙さゆえ、
パリッとしたスーツで長い足でカツカツ歩いていたのに、
トレーナーを着るようになり髪もボサボサに変わっていく。
2人の対比が面白い。
まるで、プラダを着た悪魔のアン・ハサウェイとエミリー・ブラントのよう^ ^


ベイリーが体が不自由な自分の息子に、
健康な人間と同じ体験をしてほしいという願いから作られたサークル。
それは涙が出てくる良いお話なのですが、
下手な言い方をすれば、
ディズニーランドのスターツアーズのような体験型アトラクションか、
パリに旅行に行った人間に写真を送ってもらうとか、
そういう行動で良しとしてくださいと。
現代どこまでプライバシーが守られるかということですよ。
サークルに入社するまでのメイだって、
他人とコミュニケーションを積極的に取る方ではなかったはずです。
それはある意味プライバシーが守られていたということ。
みんなが同じではないけど、
ある程度のプライバシーはないと、
暴徒と化してもおかしくないはず。
人間の興味は怖いものです。


ツィートがどんどんスクリーンに出てくるので、
字幕読んでツィート読んで忙しかったです(^^;;
でも英語を読む勉強にはなりましたー