ザ・サークルの作品情報・感想・評価

ザ・サークル2017年製作の映画)

The Circle

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:110分

3.1

あらすじ

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てア…

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になるのだが―。

「ザ・サークル」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

社会派サスペンス。近未来SF。SNSの怖さ、不気味さを何度も感じた。まず、あの会社の形から異様。自分の行動を他人が知ってるとか気持ち悪..って思った。公と私のバランスって大切なんだと思う。

犯罪者はまだしも、一般人追跡劇とかありえない。

24時間公開なんて自分でいられなくなる。不眠症なるわ。自分だけならまだしもその監視によって友達、家族、恋人とのの繋がりは薄くなるってなんだか悲しい。

自分の知識不足で専門用語がよくわからなかった.SNSは人を楽しませ、時に苦しめる.仕事、家族、恋愛.自立してるけど、家族は大切にするカッコいい.家族はどんな時も味方.TED感.すべての角度美人なエマ.意外に高齢の方多い.朝映画ハマりそう
tossy

tossyの感想・評価

2.8
題材も良い、配役も悪くない。…ただ映画にするのが遅過ぎた!!そんな映画です。この映画が仮に7、8年前に公開されていたのであれば評価も違っただろうなって感じで正直勿体ない。

取り憑かれたようにSNSで何かを共有しないと気が済まなかったり、プライバシーが無くなるとか。言いたい事、皮肉は分かるけど 17年公開当時においても何度擦られたか分からないくらいのテーマであるし、実際にその半分くらいの問題が起きてしまっている現状をみると「ああ、またこの話か」と思わずにはいられない。

そういう"既視感"はサスペンスにするには刺激不足で、SFにするには現実的過ぎた。

物凄く中途半端なストーリーで、エマワトソンの表情が暗くなるのに合わせて話も単調になってくる。(エマワトソンの笑顔がもっと見られてたら救われたかも知れない)

レビューサイトでぶつぶつ言ってる自分が言えたテーマでは無いかも知れないけど…とオチを付けておきます。何事も距離感が大事。
UMI

UMIの感想・評価

3.1
なんかのホラー映画見るよりよっぽど恐怖体験できる映画だと思う、現実的とは言い難いけど全く有り得ないものばっかりじゃないから余計リアリティというか。形はどうであれ情報だけで人を殺せる時代が来ていることは否定できないよね、、、
究極のSNSとして24時間全てをシェアする透明化には誰も賛同しないだろうが、犯罪者や落し物の捜索であれば、既に今も行われている。リアル店舗で見た商品をネットで買い、批評家よろしく星をつけたレビューをまた他人が評価する。ある意味で既に監視し合う社会である。透明化とまではいかないが、今後もSNSは善悪を併せ持って進化していくだろう。とはいえストーリー展開があれよ、中途半端よ。問いかけのラストは限られた作品でしかできません。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

2.0
SNS企業で働く女性のお話。将来的にあってもおかしくないような話だが、リアリティはない。いけ好かないやつらと、バカバカしく感じる事が多かった。 全然重要なシーンではないが、あの歌手出てきてビックリした。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.5
プライバシーも何もない!こわいなぁ、、と思いながら観てたけど、実際これに近い事はあってるとも思う。

主人公もみんなに注目されて楽しんだり、アイディアもどんどん浮かんで評価され、自分を見失って洗脳されてきたかに思えたけど、、
その状況に流されず、ちゃんと考えを正せたのはえらい!
SNSの利便性とそこに伴う危険性を描いた作品。

カサビアンのeez-ehて曲を旦那がしきりに思い出したってゆーてた。

Now we're being watched by Google
Gotta keep it simple
Sending out a signal
Everyday is brutal
Now we're being watched by Google
Being watched by Google
Being watched by Google
I ain't easy
And I make you mad
Least I ain't sleazy
I'm just trying to put the world to rights‥

てゆー、Googleに監視されてるって歌詞。(そのままコピペ↑)

他人から承認されないと人生は終わってしまうのだろうか?
ささやかな承認欲求にまで同調圧力がかかってくるSNS。
他者のプライバシーには人一倍興味があるくせに、自分のプライバシーは守りたい。人間は勝手な動物なのです。

24時間公表配信なんて何かの拷問としか思えない自分には、主人公にしろ親御さんにしろ、よく耐えたとしか思えないけど、それを本人が好んでやっているのだから文句は言えない。
徐々に恐ろしさは見えてくるけど、あえて全否定しない描き方が最後までハッキリせず、ラストは突然の〆という感が否めず。

問題提起はしたからあとはご自由に?なのか。
主人公がひとりで静かにカヌーを漕ぐ場面が印象的だった。
まじでこの映画のような未来になって欲しくない。いや、もうすでに一歩手前か同じ世界になっているのかな。


プライベートや秘密は大事。最後は現代に訴えかけているような終わり方。


映画自体は監督もラストシーンを悩んだだろうなーって思った。


てかすでにみんな、Googleに監視されてるぞ!!!(笑)Googleに監視されてるぞ!!
こんな歌歌っているロックバンドあったけど、名前忘れたわ。
kanako

kanakoの感想・評価

3.3
ラストが拍子抜け
SNSは良いところも悪いところもある
これからの世の中このSNSとつきあっていかないといけないが、個人的には、ない方がいい
この映画は、どっちだったのか・・・
>|