ザ・サークルの作品情報・感想・評価

ザ・サークル2017年製作の映画)

The Circle

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:110分

3.1

あらすじ

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てア…

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になるのだが―。

「ザ・サークル」に投稿された感想・評価

いにょ

いにょの感想・評価

3.0
2017年109本目。

結構、サスペンス的なやつの良作なんじゃないかと思って期待してたんだけど思ってたような感じじゃなかった。。。行き過ぎたSNSシェア文化のディストピア的な感じのテーマ感なんだけど色々と浅いし、デフォルメ感やステレオタイプを強調したような浅いエンターテイメントに振り切った感じ。

こういうテーマならもっと面白い掘り方出来ると思うし、エンターテイメントに振り切るにしてももっと違う展開もあったと思うんですけどね。。。
弓

弓の感想・評価

3.4
近未来への警鐘物語?
こういう社会になったら怖いという設定は面白いと思ったけれど、それに関わる人々の感情があまり描かれてなかったからリアルさを感じられなかった。
例えば、親友のアニーが主人公メイに対する嫉妬の感情とか、性生活を全世界に公開されてしまった両親の怒りとか、全世界の注目をあびたときの主人公の有頂天さとその後の疲労感とか。
せっかく名優トムハンクスが出てるのに彼の演技力を楽しむシーンも特になかったのが残念だった。
ただ、エマワトソンはとてもキレイで、彼女の顔を見てるだけで楽しめた。たった一人でそれもバストアップしか画面に写ってなくても、顔ちっさ!と思えるのはナゼ?
しずく

しずくの感想・評価

2.5
24時間自分を公開するとかあり得ない。絶対にイヤ。カメラを止めれるのはトイレだけ?お風呂もじゃないの?それに仕事中もなんて、SNSの会社なのに機密情報とか大丈夫なのかな?
プライバシーは大事。
ナオ

ナオの感想・評価

3.0
各々プライベートもプライバシーも必要だし、当然の権利。誰にも侵すことは出来ない。
こんな会社、こんな社会は絶対に嫌だ‼︎
...けど、全く有り得ない話でも無さそうなのでgkbrしながら鑑賞した((((;゚Д゚)))))))
プライバシーって大事
riesz77

riesz77の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

評判通り、そこまでおもしろい映画ではないけど、SNSを題材にした、現代にぴったりのテーマだった。当たり前になったSNSの弊害について考えさせられる。

エマワトソン×トムハンクス

この組み合わせに興味を持った。実際はエマワトソンが主人公。トムハンクスはスティーブ・ジョブズのようなカリスマ的存在な役柄も卒なく演じていたが、全体的にあまり目立っていない。ボイエガがいいポジションで出ていた。

エマワトソンが好きだからポイント増しだけど、結末が微妙。納得の終わり方だけど盛り上がりに欠ける。エンディング画面が、アプリゲームのdotsをパクってるようにしか見えない(笑)

Facebookが20億人に対し、サークルは30億人。Facebookがなくなると関係が断たれてしまう人も多いから絶対になくなってほしくはないけど、サークルみたいに依存してSNS中心の世の中になってしまうくらいなら別にいらない。SNSに依存してしまう人にいいイメージが持てない。メイがあの後もサークルで働く様子が気になる。
「これはSNSの名を借りた宗教か。」

あるコトをきっかけに自ら24時間監視される生活を過ごすコトになった主人公がなんやかんやで巨大SNS組織を改革する話。

とにかく終始宗教的な気持ち悪さが付き纏う映画だった。まず主人公のメイからして何がしたいのか分からん。あらゆるSNS生活に対してやり過ぎなんじゃないのとか言っておきながら自ら24時間監視生活を志願したり、選挙の投票のためにサークルの加入を義務付ける発言したりと、コイツ頭沸いてるのかと思った。この主人公の行動には1ミリも感情移入ができない。

サークルという会社があんなトップ企業なのもおかしい。あんな小型カメラを大々的に発表する時点で頭沸いてるとしか思えん。絶対悪用されるに決まってるだろうに、そういうとこはまず描かないんだよなこの映画。

中盤から出てくるソウルサーチなるシステムのくだりもため息の連続。あんま言うとネタバレになるけど、整形してたらどうやって見つけるんだよ。こういうシステムを是としてワーキャーするモブの皆様達も宗教じみてて付いていけん。

褒めるところは役者陣のみで、話はホント酷かったわ。酷かっただけならまだ良いけど不快な要素もあるし、見ていてキツかった。

—————ここからネタバレ—————





















ソウルサーチで犯罪者を見つけるくだり、犯罪者が逆上したらどうするつもりなのか。その時点で破綻している。マーサーが死んだのも、元はと言えばメイのせいでもあるからなコレ。てかこんなコトがあったのに普通に通常営業してる会社がまず有り得ないだろ。

ラストがまたヒドい。結局SNS監視に逆戻りしてて何1つ解決してないように見えるんだが。友人も死んで、親友も田舎に帰ったりしてるのに、それでもサークルというSNSは悪くないと言い張る主人公はもう狂気の域だろコレ。
Naoko

Naokoの感想・評価

3.0
今でも充分ありえそうな題材の映画。

人気者になりたい、注目されたいって気持ち、誰でもちょっとはあると思うけど、それが長続きしたり、そのための努力を続けられる人は少ない。
特にSNSで人気を博してる方は、そのへんがズバ抜けてるんだろうなって思う。
ありす

ありすの感想・評価

2.0
題材が面白そうなのに、妙に評価が低いなと思ったら、納得の内容。大好きなトムハンクスとエマワトソンが出てるのに、大変残念な映画だった。
>|