ザ・サークルの作品情報・感想・評価

ザ・サークル2017年製作の映画)

The Circle

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:110分

3.1

あらすじ

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てア…

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になるのだが―。

「ザ・サークル」に投稿された感想・評価

あむ

あむの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

期待してただけに残念

大勢の前で運営の2人が本当に全てをさらけ出してシェアできるのか?という正体バラしがオチだったけど、もう少しこの中身を明確にして欲しかった。

内容がうっすい。

このレビューはネタバレを含みます

トム・ハンクス、エマ・ワトソンと言うキャスティングが気になり観た。
舞台は巨大なSNSのサービス会社。
よくある利便性とプライバシーの問題を描いたもの。
見せ方がちょっと違うだけでよくある作品かなと。
終わり方もイマイチ。
SNSで拡散するということの危険性を考えさせられる。

他の人のレビューでも少しみたけど
エマ・ワトソンだったから
ずっとみてられたかな。

終わり方もっとスッキリして
欲しかったなぁ

このレビューはネタバレを含みます

この手の予告編だと、やれ企業の巨悪、政府の陰謀をハーマイオニーちゃんが解き明かしますわよ!って期待があるせいで、実際に観終わった際に、拍子抜けしてしまうかもしれないけど、個人的にはそこらのホラーより怖かった。

何がってこの映画には悪役という悪役が存在せず、強いて言えばそれはSNSを介した人々と自身のネットリテラシーの脆弱さに帰結する。
特に中盤のマーサーが死ぬところからエンディングにかけての飄々としたテンポ感は個人的に一番怖かった。というか畏怖。

1984の管理社会のような、“異常を異常と捉えられない社会や風潮”、“マジョリティー is 正義”の構図が身近にある危機とその要因となる人間の性質がリアルに描かれてた…。

何が言いたいかっていうとツイ廃はクソ。
たまご

たまごの感想・評価

1.8
いいねのためには生きてない
msk

mskの感想・評価

2.0
うーん。微妙。話があんまり面白くなかったけど、エマ・ワトソンがとにかく可愛かった
はるき

はるきの感想・評価

3.5
映画としてのおもしろさには欠けると思ったけどわかりやすい映画だった
もっと短くすればサクッと見れていいと思った
02ys14

02ys14の感想・評価

2.5
予告ではもっとサスペンス風だったんだが…
ま、完全に監視されるのは怖いけど
Emi

Emiの感想・評価

3.0
お盆映画生活10本目🎬
現代への率直な問題提起でわかりやすい作品でした。
プライバシーはやっぱ必要だよね、と。
トムとエマじゃなくても良かった気がする。
There are no more secrets.
Privacy was a temporary “thing”.

これも人類補完計画かもしれない。
未来の話ではあるけれど既に身近に起こっているんだという本能が不快感を体感させられてしまうのです。

いまでも、
通話履歴、テキストメールはキャリアが所有し、ラインの会話、写真はシーリングされているとはいえ全てサーバに保存され、Googleの高精度GPSによって我々がビルの何階にいるかまで捉え、iPhoneはどのページをスクリーンショットしたかまで残し、携帯の留まる時間で自宅や職場を把握され、マイナンバーは預金と紐づけられる。
ETCとNシステムで車での移動は筒抜けになり、株は電子化され....etc

プライバシーとは、秘密とは。

これらの情報を集積しアルゴリズムが分析する。

コンビニのATMでちょくちょくお金を降ろす人は預金額が少ない、などはコンビニにATMが設置されてから分析された結果で、

収入の少ない方に審査不要のクレジットカードを渡せば月の出費額が増え市場が潤い、

確定拠出年金は年金の半分を証券会社に運用させ、国内株を買い支えることで日経平均株価を維持させる。

ネットに繋がる全ての"thing"に対してのメッセージ。冒頭の2行を語るエマ・ワトソンに恐怖を覚えるのです。名言だわ。それでも我々は利便性のある"thing"をもはや手放せないわけで救いのない結論に何も言えなくなってしまう。

なんとな〜く日常生活で感じている違和感(マトリクスのネオが感じる違和感に似てきたと思う)に加え、作中に出てくる企業の社員の行動の気色悪さ、ストーリーの単調な進展、これらが重なって不快感を増幅させていると感じました。

ラストシーンの美しさと反比例してゲンナリする作品だった。

決して面白くはないのだけど、してやられた感じがする。言い換えればめちゃくちゃ面白い、だが.....


「気持ち悪い。」
>|