ザ・サークルの作品情報・感想・評価

「ザ・サークル」に投稿された感想・評価

tomo

tomoの感想・評価

3.7
今後あり得そうであり得ないラインの設定がなかなか面白かった。

まず感じたのは、サークルの会社が福利厚生良すぎて羨ましい(笑)
でも徐々にプライベートがなくなっていく怖さをジワジワと感じた。
なんでメイはあんなに変わっちゃったんでしょうね。
カヤックで遭難しかけた時にカメラで監視されてた事で助かった事がキッカケでしょうか。
SNSとかに耐性のないマーサーが巻き添えで亡くなってしまうのは本当に気の毒でした。
そしてメイの両親もお気の毒(笑)

あの会社で働いている人達がフランク過ぎて逆に怖かったです。
しかもなんかの宗教みたいにみな同じ方向向いてるのも怖い。
最初は機械みたいだったアニーが実は人間くさかったのが救いです。
たむ

たむの感想・評価

2.9
今の時代だからこそとても恐ろしいと感じた。だけれどSNSとの付き合い方についてこれをきっかけに考えさせられるのかもなとも思った。
難しいと感じることが多々あったけど分からないなりにもずっと気持ち悪かった。
今でさえSNSで犯人を探して住所特定やその家族への誹謗中傷をし社会的に殺す。それこそが正義だとしてる人はいくらでもいるし。マーサーに起きたあれはそれを見てる時と同じ感情になりとても気持ち悪かった。
最後の終わり方も宗教団体からの洗脳のような気持ち悪い終わり方だった。
映画ポスターの「いいね!」のために生きているのワード、とても分かるとなった。そういう人は今なんて沢山いるよな確かに。皆いいねから自己顕示欲を満たしてる。今までなかったはずのものなのにそれが今は全てになってるのが恐ろしい。
何事も程々が1番…
今の時代いつなってもおかしくないような題材
あらすじを見ておもしろそうだなぁと思った人は是非見るべき

映画のテーマについてだが
プライバシーをとるか、完全なオープン
をとるか。100対0には絶対にならない
えない

はっきりとした答えは得られないが、問題提起となる作品
誰かと一緒に見て意見をぶつけあわすのがおもしろいと思った

個人的な意見としては…

「私の経験を他の人々と共有するのを拒むのは彼ら(経験したくてもできない人々)から盗むのと同じ。知識は基本的な人権です。人が経験できるすべてへのアクセスは基本的な人権です」
この考えに同調する人が大多数の世の中になったら非常に嫌だなぁと思った
まめ

まめの感想・評価

3.3

今の時代にはほんとに考えさせられるテーマだよなぁーと思う。

この映画の残念な所は終わり方かな〜問題提起だけして解決策は??って感じ。この映画のその先を見たかったなぁと思う。
mr

mrの感想・評価

4.4
多くの人にみてほしいという思いを込めてこの評価
TO

TOの感想・評価

3.0
鑑賞記録
とし

としの感想・評価

2.9
2019年3月22日 #ザ・サークル 鑑賞
ネットワーク社会とプライバシー保護への警鐘の映画。途中まではうまく盛り上げていたが、最後は一気に終わった感があった。敵の執拗な抵抗もなく大どんでん返しもなく、今時は珍しい映画かも。#エマ・ワトソン ファンおススメ。#トム・ハンクス ファンはどうかな?
とみー

とみーの感想・評価

3.3
SNS全盛の時代(またその時代の渦中にいるGAFA?)に対する批判、皮肉が込められた映画。
利便性と引き換えにそのデータを企業に提供する。自由意思である分には最悪いいとしても、これによって多くのサンプリングデータがその企業に収拾され、それがさらに次の事業へと拡がる。サークルは利便性、社会問題改善を名目として実際は企業利益を優先としていたことで、プライバシーを無くす方向へと動いた。これが現実に起こるとしたら(まずないと思うが)恐ろしい。
だが実際にプライバシーと社会的利便性や犯罪抑止のバランスをとるのは難しいだろう。犯罪を起こさせないためには監視するなどの安易な方法に簡単に舵を切るのではなく、様々な角度から人権を守るための方法を考えるべきだ。
こういう卑近な作品は個人的な琴線にない。
>|