ザ・サークルの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ザ・サークル2017年製作の映画)

The Circle

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:110分

あらすじ

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てア…

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になるのだが―。

「ザ・サークル」に投稿された感想・評価

さき

さきの感想・評価

3.4
カレン・ギランに見惚れてました

それにしても日本版の予告編、ポスター共に酷すぎる
Kaito

Kaitoの感想・評価

3.0
テクノロジーは進歩しても、人の考え方が追いつかない現実の怖さを描いた佳作でした。トム•ハンクスが笑顔のゲス野郎をノリノリで演じていて最高です。
ぴら

ぴらの感想・評価

3.0
最後は気持ちよかったけどむず痒さが残るし現代への警告的なアレならもう少しやり方があったはず…過剰表現… エマワトソンの表情がひたすら読みづらかった 演技の問題なのか脚本の問題なのか気になる

なにより気になるのが日本での映画ポスターのキャッチコピーがあまりにもしっくりこない 本当に映画を見て作ったのか 疑問
ゆくぬ

ゆくぬの感想・評価

4.0
展開は面白い
しかしオチがよくわからないが現在進行形の問題を扱うという点では良いのかもしれない

このレビューはネタバレを含みます

注目すべきはトム・ハンクスの役のリアリティの概念の捉え方。彼は息子が健常者ではないらしいのだが、彼にとってのリアルはその息子の世界経験の仕方をベースにしたもののようなのだ。
息子がチョモランマの登頂からの風景を映像として眺めたなら、それを息子はリアルな経験として理解しているようで、そんなリアリティの観念でもって構築されるオープンな世界というものは、どうもリアリティを欠いたものとなってしまっている。
これはまさに動画共有サイトの発想である。動画共有サイトの利用者的な経験ベースによった裏打ちされている透明な世界は、実体験性がない。現実性を認めてやるにしても実際性がない。


健常者と非健常者の対比を持ってこないにしても、世界からは私秘性ばかりか個別性をも剥奪されてしまうようで、やはりディストピアにしか思えない。
mayuna

mayunaの感想・評価

4.5
レビューはひどいみたいですが、個人的にはとても面白くて楽しめた。
サークラー。色んなものとかけてんのかね、とか思っちゃったり。
まぁまとめると隣のカップルがめちゃめちゃ喋る。とにかくしゃべる。
hirogon

hirogonの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ツッコミどころ満載の映画です!
ただ、SNSなどのネットワーク社会への警鐘となっているので、”見る価値なし”とまでは言いません。

技術的には、リアル過ぎて怖い感じすらします。
法的・倫理的には、かなり無理のある展開で、「どこかでブレーキかかるでしょ?」って感じてしまう。

特に後半、会議で「サークルアカウントを法的に選挙登録に使うことを考えている」というベイリー(トム・ハンクス)らの提案に対して、メイ(エマ・ワトソン)がさらに提案を進めて、「投票にも使えるようにするとともにサークルアカウント取得を義務づけるようにしては?」と進言する所は、違和感ありありで「何でそんな展開になっちゃうの?」って感じです。
それまでの流れだと、メイは、むしろサークルによる個人情報オープン化に疑問を抱いているような流れでしたから、突然の変節のように見えてしまいます。

その後、”ソウルサーチ”というサービスの公開実験の犠牲となって、メイの友人マーサーが亡くなってしまいます。この辺の話の流れも違和感だらけで、気持ちがついていかない。

友人マーサーの死を境にして、エンジニアのタイ・ラフィートの協力のもと、メイもようやく個人情報オープン化反対の行動に。
マーサーの死後、職場に復帰したメイは、サークルよる個人情報オープン化に対する反対行動として、プレゼン会場でベイリーらに「個人情報オープン化の見本になってもらいましょう!」と提案して会場を去ります。
その後のエンディングで、メイがカヤックで海に出たところに、ドローンが集まってくるのですが、何を意味しているのか今一よく分からない。ベイリーらをやり込めたなら、その辺がもう少し分かりやすいすっきりした描写で終わって欲しかった。

とにかく話のつながりが雑なので、「それはないでしょ!」って感じの連続で、映画に没頭できませんでした(笑)
すごく身近で、もっと面白くできた題材だと思うので勿体ない!

P.S.)エンドロールの”ビルへ捧ぐ”は、メイのお父さん役のビル・パクストンが2017-2に急逝されたことに対する弔慰とのこと
hrtaka

hrtakaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

途中までは結構良かった。トム・ハンクスのプレゼンとかリアルタイムで犯罪者見つけるとか見どころも多かった。けど、最後が‥落とし所が無かったのかな。
TOP2の悪事の内容とか親友が病んじゃった原因とか結局最後はどうしたかったのか、など中途半端なところ回収すればスッキリ終われたのに。
SNSでプライバシーを公開する怖さをテーマに製作された映画"ザ・サークル"🎉
本日観賞してきました〜😆
24時間全て公開するという行き過ぎた状況が起こす悲劇!
SNS企業"サークル"のCEOをトム・ハンクス、プライバシーを公開される女性社員をエマ・ワトソンが演じます😀
サスペンスともホラーとも違った感覚を是非ご覧いただけたらと思います😊
くぅー

くぅーの感想・評価

3.5
my映画館2017#98> 他人と繋がろうと思って積極的にSNSはやってないので、 ちょっと冷めた視線で見てしまったが・・・SNSを使い込んでる今時の人は、やはりサークル社みたいな大企業に憧れるのだろうか。
新興宗教と変わらない大企業の姿にゾッとしましたね・・・偽善的な社員ばかりで。
それと、リアリティショーを好む人やプライバシーに関係なく自己顕示や自己満足のツイートばかりしてる人が実際多く居るし、独りがカッコ悪くて群れてないと安心できない人も少なくないので、遠い目にはなりましたが。

で、作品としてはサスペンスなのか社会派なのか、どっち付かずって感じで、あのラストは希望を持たせたつもりなんだろうが、まぁ、賛否は必至になるかと。
エマ・ワトソンの熱演は買いますし・・・ビル・パクストンには改めて合掌。

って、感想もどっち付かずになってしまった(笑)