ザ・サークルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ザ・サークル2017年製作の映画)

The Circle

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:110分

あらすじ

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てア…

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になるのだが―。

「ザ・サークル」に投稿された感想・評価

emochi

emochiの感想・評価

3.3
最後、現実でも現在進行形の問題を取り上げてるから、あえてぼんやりさせたのかな、と。
☆☆☆

2017年11月17日 TOHOシネマズ日本橋/スクリーン8
Yumi

Yumiの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

コピーの「いいねのために生きている」、はちょっとずれている気がする。
大企業に勤め、その中である地位につき、大衆から注目されることにある種の快感を覚え、自分ではコントロールできないところに事態が行きつく。友人を失ってからは、会社役員たちに対する復讐劇。
メイは、サークル自体は悪くないと言っていることから、監視社会に対しては受け入れているのかな?ラストの感じから、自分の周囲の人間を貶めた世界中の観衆が、同じ目に遭えばいいと思ってるのかも。
想像していた内容とは違ったけど、近未来SFでバッドエンドなところは良かった。

この映画は、見た人にツッコミを入れてもらうようにあの終わらせ方にしたのかな?おいおい、そこじゃないだろって。人の思考が一体になっていく様には寒気がした。価値観の押し付け合いなんて絶対イヤだ〜。共有したからって共鳴までしなくていいと思う。

観終わって、いろいろ考えられるのがいいのかもね。ただ映画館でわざわざ観なくても良かったかな〜〜。
アプリのレビューを見ると、あまりいい評価はすくないように感じますが、僕は面白かったです!
サークルという会社のスケールの大きさ、こんな場所で働いてみたいなって思いました。
SNSは今の時代になくてはならないものになっていると思うし、それを題材にしてるの良かった。未来を感じさせられる映画だった‼︎
何よりも、エマワトソンが綺麗でずっと見ていられた!
2017年 78本目
映画館鑑賞 15本目
umeshio

umeshioの感想・評価

-
2017/11/16

ううーん、なるほど。
勝手にもっと派手な、ナーヴ みたいな映画かな?と思っていたんだけど、結構地味というか、派手さに欠けるからこそリアリティはあるのかもなあと思った。
まず主人公が抱える家族問題、結構もう重い。
そして主人公の抱える孤独さとかやり切れなさとか、たぶんたくさん持ってるし感じているんだろうけど、観ていて想像するけどしにくいというか、主人公のことがよくわからない。なんとなくつかみ所のないようなキャラクターだと感じた。
始まりから、主人公の生活がどんどんサークルにずぶずぶになってくまではまだリズム感が多少はあるからいいのだけど、終わりの方にかけて失速した感じ。いや、失速というか、これからなにか巻き返しが成されるんだろうなと感じるところで終わるというか。だからこそリアリティがあるのだし問題提起になっているのかもしれないけれど、主人公のあの感じ、結局なにを良しと思っているのかがよくわからなかった。
今のサークルは間違っているから正しい方向へ導きたい、ツールや技術は良いものなんだから、という結論だろうとは思うんだけど、いや確かにそうかもしれないけれどこのツールはどうやっても悪用というか、隙があるというか、プライバシー云々モラル的に云々、色々抱えすぎていると思うんだけどなあ。

終始観ていて怖〜〜!!!!って感じだった。秘密は嘘じゃないし。シェアがすべてじゃないし。まるで熱心なカルト教団を観ているかのよう。そこはリアリティに欠けた。まずあの団体の中にいて、おおよそ一人二人しか疑問に思っていない時点で怖すぎるし自然じゃないよなあと思った。
むしろ主人公がもっとずぶずぶになっていって、命を救われたことによってなにも疑問に持たず、洗脳されてしまう物語の方が面白かったのでは…と思ってしまった。

あの会社のあの感じ、わたしにはきっと無理だなあ。息が詰まりそう。みんなで高め合おう!悩みも楽しみも全てシェアしよう!助け合おう!みたいなあの空気が本当に怖い。おそろしい…というか普通に24時間リアルタイム晒すって頭おかしいし怖すぎ。これはおかしいのでは…?って思えないあたりあの会社の人たちはもう毒されてるんだろうなあ。

主人公がカヤックにのって、命を懸けて見たあの景色はみんながみんなシェアできなくて良いと思うし、その場に行って、自分の目で、体で体験すること、ひとりでひとりと向き合うこと、この目の前の景色や時間が今自分だけのものであること、そういうのって、必要だと思うんだけどなあ。

まぁ確かに身体的に不可能な人たちや、状況や金銭的に不可能な人たちにとって必要なツールだしあって尊いものだとは思うんだけども。映画だって、写真だって、本だって、そこへ行けないけれど疑似体験できるとても素敵なツールなわけだし。
でもやっぱり自ら体験すること、その一瞬を自分だけのものにすることって素晴らしいことだと思うんだよなあ。

わたしは逐一自分がしたことを報告したりシェアしたり、いいね!貰うためだったりインスタバエだったり、いまのこのSNSにあふれた生活にさえもビクビクしているから、もうなんかアーミッシュでいいよわたしは…って観ていて思った。笑

なんでも適度がいいよね。
わたしにとってある意味ホラーみたいな作品だった。

映画館
namuge

namugeの感想・評価

-
最後の終わり方にそれで良いのか?それで問題の解決になっているのか?っていモヤモヤした気持ち
ユリ

ユリの感想・評価

3.5
ベイリーやタイのキャラクターをもっと掘り下げてほしい物足りなさはあったけれど、評判ほど悪くはなく、わりと楽しめた。

エンディング曲が思いがけないJónsiで最高だった。
まあち

まあちの感想・評価

2.5
いいね!のために生きている

っていう割にはそんな内容でもなかったなー
トレーラーが良かったので期待しすぎました。
盛り上がりに欠けるし最後もモヤっと。
全体的に宗教っぽいしわたしには合わず、、

トム・ハンクスの演説はほんとにどこかの会社のCEOって感じ。笑顔の裏の陰りにゾクっとした。

このレビューはネタバレを含みます


中途半端なエンディングに見えて、
全てを知ること、全てが見えることが
安全につながるという事しか
前に進む一歩にならない、改善にならない世界が

現実でもすぐ近くにあるようで
実に奇妙。

トムハンクスのスピーチシーンが期待通りとても良かった。

ビルに捧げる、は、あのビル??