ザ・サークルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ザ・サークル2017年製作の映画)

The Circle

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:110分

3.1

あらすじ

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てア…

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になるのだが―。

「ザ・サークル」に投稿された感想・評価

やだ!カレンギランよ!!ネビュラよネビュラ!スタイルいいー 足長いー かわいいーwww

さて。
近未来過ぎて。SNSが盛んになりすぎて。
怖いですね。いや、ほんと、怖いですね。
やたらめったら、いいねしたり、写真撮ったり、動画あげたりするの、怖いですね。
RundryDRY

RundryDRYの感想・評価

2.0
ありうる未来を描いていて気持ちよかったです。
絶対こういう商売でてくるって何年も前の映画もいっていたようなきがします。実際に生活をみつづけるっているの、なすびの懸賞生活でみててみんなはまってましたもんね...って映画と全然違う話やで
Aaaaa

Aaaaaの感想・評価

3.1
プライベートの透明化ほど恐ろしいものはない。
期待してたよりあんまりやった
でも、エマ・ワトソンのプライベート透明化は大賛成🤭
相変わらず美しかった。
かずSUN

かずSUNの感想・評価

3.3
こんなことになったら
ほんと怖いし
生きているのが嫌になりそう。。

こわやこわや。、。
35

35の感想・評価

-
ネットで繋がったり何でもポチッと買える
すごく便利になったこの先どうなるんだろ!

他人が撮った写真が旅のきっかけになる事はよくあるけど
行った気になって満足する事もある
僕は自分の目と耳で感じたい‼
おぐ

おぐの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

Google叩き映画

上映時間の割にはあんまり、、、って感じでした。
管理社会、現代のSNS文化に一石を、という映画。

なんか前半と後半で実はテーマがぶれてたような。
前半は会社の人全般を不穏に描いてるのに、最後に会社のお偉方をノックアウト!では清算しきれへんと思うよなぁ〜

集団の暴徒化ないし集団の暴走に対しては最後まで肯定的
スマホの光で照らすシーンが象徴的
それでいいんか?と思ってしまう

安易にお偉方を悪役として討伐すべきではなかったと思う
それで話を薄っぺらく見せてしまった
ゆきう

ゆきうの感想・評価

2.8
24時間自分の生活を晒す??
そんなバカな…
浅はかすぎるでしょう。
会社も、メイも。異常だよ異常!
とは思いつつ、まぁまぁこのようなことに近いことが現実にも起こってるのかなぁ、と。
でもあの衝撃の事件が起こって、それでもメイがサークル自体を否定することはない感じに違和感。
サークル自体は悪くない。もっと交流しとけばよかった…って、そうか!?
自分はそうは思いません!
最後も、あれで一矢報いたことになるの??というような弱い結末…
なんだかなぁ〜!

近い将来、こんなことになりかねないよっていうアンチテーゼ?
どうしたらいいかは自分たちで考えようね的な?

とはいえ、トータルでは面白く見れたかな!トムハンクスが、憎らしくて、さすが。
巨大SNS企業の過剰なやり方に反感を持ち企業を潰そうとするエマワトソンかと思いきや違いました。
結構ノリノリでプライベートを丸裸にする始末。

まぁSNSの弊害ですね。
今でもプライバシーなんてあるようでないもの、何事にもリスクは付き物です。

トムハンクスがこういう役するの珍しいなと思いました!
でもこういう役もピッタリでした!

なんか段々と宗教的になっていくのが怖いなぁと思いました。
もしかしたらこういう将来が待ってるかも!
SNSの未来と組織のトップが自分たちの都合の良し悪しを隠していることを教えてくれた、そんな映画でした!
SNSについて考えさせられる110分でした。
simple

simpleの感想・評価

3.4
現代でいうSNSやYouTubeなどの動画配信サービスで起こり得るだろう問題が描かれていた。視聴者が100万人や1000万人を越えてたとしても人としてのモラルやプライバシーをどこまで守るべきか考えさせられた。