ザ・サークルの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ザ・サークル2017年製作の映画)

The Circle

上映日:2017年11月10日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てア…

世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェン ジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になるのだが―。

「ザ・サークル」に投稿された感想・評価

aonowakako

aonowakakoの感想・評価

3.5
SNSが発展した世の中をうまく描いた作品で、久しぶりのエマワトソン。"いいね"の数に前向きになり満たされていく典型的な承認欲求の度が過ぎるとどうなるのか。何のために、SNSを使っているのか。自分を含めて色々と考えさせられる人も多いと思った。
大きく育ったデータカンパニーが倫理を無視するとどうなってしまうのか、その一つの可能性を示唆している。が、色々と突っ込みどころは多くフィクションの域は出ないかな~という印象。もちろんフィクションではあるのだけど、もう少しリアルな方向に寄せてくれた方が個人的には面白かった。
SYU

SYUの感想・評価

4.0
暴走するフォロワーの恐ろしさに戦慄した。
そして、なにより怖いのはステージ上でのトムハンクスの無言の圧力でした。
主人公の女性が、少々自分勝手な印象でしたが、エマワトソンの可愛さであまり気にならない。
友達役の女優の、演技に1点追加です
エマワトソンかわいい。
SNSにハマらないように距離を保とう。
USK

USKの感想・評価

2.4
近未来SFと言うよりも下手したらすぐにでも可能になりそうなテクノロジーと倫理観に迫った社会派な作品だった。ただエマワトソン演じる主人公が田舎から出てきて一流のIT企業に入り、不気味にハイな社風に引き気味かと思いきや家族のプライバシーまで売りとばし、親友のトラブルも無視し、ところが最終的にやっぱこんなんダメや~と経営者に復讐するという、ぶれっぶれな展開。もっとどっちかに振り切った方が面白かったと思います。途中親友のやつれっぷりが凄まじくてちょっと面白いけど、やっぱいい会社ってハイじゃないといけないのか、と偏見強まりました。
saho

sahoの感想・評価

2.6
もっと、現代のインスタやツイッターの闇を描いてくれるのかと思ってたのに、近未来すぎて思い切り期待はずれ。

SNSの闇を描くなら、Netflixのブラックミラーの「ランク社会」の方が100倍面白い。

222本目 / 2017
ksksk

kskskの感想・評価

2.5
字幕なしで観たけど、なんとなく話の流れはわかった、、
とにかくSNSに踊らされる人間って怖い、今もこんな感じの世の中よね

このレビューはネタバレを含みます

レビューの中身消してしまった。。。

ただ、レビューするために映画見てるわけではなく、
あくまでも
見た映画をレビューしてそこから
ディスカッション、
新しい発見、
時間をおいても思い出せるのが目的笑

想像とは違った。
気持ち悪さを感じながらも、
自分が会社側の人間になる。
スパイかと思いきやどっぷりで
気づいた頃には遅いし、
その後の「仕返しだ~」って
パートがない。

結局幼馴染みを圧迫→殺人。
監視社会に飲み込まれる。

どんでん返しを期待したし、
もっと気持ち悪くても良かった。
ケーブルをたどった先に停留していた特殊なグラス越しでないと見えない宇宙船に乗り込み地球を植民地化しようと目論む異星人とドンパチを繰り広げる展開がいつ始まるのかと思いきや。

その導入部だけで終わってしまった感じ。

出演者頼りでアイデアの盛り込みを放棄した結果の悲惨な出来かしらね、と。
EMMA

EMMAの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ありえそうな未来。だけど、昭和の人間には共感しにくい。便利だなーって思うところいっぱいあるけど、なぜ実現できるのか?できたのか?創設者がこんなに近くにいて技術あるのに隠れて過ごせてるの?はてないっぱい。
最後はやめるんじゃなくて続けることを選択したのは「えー!?」って思いながらもなんか納得。ただ、最終的な答え見えずに終わったのは腑に落ちません。