仁義なき戦い 頂上作戦の作品情報・感想・評価

仁義なき戦い 頂上作戦1974年製作の映画)

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.9

「仁義なき戦い 頂上作戦」に投稿された感想・評価

貝崎

貝崎の感想・評価

4.5
代理戦争のつづき。広能(菅原文太)がまた捕まってフェードアウト。主人公が不在すぎる映画だなまじで。

今作でやっと一般市民と警察が動き出して、組長クラスが続々逮捕される頂上作戦。広島やくざ崩壊に向かっていく。どんどん誰もあとに引けない感じが出ていてガチャガチャしてたらいつのまにか、静かにクライマックスを迎えてた。というより90分ずっとクライマックスだったんだ。全体的に空気がやばい。不穏すぎる。血と泥のにおいが画いっぱいに充満してる。
最後の裁判所のシーンがよかったね。広能と武田(小林旭)の何ともいえん哀愁漂う姿。「もうわしらの時代は終いで」

実質の仁義なき戦い終了ということでもう満足ですがラスト一本完結篇。
うみち

うみちの感想・評価

3.9
レジェンド極道映画4作目。
『仁義なき戦いシリーズ』の第4作目。この次に『仁義なき戦い 完結編』はあるが、脚本家である笠原和夫はこれを最終作として脚本を書いたため、実質シリーズの締めくくりといってもいいだろう。そしてその締めにふさわしい作品だ。

今作は前作から引き続き代理戦争を描きながらも、警察による暴力団壊滅運動との対立も同時に描いていく。今まで広げた風呂敷にさらにシナリオを足して全てを終わらせようとしているので、少しシナリオがぎゅうぎゅう詰めになっている。後半は広能が逮捕されてしまってしばらく出番もなし。

しかしそれだけ中身が濃い分、監督や脚本家が本当に言いたいことがこの映画に詰まっている。それは若者たちの権力に対する反抗と無力感だ。戦争という時代で多くの若者たちが戦場で亡くなり、戦争を起こした張本人である国家の上層部は命を奪われないどころか手も汚さない。ずるくて汚い大人たちだった。そんな時代も終わり若者たちの時代の到来であったはずだったのに、結局は戦争の時と全く同じ、汚い奴らはぬくぬくと暮らして若者たちが無意味に命を落としていく。そして、そんな中でも義理を通そうとし続けた広能も自分たちの時代が終わったのを痛感する。あのラストシーンは戦後を生き抜いてきた人々の無力感をヒシヒシと感じる名シーンだ。

『仁義なき戦いシリーズ』は単なるヤクザ映画ではない。理不尽な世の中でなんとか生き抜こうとした若者たちの権力への怒りと、それに対して抗いながらも何も出来ないことへの無力感を描いた作品なのだ。

どうでもいいけどこのシリーズは日本語字幕なしだときつい!
tmtkhzm

tmtkhzmの感想・評価

4.0
広能と岩井、広能と武田
仁義を重んじる者同士の会話は
心に染みる。
それに比べて山守と打本の
クズっぷりはもう同情(笑)
書庫番

書庫番の感想・評価

3.5
2018年9月17日 U=NEXTにて鑑賞。

この後『完結編』が控えるが、脚本の笠原和夫は本作で完結との思いで執筆。
以降のシリーズには参加していない。

謀略と暴力の果てに残るは虚無。
昔見たシリーズ
ten47

ten47の感想・評価

4.1
今作は今までより菅原文太のブチ切れ具合いが良かった
最後の仁義を重んじる二人の会話が冬の寒さと共にしみる
あんな結末になってしまうのは誰もが分かっているけど...避けられないよね
シゲ

シゲの感想・評価

4.2
シリーズ通して、現代のドラマで使われる変な広島弁はほぼ見受けられないところが素晴らしい!
YF

YFの感想・評価

3.9
代理作戦の続きとして、泥沼化した広島抗争を描いている。
ラストの死傷者・逮捕者の数と抗争が全く意味であった旨のナレーションは、ほんとにこのシリーズのテーマであるいかに人の命を無駄に扱ってきたかっていう監督自身の憤りみたいのを感じる。
>|