仁義なき戦い 頂上作戦の作品情報・感想・評価

仁義なき戦い 頂上作戦1974年製作の映画)

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.9

「仁義なき戦い 頂上作戦」に投稿された感想・評価

貝崎

貝崎の感想・評価

4.5
代理戦争のつづき。広能(菅原文太)がまた捕まってフェードアウト。主人公が不在すぎる映画だなまじで。

今作でやっと一般市民と警察が動き出して、組長クラスが続々逮捕される頂上作戦。広島やくざ崩壊に向かっていく。どんどん誰もあとに引けない感じが出ていてガチャガチャしてたらいつのまにか、静かにクライマックスを迎えてた。というより90分ずっとクライマックスだったんだ。全体的に空気がやばい。不穏すぎる。血と泥のにおいが画いっぱいに充満してる。
最後の裁判所のシーンがよかったね。広能と武田(小林旭)の何ともいえん哀愁漂う姿。「もうわしらの時代は終いで」

実質の仁義なき戦い終了ということでもう満足ですがラスト一本完結篇。
この作品は前作「代理戦争」と対を成すため、レビューは前作で書いてある事がほぼ全てですが、

ヤクザ映画がハッピーエンドになる筈もなく、「器用な男は生き延び、不器用な男は死を選ぶ」という結果に導かれます。

男という生き物が、いかに未熟で出来損ないであるかという心理描写が素晴らしく描かれており、この物語の終焉に相応しい仕上がりになっています。

シリーズを通じて「コメディリリーフでありなから、物語の一連の黒幕」という非常に難しい役を演じておられる金子信雄さんには、「名誉助演男優賞」という称号を与えていただきたい。

全ての男子は観るべき映画!
初見。
前作から続く抗争に一応終止符は打たれたますがその終わり方は何ともむなしいです。組同士の争いに加えある程度持ちつ持たれつの関係であった警察、さらに市民からも敵に回され次々に人が死んでいく。でも死んでいくのは若い連中ばっかりで上の奴らはふんぞり返って生きている始末。映画の中の話とはいえ腹立ちますねえ。なんか半沢直樹の
「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任」
というセリフに似たものを感じました。
特に山守組長と打本組長。こいつらが生きてるってのはホント憎たらしいものです。でもそれがヤクザなんですかねえ。
凛太朗

凛太朗の感想・評価

3.8
仁義なき戦いシリーズ第4部。
第二次広島抗争はここで終焉を迎える。
ヤクザ同士の抗争というより、対マスコミ、対警察が目立ってきます。
そして一つの時代の終わりが…

小林旭は、シリーズ中ではこれが一番目立っていて、やはりかっこいい。

結局、広能が戦っていたものはなんだったのかとか考えてると、ラストがあまりにも儚なく物悲しすぎる。
そして、これまでに比べてなんだか物凄く物足りない!
一つの時代の終わりとしてはいいんだけど、やっぱもっと滾るような熱さをご所望って感じですかね。

このレビューはネタバレを含みます

ずっと見てたらただのドキュメンタリーみたいに見えてきた。ちょっとこの時代の人は顔が似てるし、服似てるし、さらに出てる人数が多いから見分けつくまでに時間かかる。今更やけど訛りきついやつ何言ってるか分からん。戦争は終わりやけど菅原文太が特別活躍するわけでもなく尻すぼみに終わってしまうのが残念。やけどほとんど幹部達も捕まってこれから続くのがどーいう展開なんかは気になる。
yk

ykの感想・評価

2.6
もうややこしくてよくわかっていない私
Netflixにこのシリーズのこれだけないの謎なんだけど
仁義なき戦いに一区切りついた作品。
前作が静かであったのに比べて今作はドンパチ多め。
警察や市民も介入し始め、抗争は大きく発展。やることがド派手。
より勢力図が複雑に。しかしなんとなく分かるのが『仁義なき』の良いところ。最初から広能と槇原が対立していてアガった。
小林旭が鬼カッケェ。辰兄ィの関西弁も痺れる。
shell

shellの感想・評価

4.5
好きだわ〜。代理戦争と頂上決戦あたりは、その時代のヤクザの立ち位置というか、社会で変化していくヤクザを描いているところがおもしろい。警察も介入してきたりして変化せざるを得ない中で、男達はどう生きるか。ヤクザの文脈みたいのって真面目にやればやるほど滑稽に見えちゃうんだけど、なんかそれが切なくて愛おしい。ラストの会話も心に染みる。
そして何より小林旭の色気がダダ漏れで武田が登場するたびにうっとり。黒い賭博師シリーズの小林旭とかも好きだけど、やっぱ頂上決戦の武田が一番セクシーダイナマイトガイ!!
>|