仁義なき戦い 頂上作戦の作品情報・感想・評価

仁義なき戦い 頂上作戦1974年製作の映画)

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.9

「仁義なき戦い 頂上作戦」に投稿された感想・評価

sena

senaの感想・評価

-
一回死んだはずの俳優また別の役で普通にいるの最初かなり戸惑うな。前作の方が好き。
文太が傍観者になった分、小林旭が主人公格に繰り上がる。
カタルシスの無さも含め、実録群像劇としてはこれで完成。

後続作品は暴力描写を激しくするか、モンスター的な人物に頼るかでバリエーションするしかなくなった。
千恵

千恵の感想・評価

-
今までのシリーズは、ヤクザの世界だけで完結できたけれど
一般人(新聞記者・警察)の存在が
極道の動き方にも関わってきて
ストーリーがぐっと分厚くなった


警察の「やり過ぎのヤリエスじゃろうが」は最高のセリフ

「広島の極道は芋かもしれんが、旅の風下に立ったことはいっぺんもないんで」
最高にシビれるセリフだし
なんか頑張る時にこの気持ちでいたい
さかい

さかいの感想・評価

3.8
1つの時代の終わり。
くろお

くろおの感想・評価

3.7
非常に現実的な終わり方でラストシーンも好きだが、映画としてはこれでは収まりつかんのう!

次行こう
広能VS武田の頭脳戦第2ラウンド。高度成長とオリンピックによって日本が発展していくにつれ、闇市から成り上がった戦後ヤクザの終焉を感じさせる作品。ヤクザとずぶずぶだった警察とマスコミがようやくちゃんと仕事をする作品でもある。明石組と神和会の代理戦争は続き、名を上げたい若者がバタバタと死んでいくが、打本の相変わらずふらふらとはっきりしない態度に観ているこちらが業を煮やしていく。前作同様のポリティカルサスペンスが展開されるが、今作のノリは何と言っても「戦い疲れ」の雰囲気がシリーズでも異質である。若者は暴走して死に続けているが、抜いた刀を納める鞘がなく不毛な戦いが続く。極めつけは頂上作戦による広能の一時途中退場で、これにより物語も失速するも、戦いの終焉に向かって持ち直し、武田と廊下で再開を果たすラストシーンが本当に素晴らしくキマる。 取り調べ室の刑事が広能へ言い放つ「お前ら親分は良い身分」「死ぬのは若い奴ばかり」 は本シリーズの骨針そのものであり、本来なら広能が親分に吐くようなセリフである。無鉄砲な若者だった広能が生き残ったばかりに若者を死なす側の親分格になってしまったことを実感させる。それにしても広能はムショで仲間を作りすぎではないだろうか。
shin01

shin01の感想・評価

3.9
小林旭いい感じ٩( ᐛ )و
山守も抑えるわ、根回しも、キレッキレッだね♪♪
前作より貫禄がある・・・

『1年半と7年かぁ尺に合わん仕事したのぉ』って・・・
文太兄さん悲しいなぁ_(┐「ε:)_

広能と武田の最後のシーンが寂し。

打本がさっさと動けば明石組と犠西会で山守を取れたのに・・・
広能さんかわいそう。
nhd

nhdの感想・評価

-
2019.5.30鑑賞
記録
2019.66
>|