闇金ドッグスの作品情報・感想・評価

闇金ドッグス2015年製作の映画)

上映日:2015年08月01日

製作国:

上映時間:88分

3.0

あらすじ

若くして組長まで昇り詰めた安藤忠臣(山田裕貴)。関西ヤクザに的に掛けられた手下の為に、ヤクザから足を洗う事になった。 代紋を外したとたん、金の都合をさせていた闇金業者の小中高志(高岡奏輔)からも追い込みをかけられる始末。ふんだり蹴ったりの忠臣は、小中から、債券の回収の術を学び、自分も闇金になろうと決心する。 そして、地下アイドル“けろリズム”のえりな(冨手麻妙)をこよなく愛するキモヲタニート…

若くして組長まで昇り詰めた安藤忠臣(山田裕貴)。関西ヤクザに的に掛けられた手下の為に、ヤクザから足を洗う事になった。 代紋を外したとたん、金の都合をさせていた闇金業者の小中高志(高岡奏輔)からも追い込みをかけられる始末。ふんだり蹴ったりの忠臣は、小中から、債券の回収の術を学び、自分も闇金になろうと決心する。 そして、地下アイドル“けろリズム”のえりな(冨手麻妙)をこよなく愛するキモヲタニートの良夫(古澤裕介)が客となるのだが、借金の回収に苦戦する。 一方、えりなは、悪徳事務所社長(津田寛治)の手口により、イベントやCD発売の度に高額な金銭を要求されていた。 なんとしてでもアイドルを続けたいえりなもまた闇金に手を出していた…有象無象が群がる、闇金の世界。忠臣はこの道でのし上がっていく事が出来るのか――

「闇金ドッグス」に投稿された感想・評価

地下アイドルの追っ掛けをするよしおくん(古澤裕介)。ニートで働くこともなく、親の金をつかいまくる。

悪徳プロダクションに騙されて、借金まみれの地下アイドル(冨手麻妙)。キモオタのファンにパンチラ写真を撮らせて借金返済にあてる。

闇金ラストファイナンスを立ち上げるため闇金に借金をする元ヤクザの組長(山田裕貴)。借金返済のため鬼畜となる。

本作を観ると、1円足りとも借金するものかと思う。ということは、闇金映画の量産が、借金で苦しむ人々を少しでも減らすことができるということか?

なわけないか‥‥
冨手麻妙さんヤバ
ほこり

ほこりの感想・評価

3.0
山田くんの演技がとても良い…
ウシジマと比べてはいけない
人間がえぐいよ〜〜
めっちゃイラつく
山田裕貴くんかっこよす
>|