殿、利息でござる!の作品情報・感想・評価

殿、利息でござる!2016年製作の映画)

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

金欠の仙台藩は百姓町人へ容赦なく重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。さびれ果てた小さな宿場町・吉岡藩で、故郷の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。千両=三億円の大金を水面下で集める前代未聞の頭脳…

金欠の仙台藩は百姓町人へ容赦なく重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。さびれ果てた小さな宿場町・吉岡藩で、故郷の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。千両=三億円の大金を水面下で集める前代未聞の頭脳戦が始まった。「この行いを末代まで決して人様に自慢してはならない」という“つつしみの掟”を自らに課しながら、十三郎とその弟の甚内(妻夫木聡)、そして宿場町の仲間たちは、己を捨てて、ただ人のために私財を投げ打ち悲願に挑む!

「殿、利息でござる!」に投稿された感想・評価

ほのぼのおもしろ映画
た

たの感想・評価

3.5
タイトルからしてコメディかなって思ったけど感動系でした
2wd4wdRocK

2wd4wdRocKの感想・評価

3.8
殿様が座って喋り出してから、羽生かよ!って気付いた。
阿部サダはいいキャラだねいつもしかし
瑛太もきたろうも西村雅彦も良い
この時代の百姓コメディ?系がすき
主題歌はレキシがいいなぁ
nano

nanoの感想・評価

3.0
人の、人を想う気持ち。これが実話というのだから、人間捨てたもんじゃない。

映画としては少し間延びしていたが、人情話としてよくまとまっていたと思う。それにしてもよくこのキャスト集めたなあ、東日本放送。よく羽生選手引っ張ってきた。羽生選手もありがとう。この話もあなたも宮城の誇り。
 史実に基づいた良い話系の時代劇。
 街道沿いの宿場町に課せられる伝馬役。参勤交代など大名が街道を通る際は、自らの身銭を切って人足を雇い馬を集め荷物運びを担わなければいけない。これが、年貢やらなにやらよっぽどきつく、町は衰退の一歩。そんな中、有志でファンドを作りお上に金を貸してその金利で伝馬役の費用を賄おうと企んだ町人たちが居たって話。

 元ネタは磯田道史「無私の日本人」所収「穀田屋十三郎」より。原作者の方の話を聞く機会があったので、気になって観てみた。

 ストーリーはとても良い話。ベースが史実であって、どこまでが脚色なのか、兄弟のくだりや目が悪いと言う下りとか、判別はつかないが、かなり心を打つストーリー。親子二代に渡って、町の為に何かが出来ないかと倹約をして、銭を貯める。守銭奴と影口を叩かれようが、それに一切反論するでもなく。名誉のためにやっている行いではないから。原作本「無私の日本人」とあるように、そこに私利私欲など一切ない。正に滅私奉公。その営みが人々に伝わった時の安堵と暖かみは心を打たれる。

 一方で、この展開を十二分に楽しめるためのいくつかの土台が欠けてるようにも感じられた。それは何か。当時の人々の倫理規範、価値観、経済観念である。
 あまりにも彼らの行動原理、トラブル、解決、達成からの喜びが分かりやすぎると感じた。お上に金を貸す、そしてそれから利息を取ることが如何に奇抜な発想であるのか。ざっくり今の言葉で置き換えればファンドを組んで国債を買うと言う行動なのだが、当然仕組みも違うだろうし、そこでもう少し細かい解説が入れば、「良い話」+「お勉強」に成り得たんじゃないかなぁ、と。
 磯田氏の話を聞くに、江戸時代の経済問題の知見にもかなり明るいし、元の本にはもう少し詳しい解説があったんじゃないだろうか。

 もう一つ。経済の観点と並んで気になったのは、倫理観、思想史の方面だ。穀田屋が旨とした、そして、原作の本の通題にも掲げられている「無私」と言う観念はどこから来たのかなぁと言う所。
 ペイフォワード」と言う映画がある。あの作品は善意、好意の「貸し借り」みたいな事をもっと前面に押し出していた。基本的な理念はこうだ。善い事をしよう、そして、それをされた側が別の人に善い事をしよう。そうすれば、善い事の輪はドンドンと広がっていくから。
 穀田屋の善は少し毛色が違う。善が善として人々の間を流通していく事を望んでいない。むしろ、秘されている事に美徳を見出している。善なる行為の結果が人々に喜びをもたらす時、重要なのはその「喜び」である、と。それを生み出すのは「仕組み」ではなく個々人の「徳」、もう少し強い言い方をすれば自分の「徳」であるとしている。結果の「喜び」だけを見れば、仙台藩主に認められた宿場町は以降、元本を遥かに超える利息の支払いを受けることに成功した訳だけど、この無私の善と言う物はある種、孤高で、他者や世の中への諦観と言うか、己への傲慢と言う言い方も語弊があるかもしれないが、そう言った感情に基礎づけられているなぁと思った。
 それが良いとか悪いとか言うつもりはないのだけど、善が駆動していく条件として、ハードル高くね?と言う気がしてならない。
 作中で言及があったけど、見落としたのか、先代が、阿部サダヲと妻夫木に読み聞かせてたのはなんだったんだろう。論語とかかな。当時儒学は風あたり強かったような気がしたが。

 筋とは関係ないが、妻夫木の弟の演技よかったな。物語の展開するにつれて変化していく見る側の印象を、忠実に表現している。計算高い怜悧冷徹な金貸し、繊細で弱弱しくそれでいて覚悟をした中盤、終盤の兄や町人たちと打ち解け穏やかで柔らかい青年の印象。それぞれを上手に演じ分けているなと感心した。
99chida

99chidaの感想・評価

3.7
無私の精神が世の中を変え、時代をつくる。
aya☆66

aya☆66の感想・評価

3.6
妻夫木君は、やはり品があるな〜と再認識。史実というのがすごい。
なつき

なつきの感想・評価

3.6
悪い奴はいねえのかよ!って感じだったけど、お金に使われず、目的のために使える人間になろうと思いました。

妻夫木聡良い役。
羽生くん、殿役のニュース昔見た記憶あったけど、これか!
オリンピックシーズンにみれてラッキーだった。殿、金メダルおめでとう。
予想外に良いお話でじーんとしました。
>|