木津毅TsuyoshiKizu

ヴィジットの木津毅TsuyoshiKizuのネタバレレビュー・内容・結末

ヴィジット(2015年製作の映画)
3.3

このレビューはネタバレを含みます

寝坊して試写行き逃しシリーズ。



 僕が忌み嫌う「ネタバレ」という言葉はいつ生まれたんだろう? いったいいつから映画はネタ扱いされるようになったのだろう? 調べてないし調べる気もないからべつにどうでもいいんだけれど、シャマラン、このひとも少なからずそのことに関わっているはずだ。彼の意思は別として。ただ言葉というものは恐ろしいもので、この言葉が浸透するようになって、本当にネタ一発のくだらない代物が世に増えた……ような気もする。
 だが、シャマラン、このひとはけっしてそんなところにはいなかった。たしかに『シックス・センス』のように「解」がある映画もあるんだけれど、『サイン』がネタよりも何よりも、アルミ箔をかぶったホアキン・フェニックスを観るための映画だったように、アイデア(しかも「それ!?」みたいなアイデア)で作る映画の面白さをわたしたちに思い出させてくれた……ひとだった。

 『ヴィジット』はロメロで言うところの『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』であり、素人の自主映画を装いながら高度なテクニックを織り交ぜてくる。幼稚なフラッシュバックも使わず、タルい説明をバッサリ省きながらも数々の伏線が効いてくる展開は、テロップ文化に媚びた映画たちのお手本になってほしいぐらい。が、べつに彼が示したいのは自分の手腕などではない。
 そして、「ネタ」が大事なのでもない。「解」はたしかにはあるけれど、そこに至るまでの工夫に満ちた描写の数々を微笑ましい気持ちで見守る過程が重要だ。ハッタリでも映画が作れることの危うさと素晴らしさ、そのギリギリの境界に彼は懸けていて、だけど最終的にこの映画を観る者を朗らかな気持ちにしてしまう。家族が壊れてしまったアメリカで、だけどこんなに悲しくも愉快なことが起こり得る、ということ。

 スコアはまあ、中途半端にはなってしまうけれど、この世にシャマランがいて良かったなあ、素朴にそう思える一本。マイ・ベスト・シャマランは後にも先にも『サイン』ですが。