KouheiNakamura

ヴィジットのKouheiNakamuraのレビュー・感想・評価

ヴィジット(2015年製作の映画)
4.3
笑いと恐怖は表裏一体。そんな言葉が頭をよぎった、シャマラン監督の最新作。
祖父母の家に一週間滞在することになった姉弟の恐怖体験。全編POVで撮られているのでビデオカメラの画質なのがいい具合に恐怖を煽っている。映画監督志望の姉がカメラを回している…という設定なので緊急事態でもカメラを回していることに意味があるのもいい。
この姉とラッパー志望の弟のこまっしゃくれた感じが最高で、自然に感情移入出来るのもgood。また田舎のじいちゃんばあちゃんのキャラクターも強烈で、次に何が起こるか分からない不安感が常に全編に漂っている。

印象に残る場面も多く、オーブンのくだりとか床下でギャーとか深夜の奇行とか…とにかく盛りだくさん。いずれも低予算映画ならではのアイディアに満ちていて本当に素晴らしい。思わずニヤッとするエンドロールの演出も含め、とても好きな映画です。
やったね、シャマラン!