せ

ヴィジットのせのレビュー・感想・評価

ヴィジット(2015年製作の映画)
3.3
いや私こんなに怖い映画他にないと思うって観終わったあと言ってしまった。
それくらい怖かった。

スト〜リ〜としては、
孫二人がまだ会ったことがない祖父母に会いに家へ行くんですが
どうもその「祖父母」の様子がおかしい。

最終的に脱出を試みようとしたり
孫たちがなんとかして喧嘩別れの母親と祖父母の関係を改善させるために頑張るわけですが、、、

いかにもシャマランぽい内容でした。
彼のホラー(サスペンス?ミステリー?)映画って、精神疾患の方が出てくるんですよね。
うーんこれを 怖いもの として一つの鑑賞物みたいにするのはなんともコメントしづらいのですが、どれも怖い。

本作の「祖父」がまぁOLDの医者のキャラと言ってることがまんま同じですし(ついてくんな、とかなに見てんだ、とか)
「祖母」が匍匐前進?する様子も同じですよね。
テーマが家族なのもシャマランらしいというか。姉と弟、という組み合わせもOLDと同じ〜。



え、じゃあ
あなたたちは だれなの?
という得体の知れない恐怖と
奇行が重なると最高に怖い。
ワタシ、奇行が怖いと思うタイプなので兎に角怖かった。この作品。

意外と軽視しちゃうかも知れませんが
この作品は
昔父親がどこかへ行ったことで
心に残っている傷がある兄弟二人の葛藤も描写があるんですよね〜。

弟なんて試合の自分のミスのせいで父は出ていったと思って責めているし
姉は父への怒りを持ちながらも
セーターを裏返しできてしまう様に
鏡で自分の姿、顔が見れないという、、、
うーんこれは自己否定あるんじゃないか。

最後の祖父母との戦いの中で
それぞれの二人の傷と向き合うような描写がどっちにもあってさ〜😭
姉の方は鏡に顔打ち付けられていたのが印象に残った。

最後のお気楽ラップシーンは癒しですね。
ちゃっかり、後ろの方で
しっかり姉は鏡見れてるしね。


いや〜メチャクチャ怖かった。