スピードスター

ヴィジットのスピードスターのレビュー・感想・評価

ヴィジット(2015年製作の映画)
4.0
新作を出す度、暗に「衝撃のラスト」を求められているシャマラン監督。勝手に期待され勝手にがっかりされてしまう。作り手にとって固定イメージがついてしまうのは本意ではないはずで、ある意味不幸な監督だと思います。

しかし、衝撃のラストはシャマランの特徴の一つでしかなく、衝撃のその先にある人間ドラマこそが彼の本領ではないかと思うのです。

本作はその彼の良さが他作品より一段も二段も上のレベルでした。
人間関係において家族は切っても切れない存在。それが人によっては足かせになる様に、本作も縁の切れかけた家族が物語を形作り、衝撃の展開以上のものを心に残します。

特に印象的だったのは、駅で母親が子供を送り出す冒頭のシーン。電車が動き出した時におどけていた母親が、子供の視界から自分が消える刹那に見せる泣きそうな表情。POVをうまく使った人物描写でした。

突っ込みどころを極力排除しようとした努力も見えて、隙のない作品になったのではないでしょうか。