ヴィジットの作品情報・感想・評価

ヴィジット2015年製作の映画)

The Visit

上映日:2015年10月23日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。 第一の約束 楽しい時間を過ごすこと 人里離れた祖母の家へ 休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。 都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。 第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること 奇妙な「3つの約束」とは? 優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、…

祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。 第一の約束 楽しい時間を過ごすこと 人里離れた祖母の家へ 休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。 都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。 第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること 奇妙な「3つの約束」とは? 優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、母親の実家へと到着した2人。 しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、 奇妙な「3つの約束」が伝えられる。 第三の約束 夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと この家は、何かがおかしい 夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める2人。部屋の外から聞こえるただ事ではない 物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。 そこで2人が目にしたものとは――? 挙動がおかしい祖母/呼びかけに無反応な祖父/カギがかけられた納屋/ 尾行してくる男/消えた隣人/「ここには“暗闇さん”がいるの」/夜中に響く騒音/ 床下で襲ってくる女、――なぜ?

「ヴィジット」に投稿された感想・評価

笑えるとこもあり、ゾッとするとこもあり、子供たちの違うところでの苦悩もあって、少し涙。

録画視聴
オチが読めちゃうんだけど面白かった
おばあちゃんトラウマ
20180422
puko

pukoの感想・評価

3.5
まずは 夜9時半以降は部屋から出るなというのが「鶴の恩返し」的で、何があるの?とそそられた。
出し惜しみから始まってのあれやらこれやには、段々に笑うというより引いてしまった。きっつーw
捻りを抑えたところが逆に新鮮でもあり、次また新たなシャマランに期待しましょうかね。

このレビューはネタバレを含みます

怖いけど面白くない
種明かしからがダレる
オチが雑すぎて精神病の人に失礼
まな

まなの感想・評価

4.5

やられたやられた。

あーこっちか!みたいな展開笑

心臓に非常にショックを与えます笑笑
きっと、B級C級含めてかなりのホラーサスペンスマニアな方にはハイハイ。みたいな展開もあるかと思いますが、
怖いの好きです!位な方は是非見てもらいたい。

この手の映画のハラハラって
あり得ないシチュエーションより、どれくらい(見る側ならこうする)を試してくれるかが入り込めるポイントになりますが
これは子どもたちが主人公のストーリーになるので、なかなか自分ならこうするけど子どもか。。。
と、むず痒くドキドキです。

丸腰にいきなりショックを与えられます。
リラックスしてご覧ください
美花

美花の感想・評価

3.5
思った以上に面白かった。
最後まで展開が読めなかったが、もう少し伏線回収して欲しかった。

このレビューはネタバレを含みます

もうちょっとおじいちゃんおばあちゃん暴れても良かったと思う。
残虐性絶望性共に欠けてた
鑑賞記録。
ユニ

ユニの感想・評価

3.3
姉弟で田舎のおじいちゃんおばあちゃんの家に1週間遊びに行くが、おじいちゃんおばあちゃんが、何か、変…ていう。

田舎の滞在先がちょっと奇妙パターンは大好き!笑
故に、個人的にはハードルも上がる。

一緒にいるのがおじいちゃんおばあちゃんだから、違和感を感じたり奇行を目の当たりにしても、老人性の体調不良かなとか痴呆かな、仕方ないよねって言い聞かせたり
あまり本人達に言えない感がリアル。
あまり言えないけど どんどん怖くなっていくしとにかく穏便に1週間を乗り切りたい兄弟の緊張感と恐怖と少しの好奇心にこちらもドキドキ。

怖くて緊張するシーンで突然笑かしに来てるみたいなの、感情が迷子になってちょっと大変だった 笑
独特のユーモアの入れ方、嫌いじゃない

残念だったのは、姉弟の弱さとか心の傷的な部分が描かれてるけどそれを克服する過程がなかったこと。
シャマラン監督の作品の良さはサスペンスの中で、心に傷や弱さを持った或いはマイノリティ故の生きづらさを抱えた人物が自分と向き合ってトラウマを克服するヒューマンドラマ的なところにあると思ってるから、単なるホラーサスペンスになってしまっては少し物足りなさを感じるかな。
>|